管理人ミユキ(左)

こちらでは、生理後にニキビが増える、悪化してしまう原因について紹介します。

生理後は肌の調子を整える女性ホルモンが分泌されため、生理前に出来たニキビが治りやすかったり、肌の調子が良くなる時期です。
この時期にできるニキビは、しっかりと原因を理解して、対処していかないと繰り返しニキビができて、跡として残ってしまうことがあります。

生理後ニキビの原因を理解して、正しく対策をすることでニキビを予防していきましょう。

生理後にできるニキビの特徴

生理後にできるニキビは、このホルモンバランスの影響を受けやすい「顎周り」や「口周り」など、Uゾーンを中心にできやすいという特徴があります。

図のように、生理後は、美肌ホルモンと呼ばれる卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌量が増えるため、肌の調子が良くなる時期です。
しかし、生理後に「ニキビが増える」、「症状が悪化してひどくなる」のは、この卵胞ホルモンと生理前に分泌量が増える黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量のバランスが乱れている可能性があります。

この生理後にできるニキビは、しっかりと原因を理解して対策することで、予防することができます。
まずは、原因から理解していきましょう。

生理後にニキビが増える、悪化してしまう原因

生理後にニキビのできる原因は、主に「女性ホルモンバランスの乱れ」「鉄分不足」の2つが考えられます。
それぞれの原因について、詳しく見ていきましょう。

女性ホルモンバランスの乱れが原因の場合

図のように生理前は、黄体期といって黄体ホルモンの分泌が増加する時期です。
この黄体ホルモンには、皮脂の分泌を増やす作用があるため、生理前は肌が乾燥しやすく、ニキビができやすくなります。

そして、生理後は卵胞ホルモンが増加する卵胞期になります。
この卵胞ホルモンはコラーゲンやヒアルロン酸を増やし、肌にうるおいを与え、肌の皮脂量を抑えるため美肌ホルモンとも呼ばれています。

本来であれば、肌の調子が良くなる生理後に、エストロゲンがうまく分泌されないと、ニキビができやすくなったり、ニキビ跡がなかなか治らなくなります。
とくに生理不順で悩んでいて、ニキビができやすいといった方は、ホルモンバランスによる乱れを疑ってください。

卵胞ホルモンが分泌されるには、黄体ホルモンがしっかりと分泌され、ホルモンバランスが整う必要があります。

ストレスや無理なダイエット、不規則な生活などはホルモンバランスが乱れる原因になりますので、注意してくださいね。

鉄分不足による貧血が原因の場合

生理中は大量に鉄分を消費しているため、生理後に血液の鉄分が不足して貧血気味になることがあります。

全身に酸素を届ける働きをしている血中の鉄分が不足すると、酸素が体全体に届かなくなり、肌のターンオーバーが正常におこなわれなくなります。
そすると、肌のバリア機能の低下、肌の乾燥を引き起こし、ニキビができやすくなってしまいます。

さらに、肌の新陳代謝が低下しているため、生理前にできたニキビやニキビ跡も治りにくくなってしまいます。

生理中、生理後は、鉄分を意識して摂取することで、ニキビを予防することができます。

生理後ニキビの予防法

生理後にできるニキビは、しっかり対策をすることで、ニキビが増えたり、症状が悪化するのを予防することができます。
そのために大切なことは、ホルモンバランスを整える、鉄分をしっかり摂取する、肌の乾燥を防ぐために保湿ケアをするなどの方法があります。

女性ホルモンバランスを整える

女性ホルモンバランスは疲労や、過度なストレス、不規則な生活によって影響を受けやすくなります。

そのために必要なことは、、、。

  • 睡眠を十分にとる
  • バランスのとれた食事を食べる
  • 身体を冷やさない
  • 適度な運動をする
  • ストレスを発散する

など、規則正しい生活習慣を心がけましょう。

鉄分を摂取する

生理中は、鉄分が多く含まれる食べ物中心の食事を心がけましょう。
食事で鉄分が補えないときは、サプリメントも上手に活用してくださいね。

また、ビタミンCは鉄分の吸収を高めてくれるのため、一緒に摂取することで、効率よく体に摂取することができます。

生理後におすすめの食べ物は、、、。

鉄分
レバー、はまぐり、しじみ、牛肉、鶏肉、卵黄、納豆など
ビタミンC
赤ピーマン、黄ピーマン、パセリ、レモン、アセロラジュースなど

保湿

生理後に、エストロゲンがうまく分泌されないと、肌から潤いとハリがなくなってしまいます。

肌の水分が不足して乾燥してしまうと、皮脂の分泌量が増えるため、ニキビなどの肌荒れの原因になります。
生理前から肌は乾燥しやすくなるため、しっかり保湿して、肌のバリア機能を高めておきましょう。

まとめ

生理後にニキビが出来る、悪化する原因をお分かりいただけたでしょうか。

生理後ニキビは、ホルモンバランスの乱れと鉄分不足により肌の新陳代謝も低下し、特にニキビ跡として残りやすくなってしまいます。
ホルモンバランスを整えながら、保湿をしっかりしながら、事前にニキビ予防をしましょう。