ニキビやニキビ跡を治すための基礎知識

管理人ミユキ(左)

ニキビとニキビ跡の基礎知識をこちらのページでは紹介しています。

ご自身のニキビやニキビ跡の原因や症状の種類を理解し、改善、予防に取り組む際の知識として役立ててくださいね。

ニキビとニキビ跡の関係について

ニキビは、不規則な生活や強いストレスなどによるホルモンバランスの乱れなど、なんらかの原因で毛穴の出口の角質が厚くなることにより、毛穴の中で皮脂が詰まりアクネ菌が増えだすことで、できる吹き出物。
症状の状態により5種類に分類することができます。


そして、この詰まった毛穴の中でアクネ菌が過剰に繁殖してしまうと毛穴の中で炎症がおこり、ニキビが炎症ニキビへと悪化していきます。

ニキビ跡は、炎症ニキビが治ったあとにニキビ痕として肌に残ってしまう症状のことです。
炎症がひどく、ニキビを治すのにに時間がかかってしまった場合などに、ニキビ跡として残ってしまうリスクが高くなります。
そして、ニキビ跡は、ニキビの炎症の程度により、症状のひどさが異なり、種類も異なります。

そのため、ニキビ跡は、軽いニキビの状態で治してしまえば、できない症状なんです。

ニキビやニキビ跡で悩まいためにも、まずは、ニキビとニキビ跡の原因、種類と症状をしっかり理解し、改善と予防につなげていきましょう。

ニキビ跡の原因

ニキビ跡には種類がいくつかあり、それぞれできる原因は種類ごとに異なります。

でも、基本的にニキビ跡ができる原因はニキビにあります。
これは、ニキビができなければニキビ跡ができないからです。

そのため、ニキビが痕として残ってしまう原因を知ることで、できたニキビを悪化させてしまっている悪い習慣を知ることができます。

以下のページで、ニキビ跡ができる原因について詳しく紹介しています。

ニキビとニキビ跡の症状


ニキビとニキビ跡といっても症状や種類は1種類ではありません。
ニキビは症状の状態により5種類のニキビに分類ができ、ニキビ跡は症状により4種類に分類することができます。

また、かゆみ、痛みなどといった症状もともないますし、顔だけではなく、背中や胸、お尻といった体にもニキビやニキビ跡はできます。

そして、症状や種類、できる場所によってケア方法も異なってきます。
なので、まずは自分がどの症状、種類のニキビ、ニキビ跡なのかを理解しなければいけません。

ということで、以下のページで、ニキビとニキビ跡の症状について詳しく紹介しています。

ニキビ跡と食べ物について


ニキビ跡に効果のある食べ物を食べることで、体の内側からニキビ跡が治るのを助けることができます。
ただ、ニキビ跡を治すのに効果がある食べ物を食べたからといってニキビ跡が治るわけではありません。

食べ物は、あくまでも体の内側から治りやすい環境を整える役割をするもので、即効性のある薬ではないので注意してくださいね。

以下のページで、ニキビ跡におすすめの食べ物・食事について紹介しているので参考にしてください。

ニキビ跡の予防について

ニキビ跡を予防するためには、ニキビ跡の原因となる「ニキビを作らない」「できてしまったニキビを悪化させない」ことです。
そのためには、生活リズム、睡眠、食生活、毎日のスキンケアが重要になります。

以下のページでニキビ跡を予防する方法について紹介していますので参考にしてください。

美容皮膚科・病院のニキビ跡の治療内容


こちらでは、皮膚科でのニキビ跡の治療内容について紹介しています。

ニキビ跡って、
「皮膚科で治療できるの?」
「皮膚科の治療の費用は?」
「どこの病院、何科を受診すればいいの?」
などなど、ニキビ跡を皮膚科で治療したいけど、不安や疑問があり受診するのをためらっていませんか?

そこで、以下のページで皮膚科の治療内容について紹介していますので参考にしてください。

ニキビ跡のQ&A

こちらでは、当サイトの読者様から頂いた質問とその回答をご紹介します。

まとめ

ニキビの基礎知識では、ニキビやニキビ跡ができる原因、症状や種類、皮膚科での治療内容についてお話してきました。
ニキビやニキビ跡を改善していくためには、「治す方法」だけではなく、基礎的な知識を理解しておくことも大切です。

なぜなら、基礎知識を理解していなければ、治す方法がわからないからです。
また、治っても同じ過ちをして、ニキビやニキビ跡を再発させてしまう恐れもあります。

そのため、しっかりニキビとニキビ跡の基礎知識について理解していきましょう。

こんな症状で悩んでいませんか?

肌に赤紫、赤みが残る症状 赤みのニキビ跡

ニキビ跡の赤みは、ニキビがなおったあとに肌に赤みが残ってしまう症状です。しっかりケアをすることで簡単に治すことができます。赤みを治すために必要なことを紹介しています。

赤みのニキビ跡を治す方法

肌に黒や茶色のシミのが残る症状 シミ・色素沈着のニキビ跡

色素沈着したニキビ跡は、肌に黒や茶色のシミが残ってしまう症状です。悪化させてしまうと消えにくくなってしまいますが、しっかりケアをすることで消すことができます。

色素沈着・シミのニキビ跡を消す方法

肌が陥没してクレーター状になる症状 凸凹クレーターのニキビ跡

クレーターのニキビ跡は、肌が陥没してクレーターのようにデコボコになってしまう症状です。ニキビ跡の中でも一番ひどい症状ですので、根気強く、長い期間かけてケアしていく必要があります。

凸凹クレーターのニキビ跡を治す方法

肌に膨らんだしこりが残る症状 しこりのニキビ跡

しこりのニキビ跡は、肌が膨らんでしこりになってしまう症状です。スキンケアと皮膚科での治療を併用してニキビの予防ケアとしこりの改善ケアをしていく必要があります。

しこりのニキビ跡を治す方法

ページの先頭へ