妊娠中にできるニキビの原因と対処法

管理人ミユキ(左)

こちらでは、妊娠中にできるニキビの症状について紹介します。

妊娠中はホルモンバランスが大きく乱れるため、ニキビができやすくなります。
しかも、ニキビのケアを間違えてしまうと、出産後もニキビやニキビ跡に悩まされてしまうことがあります。

そのため、妊娠中にできるニキビの原因を理解して、対処していく必要があります。

妊娠中にできるニキビの特徴と症状

下の図をご覧ください。

図のように、妊娠するとhCG(ヒト絨毛(じゅうもう)性ゴナドトロピン)というホルモンが急速に分泌され、女性ホルモンである卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌を促し、妊娠初期からホルモンバランスが変化します。

そのため、妊娠初期に皮脂の分泌を促す黄体ホルモンの分泌が増え始めると、ニキビができやすくなります。

妊娠中期から後期に入ってくると、卵胞ホルモンの分泌量が増えて、肌の調子が良くなり、ニキビの症状も落ち着いてきます。

しかし、だんだんとお腹が大きくなってくると、頻尿、ストレス、睡眠不足などをきっかけにニキビができやすくなる方もいますので、注意が必要です。

妊娠中は、ニキビが顔や背中、胸などの広い範囲にできやすいため、気がつきにくい背中や胸もしっかりとケアをしておく必要があります。

妊娠中にニキビができやすくなる原因

妊娠中にできるニキビの原因は、大きく分けて5つあります。

  • ホルモンバランスの変化
  • 食生活の変化
  • 便秘
  • ストレス
  • 睡眠不足

一つずつ詳しくお話していきますね。

原因1:ホルモンバランスの変化

さきほど「妊娠中のホルモン」の図をもちいてお話したとおり、妊娠すると女性ホルモンのバランスが乱れます。

妊娠初期は、肌に不調をもたらすプロゲステロンの分泌量が増えるため、皮脂分泌を増えて、ニキビができやすい肌環境になっています。
また、ホルモンバランスがいつもと違うことで免疫力が低下し、ニキビや乾燥などの肌トラブルを引き起こしやすい状態になってしまい、ニキビができる原因の一因になってしまうことがあります。

原因2:食生活の変化

妊娠初期の「つわり」による食生活の変化も、ニキビを引き起こす原因になります。
つわりによって食べられるものが限定されてしまうと、肌の健康に保つのに必要な栄養が不足し、ニキビができやすくなります。

また、甘いものや脂っぽい食べ物を多く摂取すると、皮脂の分泌が活発化し、皮脂が毛穴につまりやすくなり、ニキビが発生してしまいます。

原因3:便秘

妊娠中は、運動不足だったり、大腸や胃腸の働きが不調になるため、便秘体質になりやすくなります。

妊娠初期は、黄体ホルモンの分泌が増えるため大腸の収縮活動を抑えられ便秘になります。
また、妊娠中期以降も子宮が大きくなるため、胃腸が圧迫されて、便秘になりがちです。

便秘は、腸内に毒素や老廃物が蓄積された状態です。
腸内環境が悪化し血流が悪くなるため、老廃物が排出されずに、ニキビなどの肌トラブルをまねきやすくなります。

原因4:ストレス

妊娠中は、睡眠不足や不安などからストレスを感じやすい精神状態になります。
そのためストレスを感じると、皮脂の分泌を促す働きがある男性ホルモンやノルアドレナリンが分泌され、ニキビのできやすい脂性肌になってしまいます。

また、ストレスからくる緊張で血流が変化し、老化の原因になる活性酸素が作られますので、注意する必要があります。

原因5:睡眠不足

妊娠初期は、ホルモンバランスの変化やつわり、妊娠中期~後期では、胎動が気になったり、お腹が大きくなって膀胱が圧迫され、頻尿になったりで、眠りが浅くなり、睡眠不足になります。

睡眠が充分でないと自律神経などが乱れ、肌のバリア機能が低下し、ニキビができる原因になります。

妊娠中にニキビがひどくなった場合の対処法

妊娠中にできるニキビは正しいケアをすることで、ニキビが悪化したり、跡として残らないように予防することができます。

こちらでは、妊娠中にできる対処法について紹介していきます。

保湿ケアをする

妊娠すると急激なホルモンの変化で、肌の免疫力が低下して、敏感肌、乾燥、ニキビなどの肌トラブルがおきやすい状態になります。

とくに妊娠初期は、黄体ホルモンの影響で皮脂の分泌が増えて、肌トラブルがおきやすい状態になってしまいます。
そのため、しっかりと保湿ケアすることで、肌のバリア機能を高め、余分な皮脂の分泌を予防することができます。

