管理人ミユキ(左)

眉間(目と目の間)にできるニキビ跡は、「赤みや色素沈着(シミ)」が目立ちやすい特徴があります。

目と目の間の眉間は、皮膚が薄いため、メイクで隠しながら、ニキビ跡をケアしていくことが治すポイントです。

このページでは、眉間にできるニキビ跡の症状とその対処法について紹介しています。

眉間にできるニキビ跡の特徴的な症状

目と目の間の眉間にできるニキビ跡は、「赤みや色素沈着(シミ)が目立ちやすい」、「凸凹クレーターのニキビ跡が残りやすい」という2つの特徴があります。
とくにおでこは刺激をうけやすいため、黒や茶色のシミが残りやすい部位です。

2つの特徴について詳しく紹介していきますね。

症状の特徴1:赤みや色素沈着(シミ)が目立ちやすい

眉間にできるニキビ跡は、赤みや黒や茶色に色素沈着したシミが目立ちやすい特徴があります。
これは、顔の部位の中でも眉間の皮膚が、薄いためです。

下の図は、眉間の皮膚の状態です。

図のように眉間は、顔の部位の中でも角層(皮膚)が薄いため、赤みや黒や茶色のシミ(色素沈着)が肌表面から近くになります。
そのため、他の部位よりも赤みやシミが濃く、目立つ傾向にあり、ニキビ跡が治らない、消えない要因となっています。

症状の特徴2:凸凹クレーターのニキビ跡が残りやすい

眉間は、「洗顔しにくい」、「皮脂の分泌量が多い」ため、赤いニキビの炎症が黄ニキビに悪化しやすい場所です。
そのため、凸凹クレーターのニキビ跡が残りやすい特徴があります。

さらに皮膚が薄いこともクレーターが残りやすい要因の1つになっています。

眉間にできているニキビ跡の対処法

ニキビ跡は、顔の部位に関係なく、「赤み」、「色素沈着(シミ)」、「凸凹クレーター」といった症状別にケアしていくのが治し方の基本になります。

目と目の間の眉間にできるニキビ跡には、「ビタミンC誘導体を配合した化粧水でケアをする」、「刺激をあたえない」、「清潔に保ち、保湿ケアをする」が効果的です。

また、ケアと併用して、化粧(メイク)でニキビ跡を隠し目立たなくしてあげることがポイントです。

対処法1:ビタミンC誘導体を配合した化粧水でケアをする

ビタミンC誘導体には、「肌の修復をたすける」、黒や茶色のシミの原因となる「メラニン色素の生成をおさえる(美白作用)」、「皮脂の分泌をおさえる」3つの働きがあり、赤みや色素沈着といったニキビ跡の改善におすすめの成分です。

また、過剰な皮脂分泌をおさえる効果あり、ニキビの予防にも効果的です。

対処法2:眉間の肌に刺激をあたえない

ニキビの悪化予防、黒や茶色のシミが残るのを予防するために、眉間の肌に刺激をあたえないようにしましょう。
とくに、眉剃り後は、美白作用のあるビタミンC誘導体を配合した化粧品でケアする必要があります。

また、前髪が眉間にかからないヘアスタイルにして、刺激をあたえないこともポイントです。

対処法3:清潔に保ち、保湿ケアをする

眉間は、指の腹を使って洗顔し、すすぎ残しがないようにぬるま湯で十分に洗い流してください。
これは、毛穴に汚れが残っていると、肌のターンオーバーが乱れてしまうからです。

ニキビ跡が治らないで悩んでいる方は、一度、クレンジングと洗顔を見直してみましょう。

そして洗顔後は、肌の乾燥を予防するために、美容液やクリームを使って保湿ケアしてくださいね。

眉間のニキビ跡を早く治すポイント

眉間にできたニキビ跡は、赤みや色素沈着(シミ)が他の部位と比べて目立ちやすい特徴があります。
そのため、「ケアをしているのに治らない」というストレスや不安を減らすために、化粧(メイク)でニキビ跡を隠していきましょう。

赤み(紫)は「緑色のコントロールカラー」、黒や茶色の色素沈着には「肌の色に近い硬めコンシーラー」、クレーター肌には「穴のへこみをカバーできる下地」を上手に使ってメイクするのがニキビ跡を隠すポイントです。

まずは、洗顔で肌を清潔に保つ、ビタミンC誘導体を配合した化粧水を使ったケアからはじめていきましょう。