出産後にできるニキビの症状と原因

管理人ミユキ(左)

こちらでは、出産後にできるニキビの症状と原因について紹介します。

楽しく育児をしていくためにも産後にできるニキビの原因を理解して、改善する準備をしていきましょう。

出産後にできるニキビの特徴と症状

下の図は、妊娠中、出産後のホルモンバランスの変化をわかりやすいように図にしています。

図のように、妊娠中は、赤ちゃんの成長や妊娠継続に必要な卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロテスゲロン)が大量に分泌されます。
出産後は、2日目を過ぎると、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌量が減少し、かわりに母乳をつくるプロラクチンというホルモンの分泌量が増えていきます。

このように出産後は、ホルモンバランスが安定せずに乱れているため、体やお肌に不調がでやすいといわれています。
そのため、産後にできるニキビは、ホルモンバランスの影響を受けやすい顎や口周り、皮脂の分泌量が多いおでこ、と場所を選ばずにできるといった特徴があります。

出産後は、肌のバリア機能が低下しているため、肌が乾燥しやすく、敏感な状態になっているためニキビができやすい状態です。
さらに、肌の新陳代謝が低下しいることも重なり、ニキビが色素沈着のニキビ跡として残りやすかったり、シミやそばかすが残りやすくなっています。

産後にニキビができる5つの原因

産後にできるニキビは、ホルモンバランスの乱れ、他にも育児ストレスや鉄分不足など、産後ならではの要因がニキビを引き起こす原因になっています。

それぞれの原因について詳しく紹介していきますね。

原因1:ホルモンバランスの乱れ

妊娠中にたくさん分泌されていた卵胞ホルモンと黄体ホルモンは、産後になると役割を終えて急激に減少します。
この2つの女性ホルモンが急激に減少することにより、ホルモンバランスが崩れ、自律神経が乱れて血行不良をまねきます。

血行不良になると肌の新陳代謝が悪くなり、肌のターンオーバーが乱れるためニキビができやすくなったり、シミが残りやすくなってしまいます。

原因2:育児による睡眠不足、ストレス

産後は慣れない育児や、大きく変わる生活リズムで睡眠不足になり、ストレスがかかってしまいます。
ストレスは、自立神経やホルモンバランスを乱し、肌のバリア機能の低下や皮脂の過剰な分泌を引き起こし、ニキビができる原因になります。

また出産後は、育児に追われ自分自身のスキンケアが後回しになってしまいがちです。
そのため、肌の汚れや肌の乾燥を放置してしまい、ニキビを発生させてしまうケースもありますので、注意が必要です。

原因3:便秘

授乳中は、体内が水分不足になりやすいため、便秘になりやすくなってしまいます。

便秘は、老廃物が排出されずに腸にたまっている症状です。
そのため、汗や皮脂として体の外に排出しようとする作用が働き、肌の新陳代謝が低下してしまい、ニキビができやすく、治りにくい原因になってしまいます。

産後、便秘になる原因は、授乳のほかに運動不足や睡眠不足も考えられます。

原因4:貧血による鉄分不足

産後は悪露(産後に1ヶ月ほど続く子宮からの出血)に加えて、授乳があるため貧血になりやすい状態です。
母乳は、血液から作られていますので、産後の鉄分摂取は重要です。

貧血が起こると、肌が酸素不足になり、肌のターンオーバーが乱れてニキビを引き起こす原因になります。

また貧血が続いてしまうと、母乳の出が悪くなるだけでなく、肩こりや冷えなど、体への影響がでてきますので、注意してくださいね。

原因5:食生活の乱れ

産後は育児の忙しさから食生活が乱れ、栄養が不足してしまいがちです。
とくに母乳育児の場合は、授乳によって栄養が奪われるため、肌に十分な栄養が届けられなくなります。

そうすると、血行不良、新陳代謝の低下をまねき、ニキビやニキビ跡が治りにくくなってしまいます。

また、授乳でお腹がすくと甘い物が食べたくなってきます。
しかし、甘い物の食べ過ぎはニキビができやすくなってしまうので気を付けましょう。

出産後のニキビケアでよくあるQ&A

出産後にできたニキビやニキビ跡のケアでよくある質問をまとめています。

出産後ニキビはいつまで続くの?
産後ニキビはいつまで出来るのか気になりますよね。
産後ニキビはホルモンバランスが戻ってくれば、自然と落ち着くといわれていますが、次の生理が始まる頃に治まる人、1年ぐらいで落ち着く人、数年かかる人と個人差が大きいようです。

大半は徐々に元通りになっていくようですが、生理が始まってもなかなか改善しない場合は、医療機関に相談してもいいかもしれませんね。

まとめ

産後にできるニキビは、ホルモンバランスの乱れ、育児による環境の変化が原因となっていることがおわかりいただけたと思います。

産後は、乾燥、敏感肌など妊娠前と肌質が変わり、ニキビができやすい状態になってしまいます。
そのため、それまで使っていた化粧品が肌に合わない場合もありますので、スキンケアや化粧品を見直してくださいね。

育児に追われて十分なスキンケアをすることができない場合は、オールインワンタイプの化粧品もおすすめです。

肌に赤み(紫)が残る症状

赤みのニキビ跡赤ら顔のようにみえる赤みのニキビ跡は、肌の修復を早める化粧水を使ってケアすることが重要になります。色素沈着を防ぐためにも早くケアしていきましょう。

赤みニキビ跡の治し方

肌に黒や茶色のシミのが残る症状

シミ・色素沈着のニキビ跡肌に黒や茶色のシミが残る色素沈着のニキビ跡は、美白化粧水を使ってケアすることが重要になります。なかなか消えないときは、ピーリングケアも効果的です。

色素沈着(シミ)のニキビ跡を消す方法

肌デコボコクレーターになる症状

凸凹クレーターのニキビ跡毛穴が目立つクレーター肌のニキビ跡を改善するためには、、最適な化粧品を使ってスキンケアをすることが大切です。自力でケアできる化粧品の選び方を紹介します。

凸凹クレーターニキビ跡を治す方法

肌に膨らんだしこりができる症状

しこりのニキビ跡しこりのニキビ跡は、スキンケアと皮膚科での治療を併用しておこなう必要があります。皮膚科の治療内容とニキビを予防するケア方法を紹介します。

しこりニキビ跡の治し方

ページの先頭へ