また、保湿ケアと併用して、皮脂の分泌をおさえる効果のあるビタミンC誘導体を含んだ化粧品を使ってケアすることも効果的です。

適度な運動をする

適度な運動は、妊娠中のニキビができる原因になる便秘解消とストレス発散に効果があります。

また、運動をすることで、身体の筋肉が使われて代謝や血行がよくなります。
血流が良くなることで、肌に必要な栄養が届き、肌のターンオーバーが促されニキビの改善につながります。

体調と相談しながら、毎日少しずつウォーキングなどをして体を動かすことがおすすめです。
マタニティプールやマタニティヨガなど、妊婦の方のための運動プログラムも準備されていますので、興味のある方は参加してみてくださいね。

ストレスを発散してためないようにする

ストレスを感じると、男性ホルモンが活発になりニキビができやすくなります。
適度な運動、十分な睡眠、心身ともにリラックスすることを心掛けましょう。

アロマの使用やマタニティヨガなどもおすすめです。

バランスのとれた食事を心がける

妊娠中は、つわりによって偏食になりがちです。
食べられるものが限定されると、どうしても食事のバランスが崩れて肌にも影響が出てしまいますよね。

無理のない範囲で、甘いもの、脂っぽいものは避け、野菜を多めに摂るようにしてください。

妊娠中のニキビケアでよくあるQ&A

妊娠中にできたニキビやニキビ跡のケアでよくある質問をまとめています。

妊娠中に皮膚科でもらった薬は使っていいの?
妊娠してからニキビがひどくなったり、なかなかニキビが治らなかったりしてしまうと、薬に頼りたくなりますよね。
しかし、皮膚科でもらったニキビ薬は妊娠中も使い続けていいのか、気になりますよね。

実は、皮膚科で処方されるディフェリン(アダパレン)は妊婦には禁忌とされていますので注意が必要です。
他にも、ニキビの炎症がひどい時に処方される、抗生剤の中にも禁忌の薬があります。

妊娠中に薬を使用したい場合は、妊娠中でも使用可能なお薬もありますので、自己判断せずに医師に相談してください。

まとめ

妊娠中は、女性ホルモンバランスの乱れ、便秘やストレスなど、ニキビができやすい体調、肌の状態になることがおわかりいただけたと思います。

妊娠中は、ニキビのケアを間違えてしまうとニキビが跡として残ってしまいやすい状態です。
そのため、しっかりと正しいケアをすることが必要になります。

妊娠中は敏感肌になりやすいので、保湿を忘れず、刺激の少ないスキンケアがおすすめです。
また、バランスのとれた食事、十分な睡眠、ストレス解消も妊娠中のニキビに有効です。

無理せず楽しい妊娠生活をすごしてくださいね。

こんな症状で悩んでいませんか?

肌に赤紫、赤みが残る症状 赤みのニキビ跡

ニキビ跡の赤みは、ニキビがなおったあとに肌に赤みが残ってしまう症状です。しっかりケアをすることで簡単に治すことができます。赤みを治すために必要なことを紹介しています。

赤みのニキビ跡を治す方法

肌に黒や茶色のシミのが残る症状 シミ・色素沈着のニキビ跡

色素沈着したニキビ跡は、肌に黒や茶色のシミが残ってしまう症状です。悪化させてしまうと消えにくくなってしまいますが、しっかりケアをすることで消すことができます。

色素沈着・シミのニキビ跡を消す方法

肌が陥没してクレーター状になる症状 凸凹クレーターのニキビ跡

クレーターのニキビ跡は、肌が陥没してクレーターのようにデコボコになってしまう症状です。ニキビ跡の中でも一番ひどい症状ですので、根気強く、長い期間かけてケアしていく必要があります。

凸凹クレーターのニキビ跡を治す方法

肌に膨らんだしこりが残る症状 しこりのニキビ跡

しこりのニキビ跡は、肌が膨らんでしこりになってしまう症状です。スキンケアと皮膚科での治療を併用してニキビの予防ケアとしこりの改善ケアをしていく必要があります。

しこりのニキビ跡を治す方法

ページの先頭へ