管理人ミユキ(左)

こちらでは、背中のニキビ跡の症状と原因について紹介しています。

背中も顔と同じくニキビができやすく、ニキビ跡となって残りやすい場所です。
そのため、しっかり症状と原因を理解し、背中ニキビ跡のケアと予防をする参考にしてくださいね。

背中のニキビ跡について-背中がニキビが悪化しやすい場所

夏にプールや海で水着を着たいのに・・・
もうすぐ結婚式でウェディングドレスを着るのに・・・
など、背中にニキビ跡があると背中が開いた服を着ることを苦痛に感じしてしまいますよね。


背中は顔の次に皮脂腺が多い場所のため、ニキビができやすい環境なんです。
しかも、背中にニキビができていることに気づきにくいですよね・・・気づいた時にはニキビがひどくなっている・・・。

そういった理由から背中は、ニキビ跡が残りやすい場所なんです。

そこで、今回は、背中ニキビ跡の症状と原因についてお話していきますね。
ニキビが悪化する原因を知ることで、背中ニキビ跡を治す手がかりにしてください。

背中ニキビ跡の症状の種類と原因

背中にニキビ跡ができる原因は、背中ニキビのひどい炎症による損傷です。
種類によって、ニキビ跡ができる原因が異なってきます。

そのため、背中ニキビ跡の種類を理解しておかなければケアをすることが難しくなってしまいます。

背中にできるニキビ跡も顔にできるニキビ跡と症状の種類は同じく5つ。

  • 赤み
  • 色素沈着・シミ
  • デコボコクレーター
  • しこり
  • 黒ずみ

赤みの症状と原因

赤みの背中ニキビ跡
赤みの症状は、ニキビ跡の症状の中でも比較的軽い状態です。
背中ニキビのひどい炎症でダメージを受けた毛穴周辺の傷を治すために毛細血管が集結・拡張して肌表面が赤く見える症状です。

正しいケアをすれば、悪化させずに早く治すことができます。

詳しくは、以下の「赤みのニキビ跡の症状と原因」ページで紹介しています。

色素沈着・シミの症状と原因

シミ・色素沈着の背中ニキビ跡
色素沈着、シミの症状は、背中に黒、茶色のシミができる症状です。
これは、背中ニキビのひどい炎症を起こした場所で、生成されたメラニンが色素沈着してシミになって残ってしまっている状態です。

他にも、赤みのニキビ跡が悪化して、赤黒に色素が定着してしまう症状もシミ・色素沈着のニキビ跡の症状です。

詳しくは、以下の「ニキビ跡の色素沈着・シミの症状と原因」ページで紹介しています。

クレーターの症状と原因

クレーターの背中ニキビ跡
クレーターの症状は、背中にデコボコしたクレーターが残ってしまう状態です。
背中ニキビの炎症による損傷が真皮層まで及んでしまい、肌が陥没してクレーター状になっている状態です。

このクレーターのニキビ跡は、完治するまでに長期間がかかってしまいますので、ニキビの炎症がひどくなる前にケアする必要があります。

詳しくは、以下の「ニキビ跡のデコボコクレーターの症状と原因」ページで紹介しています。

しこりの症状と原因

しこりの背中ニキビ跡
しこりの症状は、ニキビがあった場所にしこりのように膨らんでしまう状態です。
これは、炎症した背中ニキビが同じ場所に何度も繰り返しできることにより、赤や紫、白色といったしこりができる症状です。

このしこりのニキビ跡は、自力でのケアが難しいため、皮膚科などの医療機関に相談してください。

また、このしこりニキビ跡は、周辺にニキビがあったりすると、そのニキビもしこりになる危険性が高くなります。
そのため、自宅でのケアをしっかりしておく必要があります。

詳しくは、以下の「ニキビ跡のしこりの症状と原因」ページで紹介しています。

黒ずみの症状の原因

シミ・色素沈着の背中ニキビ跡
ニキビ跡の黒ずみは、肌が黒ずんでみえてしまう症状のことです。

実際には、「黒ずみのニキビ跡」という症状はありません。
こちらでは、私が考える、ニキビが治ったあとに肌に黒ずみができているようにみえる症状について紹介していきます。

背中のニキビが治ったあとに肌が黒ずみができる原因は、2つあります。

  • シミ・色素沈着のニキビ跡
  • 毛穴のトラブル

ニキビ跡の色素沈着・シミ

ニキビ跡の色素沈着・シミが黒ずみに見える症状。
メラニンの色は黒なので、色素沈着したシミが黒っぽい黒ずみに見える場合があります。

毛穴のトラブル

毛穴のトラブルで黒ずみに見える症状は2つあります。
毛穴の開き」と「毛穴に詰まった汚れ」です。
毛穴の開きが黒ずみに見えてしまうのは、毛穴の広がりによってできる影が黒ずみに見えてしまっている症状です。

そして、毛穴の汚れは、角質や皮脂が酸化されて黒い点として見える症状です。

ニキビ跡の種類については、「ニキビ跡の種類」で詳しく紹介しています。

詳しくは、以下の「ニキビ跡の黒ずみの症状と原因」ページで紹介しています。

まとめ。背中ニキビを悪化させなければ背中ニキビ跡は防げる

背中ニキビ跡の症状と原因を理解することができましたか?
原因を理解することで、悪化すること、繰り返しニキビ跡が残ってしまうことを予防することができます。

背中にニキビ跡ができる原因は、ニキビのひどい炎症による損傷。
そのため、背中ニキビを悪化させなければ、背中にニキビ跡が残ることはありません。

今回の記事でしっかり症状と原因を理解して、背中ニキビ跡を改善していきましょう。