管理人ミユキ(左)

生理前になると必ず「おでこ」や「口周り」にニキビができる。
しかも、毎月、繰り返しできるため、ニキビ跡として残ってしまいやすいですよね。

そこで、こちらでは、生理前、生理中になるとニキビができやすくなる原因について紹介します。
また、予防法についても紹介していますので、しっかりと原因を理解して、改善していきましょう。

生理前と生理中にできるニキビの特徴

生理前、生理中にできるニキビは、女性ホルモンの分泌量の変化が大きく関わっています。

生理前は、皮脂の分泌量が増えるため毛穴が詰まりやすく、肌が乾燥してしまうため、ニキビができやすくなります。

そして、生理開始から1週間の月経期は、体温がいつもより低くなるため、血行が悪くなり肌のバリア機能が低下します。
そのため、ニキビの症状がひどくなりやすい環境になります。

また、ニキビできる場所も年代によって異なるのも特徴になります。

成長ホルモンの影響を受けやすい10代、20代
おでこや鼻まわりなど、Tゾーン
女性ホルモンの影響を受けやすい30代
顎、口周りを中心としたUゾーン

生理前、生理中にニキビができる原因は、黄体ホルモンによる影響

図のとおり、生理前は、黄体ホルモンの分泌量が増え、生理が近づくにつれて分泌量が減っていきます。
そのため、生理前と生理中では、ニキビができる原因が異なってきますので、こちらでは、生理前と生理中にわけて、ニキビができる原因について紹介していきます。

生理前ニキビの原因は、黄体ホルモンの分泌量が増えるから

生理前になるとニキビができやすくなるのは、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量が増えるためです。
黄体ホルモンには、「皮脂の分泌量を増やす」「免疫力を低下させる」「肌を乾燥させる」といった3つの作用があり、これがニキビができやすい原因になっています。

皮脂の過剰分泌
排卵後から生理前の黄体期は、プロゲステロン(黄体ホルモン)が増加します。
プロゲステロンは男性ホルモンに似た働きがあり、皮脂の分泌が過剰に分泌し、毛穴が詰まりやすくなりニキビができやすくなります。

妊娠初期にできるニキビも、通常時にできるニキビと同じ、皮脂が毛穴につまって炎症が起きるためです。
妊娠継続のためにプロゲステロンが活発に分泌されますが、妊娠中期に入るとニキビの症状も治まってくることが多いです。

免疫力を低下させる
黄体ホルモンには、外部刺激から皮膚を守ってくれる「抗菌ペプチド」という物質を減少させる働きがあります。

そのため、生理前になると抗菌ペプチドが減少してしまい、肌のバリア機能が低下、アクネ菌が増殖しニキビを発生させてしまいます。

肌を乾燥させる
ホルモンの影響で肌が乾燥しやすくなるため、肌の状態が不安定になり、シミや色素沈着が起こりやすくなります。
生理前に出来たニキビは治りにくく、ニキビ跡になりやすいので注意が必要です。

生理中ニキビの原因は、黄体ホルモンの分泌量が減少するから

生理中にできるニキビの原因も、生理前ニキビと同様に女性ホルモンの影響を大きく受けています。
女性ホルモンのほかに、ストレスや鉄分不足なども考えられます。

肌の乾燥とバリア機能の低下
生理前に増えていたプロゲステロンは、生理が始まると一気に分泌量が減少するため、肌の保湿量が低下し、乾燥しやすくなる、肌のバリア機能が低下するなど、ニキビができやすい状態になってしまいます。

そのため、生理前からあったニキビが治りにくくなったり、ニキビがひどくなり炎症をおこしてしまう場合があります。

ストレス
生理中はストレスが溜まり、自律神経が乱れやすい状態です。

自律神経が乱れることで、質の悪い睡眠、ターンオーバーの乱れなどを招き、乾燥や刺激に弱い敏感な肌になってしまいます。
ストレスにより肌の機能が下がってしまうと、ニキビなどのトラブル招いてしまいます。

鉄分不足
生理中は出血で鉄分が不足がちになってしまい、血行不良になり肌の新陳代謝が乱れることがあります。
新陳代謝が悪いと、生理前に出来たニキビが悪化したり、ニキビができやすくなってしまいます。

生理前、生理中ニキビを予防する4つのポイント

生理前、生理中ニキビは、スキンケアと食生活や睡眠などを見直すことで、予防することができます。

肌の保湿ケアをしっかりする

生理前から生理にかけては、皮脂の量が増えて乾燥しやすくなります。
肌に負担をかけないよう、優しく洗顔し余分な皮脂を取り除いた後は、しっかりと保湿をしましょう。

ビタミンC誘導体の入った化粧品や「ノンコメドジェニック」の表示がある化粧品なども肌の油分、水分を調整し、ニキビができにくくなるのでおすすめです。

脂っこい食事や糖分を控える

脂っこい食事を控え、ビタミンを多く含む食材中心の食事にしてください。
ビタミンB群(レバー、卵、納豆など)は、皮脂分泌の抑制作用があるためオススメです。

また、糖分の代謝にはビタミンB群を大量消費するため、ビタミンB群の不足につながり、ニキビができやすくなってしまいますので、生理前から糖分の摂取は控えたいですね。

体を冷やさない

体が冷えると、ホルモンバランスの乱れ、血行不良や新陳代謝の低下を招き、ニキビが発生したりニキビが悪化してしまいます。
暖かい飲み物や半身浴、適度な運動などで体を温めるのがおすすめです。

糖分など、体を冷やすものは、控えてくださいね。

適度な運動をする

普段からランニングやウォーキングなど、適度な運動をするようにしましょう。
運動をすることで、ストレスの発散、新陳代謝を高める効果があり、ニキビができるのを予防する効果があります。

ヨガや自宅でできるストレッチなどでもよいので、はじめてみてください。

まとめ

生理前からニキビ予防をすることが、大切だということがわかっていただけたでしょうか。
生理前から、肌は乾燥しやすくなるのでしっかり保湿して、肌のバリア機能を高めておきましょう。

また皮脂を抑えるために、甘いものを控える、睡眠やストレスに気を付けるなど、自分が出来そうな対策を見つけてやってみてくださいね。