40代・50代の更年期にできるニキビの症状と原因

管理人ミユキ(左)

ニキビは決して若い人たちだけのトラブルではありません。
更年期を迎えた大人の肌にもニキビができやすく、今までニキビと無縁だった人が突然できはじめることもあります。
大人ニキビは40代、50代になり、とくに更年期を迎えた女性にとっても注意が必要です。

こちらでは、更年期にできるニキビの原因について紹介します。

更年期にできるニキビの特徴

閉経の平均年齢は50歳といわれ、一般的にその前後5~10年間を更年期といいます。

更年期を迎えた女性にできるニキビは、過剰な皮脂が原因の思春期ニキビとは原因やメカニズムも違います。

更年期のニキビは、顎やフェイスラインにできやすく、首周辺や背中などの身体にできることもあります。人によっては乾燥やかゆみを伴うこともあり、また、慢性化してなかなか治りにくいといった特徴があります。

更年期にニキビ・吹き出物ができやすい理由と原因

更年期はホルモンバランスが乱れるため、ニキビなどの吹き出物ができやすく、しっかりとスキンケアをしないとニキビ跡として残ってしまうこともあります。
そのため、更年期にニキビができやすい原因を理科して、予防していく必要があります。

更年期にニキビができる原因は「女性ホルモンの変化(エストロゲンの減少)」と「ターンオーバーの乱れ」の2つがあります。

一つずつお話していきますね。

女性ホルモンの変化(エストロゲンの減少)

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があり、エストロゲンは肌のうるおいやハリを守る作用があるのに対し、プロゲステロンは皮脂分泌を促したり、メラニン生産を活性化するなどの作用があります。

下の図をご覧ください。

図のように、更年期が近づく40歳あたりからエストロゲンの分泌量が減りはじめ、閉経の前後で急激に減少します。

更年期にニキビができやすくなるのは、エストロゲンが急激に減り、体内でプロゲステロンの量が増えることで、皮脂の分泌が活性化し、毛穴が詰まりやすくなるためです。
生理周期でもホルモンバランスは変化します。プロゲステロンが活発になる生理前はさらにニキビができやすくなりますので注意が必要です。

またエストロゲンの低下によって、水分を保持する力も衰えるため、肌が乾燥しやすくなります。肌が乾燥すると皮脂を過剰に分泌するようになり、角質が厚くなり、毛穴が詰まりニキビの原因となります。

ターンオーバーが乱れ、肌の修復に時間がかかる

加齢により新陳代謝が悪くなることによるターンオーバーの低下も、ニキビが悪化する原因の一つです。

20代のころは、28日周期だった肌のターンオーバー(肌が生まれ変わるサイクル)も、40代に入ると40~50日もかかるといわれています。
一度ニキビができてしまうと、肌の再生に時間がかかるため、治りにくくなります。

また、ターンオーバーの乱れは、刺激にも敏感になり、お肌全体が弱くなり、過敏に反応するようになりますので、注意してくださいね。

体の内側からのケアとして、ビタミンやエストロゲンに似た作用があることが認められている大豆イソフラボンが配合されたサプリメントなどを併用することもおすすめです。

まとめ

更年期は、美肌を保つのに必要なエストロゲンが急激に減少するため、ニキビができやすくなることがおわかりいただけと思います。
体の変化とうまく付き合いながら、スキンケアはもちろん、食生活や睡眠などホルモンバランスの乱れに対処するための工夫をして対応していきましょう。

また、エストロゲンの減少は、お肌の不調だけではなく、イライライや頭痛といった体の不調(PMS)をまねくこともあります。
最近では、漢方薬を使った更年期の治療も見直されていますので、症状がつらい場合は、皮膚科や産婦人科を受診して相談してくださいね。

こんな症状で悩んでいませんか?

肌に赤紫、赤みが残る症状 赤みのニキビ跡

ニキビ跡の赤みは、ニキビがなおったあとに肌に赤みが残ってしまう症状です。しっかりケアをすることで簡単に治すことができます。赤みを治すために必要なことを紹介しています。

赤みのニキビ跡を治す方法

肌に黒や茶色のシミのが残る症状 シミ・色素沈着のニキビ跡

色素沈着したニキビ跡は、肌に黒や茶色のシミが残ってしまう症状です。悪化させてしまうと消えにくくなってしまいますが、しっかりケアをすることで消すことができます。

色素沈着・シミのニキビ跡を消す方法

肌が陥没してクレーター状になる症状 凸凹クレーターのニキビ跡

クレーターのニキビ跡は、肌が陥没してクレーターのようにデコボコになってしまう症状です。ニキビ跡の中でも一番ひどい症状ですので、根気強く、長い期間かけてケアしていく必要があります。

凸凹クレーターのニキビ跡を治す方法

肌に膨らんだしこりが残る症状 しこりのニキビ跡

しこりのニキビ跡は、肌が膨らんでしこりになってしまう症状です。スキンケアと皮膚科での治療を併用してニキビの予防ケアとしこりの改善ケアをしていく必要があります。

しこりのニキビ跡を治す方法

ページの先頭へ