生理のときにできるニキビとニキビ跡の症状

管理人ミユキ(左)

こちらでは、生理のときにできるニキビとニキビ跡の症状について紹介しています。

生理前になるとニキビができて、肌の調子がわるくなったり、あれ、生理後なのに、肌の調子がよくならない・・・。と、悩んでいませんか?
ホルモンバランスが変化する生理は、肌にも体にも大きな変化をもたらします。

生理のときにニキビができてしまうと症状がひどくなりやすく、ニキビ跡として残ってしまうこともありますので、しっかりと原因と症状を理解していきましょう。

生理のときにできるニキビの特徴

生理前や生理中にニキビができやすいのは、女性ホルモンの黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)が影響しています。

図のとおり、生理後になると卵胞ホルモンの分泌量が増えて、生理前になると黄体ホルモンの分泌量が増えてきます。

この2つの女性ホルモンの分泌量が生理周期(約28日)で増えたり、減ったりすることにより、ニキビができやすくなったり、できているニキビがひどくなり、ニキビ跡が残る原因になります。

まずは、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの働きからお話していきますね。

生理前に分泌が増える黄体ホルモン(プロゲステロン)
生理の2週間前から分泌が増える黄体ホルモンは、妊娠を維持するために必要なホルモンです。
しかし、皮脂の分泌を増やす作用や体の免疫力を低下させる作用があるため、肌や体が敏感になります。。
むくみやイライラのもとになっているのも、この黄体ホルモンです。
生理後に分泌が増える卵胞ホルモン(エストロゲン)
生理の後期から分泌量が増える卵胞ホルモンは、女性らしい体を作るのに必要なホルモンです。
肌をみずみずしくうるおし、コラーゲンを増やして肌にハリを出す作用があります。

このように、プロゲステロンは「肌や体を不調」に、エストロゲンは「肌や体の調子をよくする」作用があります。

生理前と生理後で異なるニキビができる原因

生理のときにニキビができる原因について詳しくお話していきますね。

お話してきたとおり、生理のときにニキビができやすいのは、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの分泌量が生理周期で変化するからです。
とくに、生理前は、黄体ホルモンの分泌量が増えるため、皮脂の分泌が活発になり、ニキビができやすくなります。

生理後は、卵胞ホルモンの分泌量が増えるため、本来は肌の調子がよくなり、ニキビも治っていくはずです。

しかし、生理後にニキビができたり、生理前にできたニキビがひどくなってしまうこともあります。
これは、生理のときにニキビができるのには、女性ホルモンの変化以外にも別の原因があるからです。

そこで、こちらでは、生理前、中と生理後にニキビができる原因について詳しくお話していきますね。

生理前、生理中にできるニキビの原因

生理前にできるニキビは、ホルモンの影響を受けやすい顎や口周りを中心としたUゾーンにできやすいのが特徴です。

図の赤丸で囲まれた「生理前」と「生理中(初期)」の期間は、黄体ホルモンの分泌量が異なります。
そのため、生理前と生理中とでは、ニキビができる原因が異なります。

生理前は、生理の2週間前から黄体ホルモンの分泌量が増えることにより、皮脂の分泌量が増え、毛穴が詰まりやすくなり、ニキビができやすくなります。
さらに、外部の刺激から皮膚を守る「抗菌ペプチド」という物質が減少するため、肌のバリア機能が低下し、ニキビができやすくなります。

生理が始まると黄体ホルモンの分泌量が一気に減るため、肌が乾燥しやすくなり、肌のバリア機能が低下し、ニキビができやすい肌質になってしまいます。

また、女性ホルモンの影響の他にも、生理中ならではのストレスや鉄分不足もニキビ発生の原因になります。

詳しくは、以下のページで紹介しています。

生理前、生理中にできるニキビの原因と予防法

生理後にできるニキビの原因

生理後にニキビのできる原因は、「ホルモンバランスの乱れ」「鉄分不足」の2つが考えられます。

図のとおり、生理後は美肌ホルモンと呼ばれる卵胞ホルモンの分泌量が増えて、肌の調子が良くなります。
しかし、この時期にニキビができる、できているニキビの症状がひどくなるといった場合は、ホルモンバランスが乱れていることが原因です。

また、生理で多量の出血があるため、生理後は貧血気味になります。
貧血により鉄分が不足すると、酸素が体全体に届かなくなり、皮膚にも乾燥やバリア機能が低下して、ニキビができやすくなります。

生理後のニキビ対策では、ホルモンバランスを整え、鉄分摂取を心掛けましょう。

詳しくは、以下のページで紹介しています。

生理後にニキビが増える、悪化してしまう2つの原因と予防法

生理ニキビがニキビ跡として残りやすい理由

生理前、生理中のニキビがニキビ跡として残りやすい理由には、女性ホルモンの影響によるバリア機能の低下、鉄分不足による肌の新陳代謝の低下などが考えられます。

生理の2週間前から増える黄体ホルモンは、外部の刺激から皮膚を守る「抗菌ペプチド」という物質を減少させる働きがあります。
そのため、生理前は肌のバリア機能が低下、皮脂分泌が増えるとともにアクネ菌が増殖してニキビを発生させてしまいます。

また、生理中は鉄分を大量に消費してしまうため、鉄分が不足して酸素が体全体に届かなくなり、血行不良の原因になります。
そうすると、肌の新陳代謝が低下し、できてしまったニキビが化膿してひどくなりやすくなってしまいます。

そのため、生理前に出来たニキビやニキビ跡も治りにくくなってしまいます。

まとめ

ホルモンが生理前、生理中、生理後ニキビに深く関係していることがお分かりいただけたでしょうか。

生理関係のニキビは、ホルモンバランスを整えるように生活習慣、食生活に気を付けるだけで、予防することができます。
また、肌が乾燥しやすくなってしまうので保湿をしっかり行いながら、自分に合った対処法を見つけてくださいね。

肌に赤み(紫)が残る症状

赤みのニキビ跡赤ら顔のようにみえる赤みのニキビ跡は、肌の修復を早める化粧水を使ってケアすることが重要になります。色素沈着を防ぐためにも早くケアしていきましょう。

赤みニキビ跡の治し方

肌に黒や茶色のシミのが残る症状

シミ・色素沈着のニキビ跡肌に黒や茶色のシミが残る色素沈着のニキビ跡は、美白化粧水を使ってケアすることが重要になります。なかなか消えないときは、ピーリングケアも効果的です。

色素沈着(シミ)のニキビ跡を消す方法

肌デコボコクレーターになる症状

凸凹クレーターのニキビ跡毛穴が目立つクレーター肌のニキビ跡を改善するためには、、最適な化粧品を使ってスキンケアをすることが大切です。自力でケアできる化粧品の選び方を紹介します。

凸凹クレーターニキビ跡を治す方法

肌に膨らんだしこりができる症状

しこりのニキビ跡しこりのニキビ跡は、スキンケアと皮膚科での治療を併用しておこなう必要があります。皮膚科の治療内容とニキビを予防するケア方法を紹介します。

しこりニキビ跡の治し方

ページの先頭へ