管理人ミユキ(左)

こちらでは赤ニキビの症状と原因について紹介していきます。
赤ニキビは、毛穴の中が炎症してしまっている状態なので、しっかり症状と原因を理解し、ケアしていきましょう。

赤ニキビの症状について

赤ニキビは、黒ニキビが進行、悪化して、毛穴の中でアクネ菌が増殖し、炎症を起こしている症状。
医学的には、紅色丘疹(べにいろきゅうしん)と呼ばれるニキビで、痛みを伴うこともあり、ニキビの周りが赤く腫れている状態です。

この赤ニキビは、炎症をおこしている状態なので、炎症がひどくなると化膿して膿を伴う黄ニキビに悪化してしまい、痛みが強くなったり、ニキビ跡が残る原因にもなるので注意が必要です。

赤ニキビの原因

赤ニキビができるのは、黒ニキビが進行し、悪化することが原因です。
これは、黒ニキビの症状が継続して続いてしまうと、アクネ菌が増殖しすぎてしまい、炎症を引きおこすからです。

アクネ菌とは、皮膚に常在する常在菌。
なのですが、細菌なので、増殖しすぎると体が外敵だと感知し、アクネ菌に攻撃を開始し、炎症がおこります。
これが赤ニキビがおこるメカニズムなんです。

ちなみに炎症とは、体の免疫反応のことで、外敵を発見するとその周辺に白血球が集まり、外敵を攻撃を開始します。

ニキビの場合の外敵は、アクネ菌ですよね。
アクネ菌が増殖する範囲が広がってしまうと、炎症による傷跡も広がってしまいます・・・。

赤ニキビを潰すとニキビ跡に残る原因

赤ニキビは、潰すとニキビ跡が残ってしまう危険性が高くなります。
白ニキビや黒ニキビは、自分で潰すとニキビが悪化するので自分で潰すのはだめでしたが、、皮膚科だと保険適用の面皰圧出という治療を受けることができ、潰すことができます。

ですが、赤ニキビは、皮膚科でも潰すことはできません。
理由としては、ニキビの炎症が真皮層までに及んでいると、面皰圧出でニキビの芯を取り出すときに、真皮層の組織を傷つけてしまう危険性があるからです。

もし、真皮層の組織を損傷させてしまうと、肌がデコボコになるクレーターのニキビ跡が残ってしまい、治すのに時間がかかってしまいます。

なので、皮膚科で面皰圧出を進められた場合は、注意したほうがよいですね。

まとめ。赤ニキビはしっかりケアをすること

管理人ミユキ(右)

赤ニキビは、炎症を引きおこしてしまっている症状なので、ニキビ跡を残さないためにも、しっかりケアをして悪化を防ぎ、治していきましょう。

ニキビ専用のスキンケア化粧品だったり、市販のニキビ治療薬、症状がひどい場合には、皮膚科などの医療機関を受診すれば、保険適用の治療を受けることができます。
なので、赤ニキビは放置するのではなく、すぐにケアを開始するようにしましょうね。