40・50代(更年期)のニキビ跡の症状と対処法-シミやホクロにはピーリングがおすすめ

管理人ミユキ(左)

40、50代の更年期にできるニキビ跡は、「茶色のシミが濃く残りやすく、消えにくい」という特徴があります。

20代や30代といった若い時期とは、ニキビ跡ができる原因、対処法が異なります。

このページでは、40代と50代の更年期にできるニキビ跡の症状とその対処法について紹介しています。

40、50代の更年期にできるニキビ跡の特徴的な症状

閉経の平均年齢は50歳といわれ、一般的にその前後5~10年間を更年期といいます。

40、50代の更年期にできるニキビ跡は、顎やフェイスラインにできやすく、首周辺や背中などの身体にできることもあります。
症状によっては、乾燥やかゆみをともないます。

ニキビ跡の症状には、「茶色のシミ(色素沈着)が濃く残りやすく、消えにくい」特徴があります。
これは、「女性ホルモンの変化(エストロゲンの減少)」と「肌のターンオーバーが遅くなる」ことが原因です。

一つずつお話していきますね。

症状の特徴1:女性ホルモンの変化(エストロゲンの減少)

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があります。

エストロゲン
肌のうるおいやハリを守る作用(コラーゲンを増やす)
プロゲステロン
皮脂分泌を促したり、メラニン生産を活性化するなどの作用

下の図をご覧ください。

図のように、更年期が近づく40歳あたりからエストロゲンの分泌量が減りはじめ、閉経の前後で急激に減少します。

このエストロゲンには、黒や茶色のシミの原因となるメラニン色素が作られるのをおさえる働きがあります。
そのため、エストロゲンが急激に減少する40、50代の更年期にできるニキビ跡は、色素沈着してシミが濃く残りやすい特徴があります。

その他にもエストロゲンが減少すると「肌の乾燥」、「毛穴のたるみ」といった肌のトラブルがおきやすくなります。

症状の特徴2:肌のターンオーバーが遅くなり、肌の修復に時間がかかる

40、50代になると赤みや色素沈着(シミ)のニキビ跡が消えにくくなる特徴があります。
これは、加齢により肌のターンオーバーのサイクルが遅くなり(新陳代謝が悪くなる)、炎症した肌の回復に時間がかかってしまうからです。

20代のころは、28日周期だった肌のターンオーバー(肌が生まれ変わるサイクル)も、40代に入ると40~50日もかかるといわれています。
そのため、ニキビ跡ができてしまうと、肌の再生に時間がかかるため、消えにくいという特徴があります。

また、ターンオーバーが遅くなると、お肌全体が弱くなり、敏感肌になってしまうこともあります。

40、50代の更年期にできたニキビ跡の対処法

ニキビ跡は、年齡に関係なく「色素沈着(シミ)」、「赤み」、「凸凹クレーター」といった症状別にケアしていくのが治す基本になります。

40、50代にできたニキビ跡には、3つのスキンケアのポイントがあります。

  • 定期的にピーリングケアをする
  • 美白化粧品を使う
  • 大豆イソフラボンを摂取する

対処法1:定期的にピーリングケアをする

ピーリングには、肌の新陳代謝を高め、肌のターンオーバーを正常なサイクルにもどす、保つ効果があります。
そのため、定期的にピーリングをすることで、黒や茶色に色素沈着したニキビ跡のシミ、くすみの改善と予防に効果的です。

ピーリング化粧品を使って自宅でケアするためには、グリコール酸(AHA)やサリチル酸(BHA)といった成分が含まれているピーリング石鹸、ジェル、化粧水を使う必要があります。

とくに「毛穴のたるみ」、「クレーター肌」には、グリコール酸(AHA)を配合している化粧品を使ったピーリングケアがおすすめです。

セルフピーリングに不安がある方は、エステや美容皮膚科でケミカルピーリンを受けることもできます。

対処法2:美白化粧品を使う

美白化粧品には、シミの原因となるメラニン色素が、肌の中で作られるのを防ぐ効果があります。
とくにエストロゲンが急激に減少する40、50代の更年期の方は、美白化粧品を毎日使って、日焼け対策をする必要があります。

