管理人ミユキ(左)

皮膚科でデュアック配合ゲルを処方されたのはいいけど、「赤く腫れてヒリヒリしたきた」「かゆみがでてきた」とよくお問い合わせをいただきます。

実は、使い方や使う期間を間違えてしまうと症状を悪化させたり、ひどい副作用がでたりすることがあるんですよ。

こちらでは、デュアック配合ゲルの正しい効果と使い方、そして副作用がでてしまった場合の対処法について紹介していきますね。

デュアック配合ゲルと市販の化粧水、薬を比較

デュアック配合ゲルでニキビ跡ケアを検討されている方が多くいますが、専用の化粧品で対応するのを検討したことはありますか?

専用の化粧品と違って、肌荒れが悪化したり、肌の状態がよくならなかったりと、デュアック配合ゲルを使ってもニキビ跡がよくならないという方も多くいます

そのため、ニキビ跡を早くよくするためには、専門の化粧品も使うことを検討したほうがよいですよ。

まずは、市販のニキビ跡ケアに特化した商品とデュアック配合ゲルでは、どういった違いがあるのかみていきましょう。

ニキビ跡ケアに必要なポイントは、一般的に下の3つがあげられます。

  • 毛穴トラブルが解消できる
  • 即効性がある
  • 肌に優しい

表のとおり、、ニキビ跡ケアで一般的に大切なポイントである「毛穴トラブルが解消する」、「肌に優しい」という観点において、デュアック配合ゲルを使うのは適していません。

もちろんデュアック配合ゲルは、皮膚科で処方されるニキビ治療薬ですので、ニキビケアに特化しています。また、ピーリング作用もあり、毛穴トラブルの改善に効果があります。

ただ、抗生物質が配合されているため肌が炎症していないニキビ跡に使ってしまうと肌荒れの原因になります

そのため、ニキビ跡を改善するためには、症状にあった適切なスキンケア化粧品を使うことが早く治すポイントです。

以下のページでニキビ跡の症状ごとにオススメの化粧品を紹介しています。あなたの症状にあった「症状のボタン」をタップしてページ遷移してチェックしてくださいね。

クレーター肌のニキビ跡におすすめの化粧品
色素沈着のニキビ跡におすすめの化粧品
赤みのニキビ跡におすすめの化粧品
ニキビ跡肌の毛穴ケアにおすすめの化粧品

デュアック配合ゲルの効果や使い方、副作用について詳しく知りたいという方は、以下で紹介していますので、合わせてチェックしてくださいね。

デュアック配合ゲルってはどんな薬なの?

まずは、デュアック配合ゲルがどういった塗り薬なのか、紹介していきますね。

デュアック配合ゲルは過酸化ベンゾイルクリンダマイシンという2つの成分が含まれている塗り薬で、皮膚科ではニキビ治療薬としてよく処方される外用薬なんですよ。

詳しい効果については、下の表でまとめていますが、
でも、少し専門的になってしまうので、私なりの言葉で簡単に紹介しておきますね。

過酸化ベンゾイルには、2つの効果があります。
1つ目は、ニキビの原因となる菌(有名なアクネ菌)を「殺菌する作用」、2つ目は、肌が生まれ変わるサイクル(肌のターンオーバー)を正常に戻してくれる「ピーリング作用」です。

そしてクリンダマイシンは、「殺菌作用」がある抗生物質です。

下の表に過酸化ベンゾイルとクリンダマイシンの効果についてまとめていますので、詳しく知りたいという方は、お時間のあるときにでもチェックしてくださいね。

過酸化ベンゾイル(ベピオゲル)の効果
抗菌作用、抗炎症作用、角質剥離作用。
過酸化ベンゾイルには、皮膚を柔らかくして、古い角質を剥がすピーリング作用があり、毛穴に詰まった角質を取り除く効果があります。

また、ニキビの原因となるアクネ菌の殺菌作用があり、ニキビの改善と悪化を予防する効果があります。

耐性菌ができない抗菌薬ということもあり、ベピオゲルは皮膚科でよく処方されるニキビ治療薬です。

クリンダマイシン(ダラシンTゲル)の効果
黄色ブドウ球菌、アクネ菌の殺菌作用。
クリンダマイシンには、ニキビの原因であるアクネ菌を殺菌して増えるのを防ぐ効果があります。

また、抗炎症効果により、炎症ニキビの赤みや腫れを抑え、ニキビ跡の予防が期待できます。

耐性菌ができてしまうため、使う症状や使用期間に注意が必要です。

過酸化ベンゾイルは「ベピオゲル」、クリンダマイシンは「ダラシンTゲル」というニキビ治療薬として皮膚科で処方されることが多い薬です。もしかしたら、「使ったことがあるよ」という方もいるかと思います。

