ニキビとニキビ跡の症状-症状を理解して改善の準備をする

管理人ミユキ(左)

こちらでは、ニキビとニキビ跡の症状について詳しく紹介しています。
ニキビ、ニキビ跡の症状や種類を理解することで改善する準備をしていきましょう。

ニキビとニキビ跡の種類を理解する

ニキビとニキビ跡を改善していくためには、まずはご自身の症状や種類をしっかり理解しておく必要があります。
なぜならば、症状や種類によって治し方の方法が変わってくるからです。

また、自力のケアで治せるのか、皮膚科などの医療機関を受診したほうがよいかなどの判断もできるようになりますので、しっかり理解していきましょう。

ニキビの種類を知ろう

ニキビは、不規則な生活や強いストレスなどによるホルモンバランスの乱れなど、なんらかの原因で毛穴の出口の角質が厚くなることにより、毛穴の中で皮脂が詰まりアクネ菌が増えだすことで、できる吹き出物です。

そして、この詰まった毛穴の中でアクネ菌が過剰に繁殖してしまうと毛穴の中で炎症がおこり、ニキビが炎症ニキビへと悪化していきます。

ニキビは、症状の状態により5種類に分類することができ、ひどい症状ほどニキビ跡として残ってしまう危険性が高くなります。

以下のページで、ニキビの種類の症状と原因について詳しく紹介しています。

ニキビの種類と原因

ニキビ跡の種類を知ろう

ニキビ跡は、炎症ニキビが治ったあとにニキビが痕として肌に残ってしまう症状のことです。
炎症がひどく、ニキビを治すのにに時間がかかってしまった場合などに、ニキビ跡として残ってしまうことがあります。

そして、ニキビ跡は、ニキビの炎症の程度により、症状のひどさが異なり、種類も異なります。

以下のページでニキビ跡の種類の症状と原因について詳しく紹介しています。

ニキビ跡の種類と原因

ニキビとニキビ跡の症状

ニキビ跡は、体や顔の部位、痛い、かゆい、ブツブツなど、症状は様々です。
症状をしっかり理解して、正しいスキンケアをしていきましょうね。

体にできるニキビ跡

ニキビやニキビ跡は、皮脂腺が通ってる場所であれば、顔だけではなく体にもできます。
体でニキビやニキビ跡ができやすい場所が背中、胸、お尻です。

とくに背中や胸にできてしまうと胸や背中が大きくあいている服を着るときに目立ってしまうので、着るのが嫌になってしまいますよね。

そこで、背中や胸、お尻などにできるニキビやニキビ跡の症状と原因をしっかり理解して、改善、予防をしていきましょう。

以下のページで体にできるニキビ跡の症状と原因について紹介しています。

体にできるニキビ跡症状と原因

顔にできるニキビ跡

ニキビ跡といったら顔のイメージだと思います。
しかし、顔といっても顎や鼻、頬、おでこ、口周り、こめかみ、など顔の場所によってニキビやニキビ跡のできやすさ、できやすいニキビ跡の種類が異なります。
また、原因も異なってきます。

ですので、ニキビ跡を早く改善するためにも顔に場所によるニキビ跡の症状や原因をしっかり理解していきましょう。

顔にできるニキビ跡症状と原因

その他のニキビ跡の症状

こちらでは、ニキビ跡に痛み、かゆみ、ブツブツなど、ニキビ跡の種類と一緒におこりやすい症状についてまとめています。
症状で悩んでいるときに参考にしてくださいね。

ニキビ跡のかさぶたの症状と治す方法-痕として残さないための対処法

ニキビ跡がかゆい症状の原因と対処法

ニキビ跡肌の赤ら顔の症状と対処法

ニキビ跡肌のくすみの症状と対処法

ニキビ跡の肌にできたブツブツの原因と症状

ニキビが内出血の跡として残る症状と対処法

ニキビ跡の肌が「ゴワゴワ」「ザラザラ」する症状の原因と対処法

年代別にできるニキビとニキビ跡の症状

ニキビは、10代の思春期、20代以降の大人時期、閉経前後の更年期で、ニキビができる原因が異なります。
年代別の要因をしっかりと理解しないままケアをしてしまうと、ニキビが治らずに炎症がひどくなってしまったり、繰り返しできてしまったりと、ニキビ跡が残ってしまう原因になります。

