管理人ミユキ(左)

口周りや鼻下にできるニキビ跡は「赤みが残りやすく目立ちやすい」という特徴があります。

おでこや頬といった、顔の他の部位とは、ニキビ跡ができる原因、対処法が異なります。

このページでは、口周りと鼻下にできるニキビ跡の症状とその対処法について紹介しています。

口周りと鼻下にできるニキビ跡の特徴的な症状

口周りにできるニキビ跡は、「赤みのニキビ跡が残りやすい」、「赤みやシミが目立ちやすい」という2つの特徴があります。
とくに鼻下は、赤いしこりのようなニキビができることが多いです。

2つの特徴について詳しく紹介していきますね。

症状の特徴1:赤みのニキビ跡が残りやい

口周りや鼻の下は、顔の部位の中でも、皮膚がうすく、デリケートな部位のため、肌の中で炎症が残りやすい部位です。
そのため、ニキビが治ったあとでも赤く腫れたような赤みのニキビ跡が残りやすい特徴があります。

気になってもニキビは潰さないようにしましょう。とくに鼻の下は、色素沈着して黒や茶色のシミが残ってしまいやすい特徴があります。

症状の特徴2:赤みやシミが目立ちやすい

口周りや鼻下にできたニキビ跡は、赤み、黒や茶色のシミが目立ちやすい特徴があります。

下の図は、肌の中の皮膚の状態です。

図のように口周りや鼻の下は、顔の部位の中でも表皮が薄いため、赤みや黒や茶色のシミ(色素沈着)が肌表面から近くになります。
そのため、他の部位よりも赤みやシミが濃く、目立つ傾向になります。

口周りや鼻の下にできているニキビ跡の対処法

ニキビ跡は、顔の部位に関係なく、「赤み」、「色素沈着(シミ)」、「凸凹クレーター」といった症状別にケアしていくのが治し方の基本になります。

口周りや鼻の下にできるニキビ跡の対処法には、3つのポイントがあります。

それは、

  • ビタミンC誘導体を配合した化粧品を使う
  • 保湿ケアをする
  • リフレッシュ(ストレス発散)をする

一つずつお話していきますね。

対処法1:ビタミンC誘導体を配合した化粧品を使う

ビタミンC誘導体には、「肌の修復をたすける」、「肌のターンオーバーを促す」2つの働きがあります。
とくに赤みが目立つ口周り、鼻の下のニキビ跡には、ビタミンC誘導体が効果的です。

また、ビタミンC誘導体には、弱いピーリング作用があります。
そのため、デリケートでセルフピーリングがしにくい口周りのケアにおすすめです。

対処法2:保湿ケアをする

口周りや鼻の下は、顔の部位の中でも、とくに乾燥しやすいため、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿成分を配合している化粧品を使ってスキンケアをしましょう。

肌が乾燥してしまうと、肌のターンオーバーが乱れてしまいます。そうするとニキビ跡を治すのに期間がかかってしまうこともあります。
冬場になると鼻の下が粉をふいてしまう方は、保湿力の高い美容液を使って入念にケアしましょう。

対処法3:リフレッシュ(ストレス発散)をする

「ヨガやストレッチなどの適度な運動」、「ラベンダーやマンダリン、カモミールなど、リラックス効果のあるアロマオイル」を使ってリフレッシュする時間を作りましょう。

ストレスがたまってしまうと、ホルモンバランスが乱れ、肌のターンオーバーが乱れる原因になります。
とくにホルモンバランスの影響をうけやすい口周り、鼻の下のニキビ跡の改善するためには、ストレスをためないことが重要です。

まとめ

口周りや鼻の下にできたニキビ跡は、赤みやシミが他の部位と比べて目立ちやすい特徴があります。
そのため、早く治すためには、「肌のターンオーバーを正常に保つ」、「ビタミンC誘導体を配合している化粧品を使ってケアする」ことがポイントになります。

まずは、赤みや色素沈着(シミ)、クレーターといったニキビ跡の症状にあったスキンケア化粧品を使ったケアから開始していきましょう。