管理人ミユキ(左)

こちらでは、ニキビ跡ができたときに肌が黒ずんで見えてしまう症状と原因について紹介していきます。

えっ黒ずんで見える症状!?
というのも、ニキビ跡に黒ずみの症状はないからです。

今回は、管理人である私が考えるニキビ跡の黒ずみの症状と原因についてお話していきますね。

ニキビ跡の黒ずみの症状は4つある

ニキビ跡の黒ずみ

ニキビが治ったあとの肌の黒ずみは、原因を見分けるのが難しい症状です。
しっかり、肌が黒ずん見える原因を理解していないと、間違ったスキンケアをしてしまい、症状を悪化させてしまうことがあります。
そのため、しっかりニキビ跡の黒ずみの症状と原因を理解していきましょう。

私が考えるニキビ跡の黒ずみの症状は4つあります。

4つの黒ずみの症状

  • ニキビ跡の色素沈着
  • ニキビ跡のクレーター
  • 毛穴の黒ずみ
  • 黒ニキビ

それでは、一つずつ詳しくお話をしていきますね。

ニキビ跡の色素沈着が黒ずみに見える症状

シミ・色素沈着のニキビ跡
ニキビ跡の色素沈着が黒いシミとなって肌の表面から黒ずみのように見えてしまっている症状です。

シミといったら「茶色」といった印象ですよね?
実はメラニン色素の色は黒なんですよ。

黒いシミが茶色に見えてしまう原因は、シミがある場所によって肌表面からの見え方が違うからなんです。
肌の奥深くにシミがある場合は「茶色」く見え、逆に、肌の浅い部分にある時はメラニン本来の色である「黒色」に見えます。

ニキビが治ったあとに、黒ずみがでてきている場合は、疑ってもいい症状かもしれませんね。

詳しくは、「ニキビ跡の色素沈着・シミの症状と原因」で詳しくお話しています。

ニキビ跡の色素沈着・シミの症状と原因

ニキビ跡のクレーターが黒ずみに見える症状

凸凹クレーターのニキビ跡
肌にデコボコと陥没したクレーターのニキビ跡ができていませんか?
というのも、鼻の穴の中って黒く見えますよね。
それと同じく、ニキビが治ったあとにデコボコしたクレーターのニキビ跡ができてしまい、その陥没した場所が黒ずみとして見える場合があります。

デコボコクレーターのニキビ跡ができてしまっている場合は、疑ってもいい症状かもしれませんね。

詳しくは、「ニキビ跡のクレーターの症状と原因」で詳しくお話しています。

ニキビ跡のクレーターの症状と原因

毛穴の黒ずみの症状

ニキビ跡ではなく、毛穴の黒ずみの症状、もしくは、ニキビ跡と毛穴の黒ずみが混在している症状。
この場合、毛穴が黒ずんでしまう原因は、「毛穴の開き」と「古い角質や皮脂」です。

毛穴の開き
ニキビ跡のクレーターが黒く見える場合と同じく、毛穴が広がり、毛穴の影が黒く見えている症状。
古い角質や皮脂
毛穴に詰まったほこりなどの汚れが酸化されて固まり、肌の表面に黒い点として残って、黒く見えている症状。

黒ニキビ

黒ニキビ
黒ニキビはニキビのため肌の黒ずみの症状とは異なるかもしれません。
しかし、ニキビ跡とニキビが混在している症状の可能性もあります。

ただ、黒ニキビは、肌にポツポツとした膨らみができる症状のため、黒ニキビが原因による黒ずみは判断しやすいですね。

黒ニキビの症状と原因

まとめ

いかがでしたか、ニキビ跡の黒ずみの症状を把握できましたか?
しっかりニキビ跡の黒ずみの症状と原因を把握しないと、正しいケアをすることはできません。

今回の記事を参考にご自身の症状と照らし合わせて確認してくださいね。