肌質別のニキビ跡の症状-肌質にあった改善法を知る

管理人ミユキ(左)

ニキビ跡は、肌質によって赤みや茶色が目立ったり、肌の乾燥やベタつきが気になったりと、肌質によって症状が異なります。
そのため、肌の状態に合わせて適切なスキンケアをする必要があります。

このページでは、肌質別にニキビ跡の症状とその対処法について紹介しています。

肌質の4つのタイプの特徴

まずは、基本的な4つの肌質タイプの特徴からお話していきますね。

下の図は、肌質を4つに分類したときの「水分量」と「皮脂量」の関係です。

ご覧のとおり、基本的な肌質のタイプは、下の4つに分類することができます。

  • 水分量と皮脂量がともに多い「脂性肌(オイリー肌)
  • 水分量が多く、皮脂量が少ない「普通肌(ノーマル肌)
  • 水分量が少なく、皮脂量が多い「混合肌(オイリードライ肌)
  • 水分量と皮脂量がともに少ない「乾燥肌(ドライ肌)

この肌質ごとにできるニキビ跡の特徴や症状に違いがあります。
そのため、ニキビ跡を改善するためには肌質にあった方法で対象する必要があります。

肌質別の症状と対処法

肌質別に、私が調べたことを詳しく症状と対策を紹介していますので、参考にしてみてください。

脂性肌のニキビ跡の症状と対処法

肌のベタつきやテカリが気になるオイリー肌にできるニキビ跡は、「ニキビ跡と毛穴のトラブルを間違いやすい」特徴があります。
そのため、ニキビ跡と毛穴の症状を理解して、ケアしていく必要があります。

脂性肌のニキビ跡の症状と対処法

乾燥肌のニキビ跡の症状と対処法

肌がカサつく乾燥肌にできるニキビ跡は、「ニキビ跡が消えにくい」特徴があります。
そのため、ニキビ跡のケアと併用して、保湿美容液を使って肌のバリア機能を正常に戻すケアが大切になります。

乾燥肌のニキビ跡の症状と対処法

混合肌のニキビ跡の症状と対処法

「ベタつきとカサつきが混在している」混合肌にできるニキビ跡は、対処するのが難しい症状です。
まずは、肌の状態を確認してスキンケアをしていきましょう。

混合肌のニキビ跡の症状と対処法

普通肌のニキビ跡の症状と対処法

肌の状態が安定している普通肌にできるニキビ跡は、オイリー肌や乾燥肌、混合肌とは違う原因があります。
そのため、症状の特徴を理解して、スキンケアをしていく必要があります。

普通肌のニキビ跡の症状と対処法

肌質の悩み別の症状と対処法

こちらでは、「敏感肌」、「アトピー肌」、「ニキビ肌」といった肌質の悩み別に、私が調べたことを詳しく症状と対策を紹介していますので、参考にしてみてください。

敏感肌のニキビ跡の症状と対処法

肌が敏感になっている敏感肌にできるニキビ跡は、「かゆみや赤みの症状を併発しやすい」という特徴があります。
そのため、自分の肌にあった化粧品を使うことがスキンケアのポイントになります。

敏感肌のニキビ跡の症状と対処法

アトピー肌のニキビ跡の症状と対処法

慢性的な皮膚炎が生じるアトピー肌にできるニキビ跡は、「肌の状態にあったケアをしないと治りにくい」特徴があります。
そのため、ニキビ跡のケアと併用して、肌を保護し、肌のバリア機能を高めてあげることが必要です。

アトピー肌のニキビ跡の症状と対処法

ニキビ肌のニキビ跡の症状と対処法

ニキビ肌にできるニキビ跡は、ニキビとニキビ跡が混在しているため、「症状を見分けることが難しい」特徴があります。
まずは、ニキビをしっかりケアし、ニキビができにくい肌質に改善していきましょう。

ニキビ肌のニキビ跡の症状と対処法

まとめ

ニキビ跡は、肌質にあったスキンケアをすることで早く改善することができます。
逆に、肌質にあっていない化粧水や美容液、スキンケア方法で対象してしまうと治りを遅くしてしまう危険性もあります。

たとえば、肌質にあっていない化粧水や美容液を使ってしまうと、赤みや色素沈着(シミ)に効果がある成分が含まれていてもニキビ跡が治らないこともあります。
これは、使っている化粧品が肌にダメージを与えてしまっている可能性があるからです。

まずは、ご自身の肌質にできたニキビ跡の症状を理解して、対処していきまhそう。

肌に赤み(紫)が残る症状

赤みのニキビ跡赤ら顔のようにみえる赤みのニキビ跡は、肌の修復を早める化粧水を使ってケアすることが重要になります。色素沈着を防ぐためにも早くケアしていきましょう。

赤みニキビ跡の治し方

肌に黒や茶色のシミのが残る症状

シミ・色素沈着のニキビ跡肌に黒や茶色のシミが残る色素沈着のニキビ跡は、美白化粧水を使ってケアすることが重要になります。なかなか消えないときは、ピーリングケアも効果的です。

色素沈着(シミ)のニキビ跡を消す方法

肌デコボコクレーターになる症状

凸凹クレーターのニキビ跡毛穴が目立つクレーター肌のニキビ跡を改善するためには、、最適な化粧品を使ってスキンケアをすることが大切です。自力でケアできる化粧品の選び方を紹介します。

凸凹クレーターニキビ跡を治す方法

肌に膨らんだしこりができる症状

しこりのニキビ跡しこりのニキビ跡は、スキンケアと皮膚科での治療を併用しておこなう必要があります。皮膚科の治療内容とニキビを予防するケア方法を紹介します。

しこりニキビ跡の治し方

ページの先頭へ