ニキビ跡には、ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、アルブチンといった美白効果と赤みなどの炎症をおさえる効果のある成分を含んでいる美白化粧品が効果的です。

中でもビタミンC誘導体には、できてしまったシミに直接働きかける効果があります。
そのため、黒や茶色に色素沈着して残ったシミのニキビ跡におすすめの成分です。

また、パウダーファンデーションをしっかり塗るなどして、メイクで日焼けを防ぐことも大切です。

対処法3:大豆イソフラボンを摂取する

大豆イソフラボンには、エストロゲンと似たような働きをする効果があります。
そのため、大豆イソフラボンを多く含む大豆食品などの食べ物、サプリメントなどで摂取するようにしましょう。

また、睡眠や食事、適度な運動をするなどして、健康状態を高めておくことも重要です。

まとめ

40、50代の更年期にできるニキビ跡は、黒や茶色のシミが濃くなる色素沈着のニキビ跡が残りやすいという特徴があります。
そのため、「定期的にピーリングをする」、紫外線から肌を守るために「美白化粧品を使う」ことが美肌を作るスキンケアのポイントです。

美肌を保つエストロゲンが急激に減少する更年期は、体の変化とうまく付き合いながら、スキンケアはもちろん、食生活や睡眠などホルモンバランスの乱れに対処するための工夫をして対応していきましょう。

また、エストロゲンの減少は、お肌の不調だけではなく、イライライや頭痛といった体の不調(PMS)をまねくこともあります。

最近では、漢方薬を使った更年期の治療も見直されています。症状がつらい場合は、皮膚科や産婦人科を受診して相談してくださいね。

肌に赤み(紫)が残る症状

赤みのニキビ跡赤ら顔のようにみえる赤みのニキビ跡は、肌の修復を早める化粧水を使ってケアすることが重要になります。色素沈着を防ぐためにも早くケアしていきましょう。

赤みニキビ跡の治し方

肌に黒や茶色のシミのが残る症状

シミ・色素沈着のニキビ跡肌に黒や茶色のシミが残る色素沈着のニキビ跡は、美白化粧水を使ってケアすることが重要になります。なかなか消えないときは、ピーリングケアも効果的です。

色素沈着(シミ)のニキビ跡を消す方法

肌デコボコクレーターになる症状

凸凹クレーターのニキビ跡毛穴が目立つクレーター肌のニキビ跡を改善するためには、、最適な化粧品を使ってスキンケアをすることが大切です。自力でケアできる化粧品の選び方を紹介します。

凸凹クレーターニキビ跡を治す方法

肌に膨らんだしこりができる症状

しこりのニキビ跡しこりのニキビ跡は、スキンケアと皮膚科での治療を併用しておこなう必要があります。皮膚科の治療内容とニキビを予防するケア方法を紹介します。

しこりニキビ跡の治し方

40、50代(更年期)のニキビ跡をケアするための化粧品の選び方

おすすめの化粧水が知りたい

化粧水は、「有効成分が含まれている」、「肌に負担が少ない」化粧水を選ぶのがポイントです。ニキビ跡のケアにおすすめの化粧水を紹介します。

ニキビ跡におすすめの化粧水

おすすめのビタミンC誘導体化粧品が知りたい

ビタミンC誘導体は、高濃度でビタミンC誘導体が含まれている化粧水を選ぶのがポイントです。赤み、黒や茶色のニキビ跡におすすめの化粧品を紹介します。

ニキビ跡におすすめのビタミンC誘導体化粧品

おすすめのピーリング化粧品が知りたい

ピーリング化粧品は、グリコール酸(AHA)とサリチル酸(BHA)が含まれている化粧水、石鹸、ジェルを選ぶのがポイントです。厚くなった肌におすすめの化粧品を紹介します。

ニキビ跡におすすめのピーリング化粧品

おすすめの洗顔料・石鹸が知りたい

洗顔料、石鹸は、肌に優しく、しっとりとした使用感の商品を選ぶのがポイントです。肌に負担の少ないニキビ跡におすすめの洗顔料を紹介します。

ニキビ跡におすすめのクレンジング・洗顔料

ページの先頭へ