そのため、年代別のニキビとニキビ跡の症状と原因を理解して、ケアする準備をしていきましょう。

年代別のニキビとニキビ跡の症状

肌質別のニキビ跡の症状

ニキビ跡は、肌質(脂性肌、乾燥肌、混合肌、普通肌、敏感肌、アトピー肌、ニキビ肌)ごとに赤みや茶色が目立ったり、肌の乾燥やベタつきが気になったりと、肌質によって症状や状態に違いがあります。

そのため、肌の状態に合わせて適切なスキンケアをする必要があります。

肌質別のニキビ跡の症状-肌質にあった改善法を知る

生理のときにできるニキビとニキビ跡の症状

女性ホルモンの卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量が、生理周期(約28日)で変化するため、ニキビができやすくなったり、できているニキビがひどくなり、ニキビ跡が残る原因になります。

生理前になるとニキビができやすい、生理後もニキビが治らずに炎症がひどくなってしまうという方は、女性ホルモンのバランスが崩れている可能性があります。

まずは、生理のときにニキビができやすくなる原因をしっかりと理解していきましょう。

生理のときにできるニキビとニキビ跡の症状

妊娠中、出産後にできるニキビの症状

妊娠中は、女性ホルモンバランスの急激な変化、つわりなどによる栄養不足、慣れない環境へのストレスなどにより、ニキビができやすい状態です。
また、出産後は、慣れない子育てによるストレスや寝不足、鉄分不足による貧血などが原因となりニキビができやすく、悪化しやすいため、ニキビ跡として残ってしまうことがあります。

まずは、妊娠中、出産後にニキビができる原因を理科して、対処する準備をしていきましょう。

妊娠中にできるニキビの原因と対処法

出産後にできるニキビの症状と原因

毛穴トラブルの悩みの症状

ニキビやニキビ跡で悩んでいる方の中には、毛穴の開きや黒ずみといった毛穴にトラブルを抱えている方もいます。

毛穴にトラブルがあるとニキビが繰り返しできてしまったり、ニキビ跡が治りにくくなってしまいます。
そのため、しっかりと毛穴が目立つ原因を理解して、正しいスキンケアをおこない改善していく必要があります。

まずは、毛穴が目立つ原因と症状から理解していきましょう。

ニキビ跡の肌の毛穴が目立つ原因は?

まとめ

ニキビやニキビ跡を早く改善していくためには、しっかりニキビやニキビ跡の種類と症状を理解し、正しいケアをおこなっていく必要があります。
ご自身の状態と当てはめてみて、ニキビ、ニキビ跡の種類や症状を把握していきましょう。

肌に赤み(紫)が残る症状

赤みのニキビ跡赤ら顔のようにみえる赤みのニキビ跡は、肌の修復を早める化粧水を使ってケアすることが重要になります。色素沈着を防ぐためにも早くケアしていきましょう。

赤みニキビ跡の治し方

肌に黒や茶色のシミのが残る症状

シミ・色素沈着のニキビ跡肌に黒や茶色のシミが残る色素沈着のニキビ跡は、美白化粧水を使ってケアすることが重要になります。なかなか消えないときは、ピーリングケアも効果的です。

色素沈着(シミ)のニキビ跡を消す方法

肌デコボコクレーターになる症状

凸凹クレーターのニキビ跡毛穴が目立つクレーター肌のニキビ跡を改善するためには、、最適な化粧品を使ってスキンケアをすることが大切です。自力でケアできる化粧品の選び方を紹介します。

凸凹クレーターニキビ跡を治す方法

肌に膨らんだしこりができる症状

しこりのニキビ跡しこりのニキビ跡は、スキンケアと皮膚科での治療を併用しておこなう必要があります。皮膚科の治療内容とニキビを予防するケア方法を紹介します。

しこりニキビ跡の治し方

ページの先頭へ