20代のニキビ跡の症状と対処法-前半、後半の時期で違う化粧水選び

管理人ミユキ(左)

体と環境の変化の多い20代にできるニキビ跡は、前半と後半の時期で違った症状があります。

ニキビ跡ができやすい部位が違う」ことが、大きな特徴であり、化粧水や美容液のほかに適切なスキンケアをする必要があります。

このページでは、20代前半と後半にできるニキビ跡の症状とその対処法について紹介しています。

20代にできるニキビ跡の特徴的な症状

20代にできるニキビ跡は、前半と後半で違った症状の特徴があります。
前半と後半の時期の特徴について詳しく紹介していきますね。

Tゾーン(おでこ、鼻)にできやすい20代前半

Tゾーン

20代前半にできるニキビ跡は、皮脂分泌の多いTゾーン(おでこ、鼻)にできやすい特徴があります。

また、学生から社会人になるなど、環境変化によるストレスで、ニキビの炎症がひどくなりやすい時期です。
そのため、赤みやクレーターといったニキビ跡残ってしまうことがあります。

Uゾーン(顎や頬、口周り)にできやすい20代後半

Tゾーン

20代後半にできるニキビ跡は、大人ニキビができやすいUゾーン(顎や頬、口周り)にできやすい特徴があります。

肌が乾燥しやすく、肌のターンオーバーのサイクルが乱れやすい時期です。
そのため、赤みや色素沈着(シミ)のニキビ跡が治らないといったトラブルグがおきやすいです。

また、顔以外にも首、背中や胸、お尻など、体にできる方もいます。

20代にできたニキビ跡の対処法

ニキビ跡は、年齡に関係なく、「赤み」、「色素沈着(シミ)」、「凸凹クレーター」といった症状別にケアしていくのが治す基本になります。

20代にできるニキビ跡は、前半と後半で対処法が異なってきます。

皮脂分泌が多い20代前半は、「ビタミンC誘導体化粧品を使う」、「肌を清潔に保つ」、「保湿ケア」の3つ。
肌が乾燥しやすい20代後半は、「定期的なピーリング」、「保湿ケア」の2つが効果的です。

対処法1:洗顔で肌を清潔に保つ

1日2回(朝、夜)の洗顔で、皮脂や汚れをとり除き、肌を清潔に保ちましょう。

とくに皮脂分泌が多くなりやすい20代前半は、毛穴に皮脂が詰まりやすい時期です。
そのため、水洗顔ではなく、洗顔料や石鹸を使い、肌の汚れを洗い流すことが必要です。

洗顔料や石鹸は、保湿成分が含まれていて、しっとりとした使用感の商品を選ぶのがポイントになります。

対処法2:ビタミンC誘導体化粧品を使う

ビタミンC誘導体は、「赤み」、「色素沈着(シミ)」、「クレーター肌」といったニキビ跡のケアにおすすめの成分です。

とくに皮脂が過剰に分泌しやすい20代前半は、ビタミンC誘導体を配合している化粧品を使うことで、皮脂の分泌をおさえることができます。

また、肌のテカリが気になる方にもおすすめの成分です。

対処法3:定期的なピーリング

ピーリングには、厚くなった皮膚(角質)を剥がし、肌のターンオーバーを正常なサイクルにもどす効果があります。
とくに皮膚が厚くなりやすい20代後半のニキビ跡の改善には、定期的にピーリングケアをすると効果的です。

ピーリング化粧品を使って自宅でケアするためには、グリコール酸(AHA)やサリチル酸(BHA)といった成分が含まれているピーリング石鹸、ジェル、化粧水を使う必要があります。

ピーリングは、1週間に1〜2回の頻度でおこなうようにしましょう。

自宅でのセルフピーリングに不安がある方は、エステや美容皮膚科でケミカルピーリンを受けることができます。

対処法4:保湿ケアをする

セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿成分を配合している化粧品を使ってスキンケアをしましょう。
肌が乾燥してしまうと、肌のターンオーバーが乱れ、皮膚が厚くなってしまいます。そうするとニキビ跡を治すのに期間がかかってしまうこともあります。

皮脂が多めの20代前半、脂性肌(オイリー肌)の方は、「油分(オイル)の少ない保湿化粧品」、肌が乾燥しやすい20代後半の方は、「油分(オイル)が多めの保湿化粧品」を選ぶのがポイントです。

まとめ

20代にできるニキビ跡は、前半と後半の時期で症状と対処法が違う特徴があります。
そのため、早く治すためには、赤み、色素沈着、クレーターといった症状別のケア方法と併用して、20代の肌質にあったスキンケアをする必要があります。

また、仕事とプライベートが忙しくなる20代は、睡眠や食生活などの生活習慣のリズムが乱れやすい時期です。
「6時間以上の睡眠時間を確保する」、「栄養バランスのよい食生活をする」、ヨガやウォーキングなど「適度に運動をして、ストレスを発散する」ようにしてくださいね。

肌に赤み(紫)が残る症状

赤みのニキビ跡赤ら顔のようにみえる赤みのニキビ跡は、肌の修復を早める化粧水を使ってケアすることが重要になります。色素沈着を防ぐためにも早くケアしていきましょう。

赤みニキビ跡の治し方

肌に黒や茶色のシミのが残る症状

シミ・色素沈着のニキビ跡肌に黒や茶色のシミが残る色素沈着のニキビ跡は、美白化粧水を使ってケアすることが重要になります。なかなか消えないときは、ピーリングケアも効果的です。

色素沈着(シミ)のニキビ跡を消す方法

肌デコボコクレーターになる症状

凸凹クレーターのニキビ跡毛穴が目立つクレーター肌のニキビ跡を改善するためには、、最適な化粧品を使ってスキンケアをすることが大切です。自力でケアできる化粧品の選び方を紹介します。

凸凹クレーターニキビ跡を治す方法

肌に膨らんだしこりができる症状

しこりのニキビ跡しこりのニキビ跡は、スキンケアと皮膚科での治療を併用しておこなう必要があります。皮膚科の治療内容とニキビを予防するケア方法を紹介します。

しこりニキビ跡の治し方

20代のニキビ跡をケアするための化粧品の選び方

おすすめの化粧水が知りたい

化粧水は、「有効成分が含まれている」、「肌に負担が少ない」化粧水を選ぶのがポイントです。ニキビ跡のケアにおすすめの化粧水を紹介します。

ニキビ跡におすすめの化粧水

おすすめのビタミンC誘導体化粧品が知りたい

ビタミンC誘導体は、高濃度でビタミンC誘導体が含まれている化粧水を選ぶのがポイントです。赤み、黒や茶色のニキビ跡におすすめの化粧品を紹介します。

ニキビ跡におすすめのビタミンC誘導体化粧品

おすすめのピーリング化粧品が知りたい

ピーリング化粧品は、グリコール酸(AHA)とサリチル酸(BHA)が含まれている化粧水、石鹸、ジェルを選ぶのがポイントです。厚くなった肌におすすめの化粧品を紹介します。

ニキビ跡におすすめのピーリング化粧品

おすすめの洗顔料・石鹸が知りたい

洗顔料、石鹸は、肌に優しく、しっとりとした使用感の商品を選ぶのがポイントです。肌に負担の少ないニキビ跡におすすめの洗顔料を紹介します。

ニキビ跡におすすめのクレンジング・洗顔料

ページの先頭へ