管理人ミユキ(左)

こちらでは、肌がデコボコ陥没してしまうニキビ跡のクレーターの症状と原因について紹介しています。

凸凹クレーターのニキビ跡の症状について

凸凹クレーターのニキビ跡
ニキビ跡のクレーターは、肌にクレーター状のデコボコができてしまう症状のことです。
医学的には、陥凹(かんおん)性瘢痕とか萎縮性瘢痕と呼ばれています。

ニキビ跡おの種類の中でも症状が一番ひどいく、治りにくい状態。
しかも、一番目立つ症状なのに、メイク、化粧で隠しにくいというやっかいな特徴もあります。

肌が陥没していたら、凸凹のクレーターのニキビ跡を疑ってください。

ニキビ跡のクレーターの3つの種類と原因

ニキビが治ったあとに肌がデコボコしたクレーターになってしまうのは、ニキビのひどい炎症で毛穴と周辺の皮膚組織だけではなく、真皮層まで損傷が及んでしまい、コラーゲン組織が破壊されているためなんです。

わかりにくいと思いますので、図でわかりやすく説明していきますね。

下記図のように皮膚は表皮と真皮層、皮下組織からできています。
ニキビの炎症が真皮層まで達して、コラーゲン組織を破壊されてしまうと、支えがなくなって陥没してしまいます。

このことが原因となり、真皮層まで損傷が及んでいる部分と、損傷を受けていない部分との間で肌のターンオーバーのサイクルに違いが生じて、肌の表面に凹凸ができてしまうのです。
肌のターンオーバーとは、表皮層のみで行われる肌が生まれ変わるサイクルのことです。

そして、ニキビ跡のクレーターは、ニキビの炎症の損傷の範囲で3つの種類にわけることができます。
一つずつ、順番に説明していきますね。

アイスピック(Icepick型)タイプ

アイスピック型

アイスピック型は、ニキビの炎症が横に広がらず、奥深く進んだ症状。
傷跡がアイスピックで突き刺したような先端が細く、V字のような形をしているタイプのニキビ跡のクレーターです。

開口部が2mm以下で、傷口が狭く深いという特徴があります。
このタイプは、ファンデーションやコンシーラーといったメイクでカバーして隠すことも可能です。

ローリング(Rolling型)タイプ

ローリング型

ローリング型は、ニキビの炎症が横に広く進んだ症状。
開口部は、4mm以上あり、U字のような形をしているタイプのニキビ跡のクレーターです。

このタイプは、ファンデーションやコンシーラーといったメイクでカバーして隠すことが難しいタイプですね。

ボックスカー(Boxcar型)タイプ

ボックスカー型

ボックスカー型は、ローリングタイプに似ていますが、傷跡が深い場合と、浅い場合がある症状。
開口部もローリングタイプ同様に4mm以上あり、M字の形をしているタイプのニキビ跡のクレーターです。

このタイプは、傷跡が浅いタイプであれば、ファンデーションやコンシーラーといったメイクでカバーして隠すことができますね。

他にも、毛穴が広がってしまう「毛包周囲瘢痕」、クレーターが浅くて広い「浅斑状瘢痕」、クレーターが深くて、広い「深真皮瘢痕」、脂肪が委縮して陥没している「脂肪組織の萎縮」といった4つの種類もあります。

まとめ

デコボコクレーターのニキビ跡は、治すのに長期間がかかってしまいます。
そのため、自力のスキンケアで治す場合は、根気と正しい治し方の知識を理解しておくことが大切になります。

また、どうしても早く治したい、自力のケアで治すことができないという方は、美容皮膚科などの医療機関に相談することをおすすめします。