管理人ミユキ(左)

こちらでは黄ニキビの症状と原因について紹介していきます。
黄ニキビは、炎症が悪化して、化膿がはじまっている状態です。
なので、早急な対応を必要としています。

黄ニキビの症状について

黄ニキビは、赤ニキビの炎症が悪化して、黄色い膿を伴ったニキビが化膿している症状。
医学的には、膿疱と呼ばれるニキビで、化膿しているので痛みがある状態です。

この黄ニキビの段階になると、アクネ菌が増殖しているだけではなく、黄色ブドウ球菌も増殖してきているため、ニキビの炎症をさらに悪化させているんです。

また、炎症による皮膚組織の損傷も真皮層まで及んでいるため、ニキビ跡が残る危険性が高く、特に肌がデコボコに陥没してしまうクレーター状のニキビ跡になってしまうので注意が必要です。

黄ニキビの原因

黄ニキビができるのは、赤ニキビの炎症がさらに悪化することが原因です。
赤ニキビの症状もアクネ菌が増殖して炎症をしているのですが、黄ニキビの段階になるとニキビの中にアクネ菌だけではなく、黄色ブドウ球菌も入り込み増殖してしまい、炎症をさらにひどくします。

この黄色ブドウ球菌が、黄色い膿の原因となり、化膿ニキビへと症状を悪化させています。

赤ニキビの症状を悪化あせてしまう原因としては、炎症が悪化してくると痛みやかゆみを伴うこともあるので、気になって触ったりするなどの打破行動が炎症を悪化させる原因になります。

黄色ニキビはニキビ跡が残る危険性が高い

黄ニキビは、炎症によるダメージが真皮と呼ばれる層まで及んでいるため、しっかりケアと治療しないとニキビ跡になって残ってしまう危険性が高くなります。

皮膚科での治療を検討する

痛みやかゆみを伴っている場合は、すぐに皮膚科などの医療機関で治療を開始してください。

また、痛みやかゆみがないとしても黄ニキビは、悪化するとニキビ跡として残ってしまいますので、自己判断によるケアではなく医療機関での治療もしくは、ドラッグストアなどの薬局で薬剤師に相談して市販薬を購入することをおすすめします。

黄ニキビの放置は紫ニキビの原因になる

黄ニキビを放置してしまうとさらに炎症が悪化し、紫ニキビと呼ばれるニキビの最終形態になってしまいます。
この紫ニキビの段階になるとニキビ跡が残ってしまい、治療するのには根気と時間が必要になってしまいます。

なので、黄ニキビまでニキビが悪化してしまったら放置せずにすぐにケアと治療をしてくださいね。

黄ニキビを潰して芯を出す行為は絶対にNG

基本的にニキビを自分で潰すのは症状を悪化させる原因になるのでNGなのですが、特に黄ニキビを潰してしまうと炎症をさらに悪化させてしまう恐れがでてきます。

なので、黄ニキビを潰す行為はNG。
もし、万が一潰れた場合は、すぐに医療機関に相談してくださいね。

ニキビを潰して芯を出すと治りが早くなるというのは、炎症しているニキビには当てはまりません!

まとめ

管理人ミユキ(右)

黄ニキビは、毛穴の中の炎症がひどくなり、化膿がはじまっている状態のニキビです。
ですので、一刻も早く、皮膚科などの医療機関を受診してください。

もしくは、薬局で薬剤師と相談して、ニキビ治療薬をつかってケアしてください。