管理人ミユキ(左)

ニキビが治ったあとに残る肌の赤みは、症状が異なる2つの原因があります。
色素沈着のニキビ跡に悪化させないためにも、しっかり症状と原因を理解していきましょう。

こちらでは、肌に赤みが残るニキビ跡の赤みの症状と原因について紹介しています。

赤みのニキビ跡の症状について

赤みのニキビ跡

肌に赤みのあるニキビ跡は、ニキビが炎症を起こして赤みがでたあとに、ニキビがほぼ治っていても、いつまでも肌に赤みが残ってしまう状態です。。
医学的には、炎症後紅斑(こうはん)と呼ばれている症状。

症状の進行度合いによっていくつかの種類に分けることができるニキビ跡の中で、赤みが残るタイプのニキビ跡は、比較的軽い初期状態だといわれています。

直ぐにできる赤みのニキビ跡のチェックポイント

  • 肌に赤みが残っている。
  • 肌の色が赤から赤紫、紫色に変色している。

赤みのニキビ跡の2つの種類と原因

図のように、ニキビが治ったあとに肌に赤みが残るのは「肌内部の血液がすけてみえる」「肌内部に炎症が残っている」ことの2つが原因です。

原因1「肌内部の血液がすけてみえる」場合は、血管の深さによって、紫や赤紫色に見えることがあります。
なかなか肌の赤みが消えない・治らない場合は、原因1によるニキビ跡の症状です。

2つの原因について一つずつお話していきますね。

原因1:肌内部の血液がすけてみえている

肌内部の血液がすけてみえているのは、毛細血管血管が集結、拡張している症状です。

肌に炎症や傷ができると、免疫細胞の働きにより、肌を修復するために創傷治癒反応がおこります。
創傷治癒反応とは、炎症や傷を自然治癒させるための身体のしくみです。

創傷治癒反応がおこると、下記「図1」のようにニキビの炎症で損傷した傷を修復するために毛細血管が集中的に増え、拡張します。

そのため、肌の赤みが目立つようになり、ニキビ跡の赤みの原因になっています。

この毛細血管が集結・拡張するタイプの赤みのニキビ跡の症状は、時間の経過とともに、肌の新陳代謝が正常に行われていれば自然に治癒していきます。

原因2:肌内部に炎症が残っている

肌表面のニキビが消えても肌の内部に炎症が残ってしまう場合があります。
この肌内部の炎症がニキビ跡の赤みの症状です。

肌内部の炎症が原因の赤みは、放置してしまうと、色素沈着(シミ)のニキビ跡として残ってしまう危険性があります。
そのため、スキンケア化粧品を使ってケアしていく必要があります。

また、ニキビの炎症がひどい場合、毛細血管がうっ血して赤紫、紫色に見える症状があります。

毛細血管がうっ血して赤紫・紫色に見える症状

毛細血管がうっ血して赤紫、紫色に見える症状は、ニキビのひどい炎症で毛穴周辺の毛細血管が傷つけられ、内出血のように血液がにじみでている状態です。
このにじみでた血液の赤血球中のヘモグロビンが皮膚組織に残り、肌の表面が赤紫、紫色に見える赤みのニキビ跡の原因になっています。

このうっ血している症状は、血液中の酸素が不足している状態です。
そのため、血液の赤血球に含まれるヘモグロビンが酸素を失って、赤色が赤紫や紫色に変色していきます。

そして、赤紫や紫色に変色している赤みの症状の方は、色素が沈着しかかっている状態です。
この状態を放置してしまうと「図2」のように赤黒に色素沈着したニキビ跡に悪化してしまうため、注意が必要な症状なんです。

スキンケア化粧品を使って症状の悪化を予防していきましょう

ニキビ跡の赤みは、早く治す、色素沈着(シミ)のニキビ跡に悪化させないためにも、早いうちから化粧品を使って正しいスキンケアをおこなう必要があります。

まずは、赤みのニキビ跡の治し方からチェックしていきましょう。

ニキビ跡の赤みを治す方法

黒や茶色のシミが残ってしまっている方は、ニキビ跡の色素沈着の治し方をチェックしてください。

色素沈着(シミ)のニキビ跡を消す方法