どういった症状に処方されるの?ニキビ跡に使うのはやめておきましょう。

表のとおり、デュアック配合ゲルは、ニキビや毛穴トラブルに効果的な薬です。
ただ、デュアック配合ゲルを長く使用し続けてしまうと、抗生物質である「クリンダマイシン」に対する耐性菌が作られ、薬が効きづらくなってしまいます。

そのため皮膚科の治療では、炎症を起こしている赤ニキビの症状に、短期間、塗る使い方で処方される薬です。

また、ピーリング作用があることから、赤みや色素沈着(シミ)、黒ずみ、クレーターといったニキビ跡の症状に使われる方がいますが、デュアック配合ゲルには、耐性菌がつくられてしまう抗菌剤が配合されているため、ニキビ跡に使うのはやめておきましょう

デュアック配合ゲルを使うさいには、皮膚科の先生と使用期間や使い方を相談してくださいね。

デュアック配合ゲルの使い方と塗り方のポイント

皮膚科で処方されたけど、使い方や塗り方がちょっとわかりにくいですよね。
こちらでは、デュアック配合ゲルの使い方と塗り方のポイントについてまとめていますので、参考にしてくださいね。

1日1回、就寝前に使う
デュアック配合ゲルを使う前にやさしく洗顔をして肌を清潔にしてから、1日1回ニキビとその周辺に適量を塗ってください。
紫外線にあたってしまうと有効成分が分解してしまうことがありますので、就寝前に塗るのがオススメです。
洗顔後、化粧水を使用せずにデュアック配合ゲルを使う
洗顔後は、薬の効果が落ちたり、肌に刺激をあたえてしまったりすることがあります。そのため化粧水を使用せずにデュアック配合ゲルを使用してください。

でも、ニキビができていない場所は、化粧水をつけて、保湿ケアをしてくださいね。

ニキビ以外の場所に塗らないようにする
「ニキビを予防したい」という思いからデュアックをニキビのない部位にも塗ってしまうと赤み、乾燥といった肌荒れをおこすことがあります。

そのため、ニキビ以外の場所には、使用しないようにしましょう。

保湿剤を使う
皮膚が乾燥してかゆくなったり、ヒリヒリ赤くなったりする場合には、デュアック配合ゲルを塗ったあとにヒルドイドなどの保湿剤を使用してケアするのがオススメです。

もちろん保湿美容液やクリームを使うのもOKです。

妊娠している場合は、、皮膚科の先生と相談しながら使うようにしましょう。

使用期間は12週まで?

デュアック配合ゲルは、12週までの使用が目安となっています。

長期間使用していると耐性菌ができてしまい効きづらくなってしまうためです。

また、12週以上使用した場合の安全性と有効性は分かっていないため、12週間を超えて塗布するさいは、医師に相談してください。
12週でニキビが治らなかった場合は、薬や治療法が変わる場合もありますので、指定された期間を守って使用してくだいね。

デュアック配合ゲルの副作用は?皮むけ、乾燥によるかゆみ、赤みや腫れの対処法

こちらでは、デュアック配合ゲルを塗っていてみられる副作用について紹介します。

報告されている副作用の症状
乾燥、かゆみ、かぶれ、赤くなる、腫れ、皮膚がカサカサになりむける、ヒリヒリするなどの肌荒れ

デュアック配合ゲルには、ピーリングと同じ角質剥離作用があり、肌が乾燥し皮が剥けやすくなります。

また、乾燥が気になる場合は、保湿をしっかりしましょう。

これは、配合されている過酸化ベンゾイルのピーリング作用が原因で、肌が乾燥して皮がむけやすくなっているためです。
皮膚が乾燥してしまうと肌の表面がうすくなるため、かゆみをともない赤く腫れることがあります。

副作用の症状は、1ヶ月ほどで落ち着くといわれています。もし症状がひどい、いつまで副作用が続くと心配な方は、皮膚科の先生に相談してくださいね。

また、氷や冷たいタオルで冷やしてお急処置することがオススメですよ。

デュアック配合ゲルは、長い期間使わないようにしましょう

デュアック配合ゲルは、過酸化ベンゾイル(ベピオゲル)とクリンダマイシン(ダラシンTゲル)2つのニキビ治療薬を混合したニキビの改善に優れた効果がある外用薬です。

しかし、使い方や使用期間を間違えてしまうと効果がでなかったり、副作用がでたりしてしまう場合がありますので使うさいには注意が必要です。

ピーリング作用があることから、ニキビ跡の症状に使われる方がいますが、デュアック配合ゲルには、耐性菌がつくられてしまう抗菌剤が配合されているため、おすすめできません。

赤みや色素沈着、クレーターといったニキビ跡を改善、予防するためには、ビタミンC誘導体を配合している化粧品を使うのがスキンケアのポイントです。