管理人ミユキ(左)

頬(ほっぺ)にできるニキビ跡は「赤みやシミが目立ちやすい」という特徴があります。

顎(あご)や口周りといった、顔の他の部位とは、ニキビ跡ができる原因、対処法が異なります。

このページでは、頬にできるニキビ跡の症状とその対処法について紹介しています。

頬(ほっぺ)にできるニキビ跡の特徴的な症状

頬にできるニキビ跡には、3つの特徴があります。

それは、

  • 肌が凸凹になるクレーターのニキビ跡ができやすい
  • 片方の頬に色素沈着(シミ)のニキビ跡ができやすい
  • 肌の赤みがなかなか消えない

3つの特徴について詳しく紹介していきますね。

症状の特徴1:肌が凸凹になるクレーターのニキビ跡ができやすい

頬は、顔の部位の中でも、ニキビができると赤く腫れやすかったり、化膿しやすかったりとニキビが炎症しやすい場所です。
そのため、ニキビが治ったあとに、肌がボコボコになるクレーターのニキビ跡が残りやすい特徴があります。

とくに頬全体にクレーターが広がっていると肌の黒ずみやくすみの原因になります。

また、の頬骨の周辺は、頬の中でも毛穴が開きやすいため、クレーターのニキビ跡と症状を間違えないようにしてください。

症状の特徴2:片方の頬に色素沈着(シミ)のニキビ跡ができやすい

右頬、左頬、どちらか片方の頬に黒や茶色の色素沈着(シミ)のニキビ跡が残りやすい特徴があります。
これは、寝ている間に頬が枕(寝具)と擦れて刺激をうけやすいからです。

右頬か左頬、どちらかの頬に黒ずみの色素沈着がある方は、摩擦の少ないシルク素材の枕にかえるなどの対処をしましょう。

症状の特徴3:肌の赤みがなかなか消えない

頬にできたニキビ跡は、赤みが消えにくい特徴があります。

下の図は、頬の中の皮膚の状態です。

図のように頬は、顔の部位の中でも表皮が薄く、赤みの原因となる毛細血管が肌表面から近くにあります。
そのため、他の部位よりも赤みが濃くみえる傾向になります。

また、頬骨の近くは、赤みのニキビ跡が紫や赤紫色にみえることがあります。
これは、肌のターンオーバーが乱れやすく、皮膚が厚くなりやすいからです。

頬にできているニキビ跡の対処法

ニキビ跡は、顔の部位に関係なく、「赤み」、「色素沈着(シミ)」、「凸凹クレーター」といった症状別にケアしていくのが治し方の基本になります。

頬(ほっぺ)にできるニキビ跡には、「定期的なピーリング」、「ビタミンC誘導体を配合している化粧水を使う」が効果的です。
また、ケアと併用して、化粧(メイク)でニキビ跡を上手に隠して、目立たなくしてあげることがポイントです。

対処法1:定期的にピーリングをする

ピーリングには、古い角質をはがして、肌のターンオーバーを正常なサイクルにもどす効果があります。
そのため、赤み、色素沈着して黒や茶色のシミが残っているニキビ跡に効果的です。

ピーリング化粧品を使って自宅でケアするためには、グリコール酸(AHA)やサリチル酸(BHA)といった成分が含まれているピーリング石鹸、ジェル、化粧水を使う必要があります。
とくに、クレーターのニキビ跡、毛穴のたるみには、グリコール酸(AHA)を配合している化粧品を使ったピーリングケアがおすすめです。

ピーリングは、1週間に1〜2回の頻度でおこなうようにしましょう。

自宅でのセルフピーリングに不安がある方は、エステや美容皮膚科でケミカルピーリンを受けることができます。

対処法2:ビタミンC誘導体を配合している化粧水を使う

ビタミンC誘導体は、「赤み」、「色素沈着(シミ)」、「クレーター肌」といったニキビ跡のケアにおすすめの成分です。

頬の中でも目の下の頬骨のあたりは、ビタミンC誘導体を含む化粧品を使うことで、毛穴のトラブルを防ぐことができます。

対処法3:化粧(メイク)で上手に隠す

症状ごとのメイクのポイントを理解して、上手にニキビ跡を化粧で隠していきましょう。

下にニキビ跡の症状別にメイクのポイントをまとめています。

赤み(紫)のニキビ跡を隠すポイント
赤みのニキビ跡には、赤の補色となる緑色のコントロールカラーが効果的です。

下地を塗ったあと、ファンデーションを塗る前にコントロールカラーを点置きして、指で広げていきましょう。

黒や茶色の色素沈着のニキビ跡を隠すポイント
頬にできた黒や茶色のシミは、硬めコンシーラーが効果的です。

肌と同じ色みのコンシーラーをブラシにとり、シミにのせたら放射状に外へむけてぼかし、肌との境目は指で軽くたたいてなじませましょう。
頬全体にシミが広がっている場合は、スティックタイプがおすすめです。

クレーターのニキビ跡を隠すポイント
クレーターのニキビ跡は、穴のへこみをカバーできる下地が効果的です。

化粧くずれを防ぐためにもファンデーションは薄く塗ることがポイントです。

頬のニキビ跡を早く治すポイント

頬(ほっぺ)にできたニキビ跡は、赤みや色素沈着(シミ)が他の部位と比べて目立ちやすい特徴があります。
そのため、「ケアをしているのに治らない」という不安を減らすために、化粧(メイク)のポイントを理解して、上手に隠すことがおすすめです。

まずは、ビタミンC誘導体を配合した化粧水を使ったケアからはじめていきましょう。
クレーターのニキビ跡で悩んでいる方は、週に1〜2回程度、ピーリングケアも併用してみてください。