管理人ミユキ(左)

せっかくニキビ跡が治っても繰り返しニキビ跡ができてしまっては意味がないですよね。
何度も同じ場所にニキビやニキビ跡ができてしまうと、治すのに時間がかかるだけではなく、クレーターやしこりなど重症度のひどいニキビ跡ができる危険性も高くなってしまいます。

ということで、こちらではニキビ跡を予防する方法について紹介していきますね。

ニキビ跡を予防するために必要なこと

ニキビ跡を予防するためには、ニキビを悪化させない、作らないことです。
ニキビを炎症させなければ、ニキビが治ったあとに痕として残ることはなくなりますよね。
さらには、ニキビができなければニキビが炎症することがないので、痕に残ることもなくなります。

なので、ニキビ跡の予防は、ニキビができにくい肌質、体質を維持することなんです。
ニキビ跡が治ったからといって、安心せずに、美肌を維持する努力をしていきましょう。

生活習慣を見直す

ニキビ跡の予防で大切なことは、生活習慣を見直し、体の内面からニキビ跡を予防していくことです。
これは、規則正しい生活習慣がおくれていれば、ニキビ跡の原因となるニキビを予防することができます。

また、ニキビができてしまったとしても、悪化するリスクを下げ、早く治りやすい体質を保つことができるからです。

十分な睡眠時間をとる

十分な睡眠時間をとることは、ニキビ跡の予防だけではなく、健康維持のためにも大切です。
睡眠不足になってしまうと、ホルモンバランスが乱れ、皮脂の過剰分泌を引き起こします。

栄養バランスの良い食生活

栄養バランスの良い食生活を心がけてください。
ニキビ跡には、ビタミンCがいいからといってビタミンCが多く含まれる食べ物ばかり食べしまっても意味がありません。
偏った食生活は、ニキビ跡を悪化させる危険性もあります。

なので、美肌、健康を維持するためには、バランスよく栄養を摂取することが大切です。

ストレスを発散する

ストレスが発生するとストレスによって分泌が亢進するホルモンがあり、皮脂の過剰分泌を引き起こします。
なので、適度に運動する、深呼吸してリラックスするなどして、メンタル面のケアをすることもニキビ跡の予防につながります。

規則正しい生活をおくる

起床時間と就寝時間が毎日バラバラ、食事をする時間が毎日バラバラなど、生活リズムが乱れていると体内時計がずれて、ホルモンバランスの乱れを引き起こします。
結果的に、皮脂の過剰分泌につながってしまうので、毎日決まった生活リズムで生活することが大切です。

正しいスキンケアをする

間違ったスキンケアを続けてしまうと、ニキビの原因になるだけではなく、シミやシワといった肌の老化の原因にもつながってしまいます。
なので、自分の肌質にあった正しいスキンケアをすることが大切になります。

具体的には、3つのケアが予防のポイント。

  • クレンジングと洗顔で、皮膚を清潔な状態に保つ洗浄ケア
  • 皮膚に潤いを与え乾燥を防ぐ保湿ケア
  • 太陽の紫外線から皮膚を守るUVケア

また、自分の肌の状態によって、肌の悩みを改善するケアを取り入れていくことが大切になります。

まとめ

管理人ミユキ(右)

ニキビ跡の予防は、毎日の生活習慣、スキンケアを継続して行っていくことで、肌の状態を体の内部と外部からケアをしていいくことが大切になります。