体にできるニキビ跡の症状と原因-背中・胸・お尻にできるニキビ跡を検証

管理人ミユキ(左)

こちらでは、背中や胸、お尻など、体にできるニキビ跡の症状や特徴について紹介しています。

体にできるニキビ跡の症状

ニキビやニキビ跡といったら顔にできるといったイメージがありまよね。
でも、実は、背中や胸、お尻といった体の部位にもできます。

そこで、こちらでは、背中や胸、デコルテ、、首、お尻など、体にできるニキビ跡の症状について紹介しています。

それでは、体にできるニキビ跡の症状と原因についてお話していきますね。

背中ニキビ跡の症状-背中はニキビは症状に気が付きにくい部位

背中ニキビ跡

背中は、顔の次に皮脂腺が多く通っている場所のためニキビができやすい部位です。
しかも、衣服の摩擦や紫外線による日焼けなど外部からの刺激も受けやすく、ニキビが悪化して治ってもニキビ跡が残りやすいんです。

背中にニキビ跡ができてしまうと結婚式のウェディングドレスやドレスなど背中が開いた服がきれなくなってしまい、苦痛ですよね・・・。

そこで、下記ページで、背中ニキビ跡の症状と原因について詳しく紹介しています。
背中のニキビ跡で悩んでいる方は、ケアする参考にしてくださいね。

背中ニキビ跡の症状と原因

胸のニキビ跡の症状-胸はニキビが悪化しやすい部位

胸のニキビ跡

胸は、背中と同じく顔の次に皮脂腺が多く通っているためニキビができやすい部位です。
しかも胸は、胸元や谷間は汗をかきやすく、下着や衣服の摩擦、通気性が悪いため蒸れやすく、ニキビが悪化してニキビ跡が残りやすいんです。

胸にニキビ跡があると背中ニキビ跡と同じく、結婚式でにウェディングドレスやドレスなど背中が開いた服がきれなくなったり、夏場に水着が着れなくなって苦痛になってしまいますよね・・・。
そのため、胸ニキビが悪化する前にケアすることが大切になります。

胸ニキビ跡の原因になるニキビを悪化させてしまう5つの要因

お尻ニキビ跡の症状-お尻はひどいニキビ跡が残りやすい

お尻のニキビ跡

お尻は、長時間座っていることが多いため、刺激や摩擦で皮膚が角質化しやすく、ニキビができやすい部位です。
しかも、蒸れやすい場所のため、ニキビができやすいだけではなく、繰り返しニキビができやすい場所です。

そのため、イボのようなしこりニキビ跡や肌がデコボコになるクレーターニキビ跡ができやすいため、ニキビ跡を治すのが難しい部位です。

お尻ニキビ跡の症状と原因-ニキビを悪化させてしまう4つの要因

まとめ

体の背中や胸、お尻といった部位ごとにも原因と要因が異なります。
そのため、しっかり体にできるニキビ跡の原因と要因を理解して、症状が悪化することを予防することも大切です。

こんな症状で悩んでいませんか?

肌に赤紫、赤みが残る症状 赤みのニキビ跡

ニキビ跡の赤みは、ニキビがなおったあとに肌に赤みが残ってしまう症状です。しっかりケアをすることで簡単に治すことができます。赤みを治すために必要なことを紹介しています。

赤みのニキビ跡を治す方法

肌に黒や茶色のシミのが残る症状 シミ・色素沈着のニキビ跡

色素沈着したニキビ跡は、肌に黒や茶色のシミが残ってしまう症状です。悪化させてしまうと消えにくくなってしまいますが、しっかりケアをすることで消すことができます。

色素沈着・シミのニキビ跡を消す方法

肌が陥没してクレーター状になる症状 凸凹クレーターのニキビ跡

クレーターのニキビ跡は、肌が陥没してクレーターのようにデコボコになってしまう症状です。ニキビ跡の中でも一番ひどい症状ですので、根気強く、長い期間かけてケアしていく必要があります。

凸凹クレーターのニキビ跡を治す方法

肌に膨らんだしこりが残る症状 しこりのニキビ跡

しこりのニキビ跡は、肌が膨らんでしこりになってしまう症状です。スキンケアと皮膚科での治療を併用してニキビの予防ケアとしこりの改善ケアをしていく必要があります。

しこりのニキビ跡を治す方法

ページの先頭へ