ニキビ跡をメイクで隠す-メイクの方法とポイントを解説

管理人ミユキ(左)

こちらでは、ニキビ跡を隠すメイクの方法やベースメイク化粧品の選び方について紹介しています。

ニキビ跡を完全に隠すことは難しいかもしれません。
しかし、化粧で隠して目立たなくすることはできますので、メイクをするさいの参考にしてくださいね。

ニキビ跡をメイクで隠す方法-補色とポイントメイクを使う


ニキビ跡をメイクで隠すポイントは、コントロールカラーなどの補色を利用したり、ポイントメイクでニキビ跡のない場所を強調したりすることでニキビ跡を目立ちにくくすることです。

えっ!ファンデーションやコンシーラーで隠すんじゃないの?」と思われる方もいるかと思います。
もちろん、ファンデーションやコンシーラーを上手に使うこともポイントです。

しかし、ファンデーションやコンシーラーに頼りすぎると、どうしても化粧が厚くなってしまいますよね?
この化粧の厚塗り感を防ぐためにも、コントロールカラーの補色やポイントメイクを上手に活用してメイクすることが大切なんです。

また、ベースメイクの総仕上げとしてフェイスパウダーをファンデーション、コンシーラーの後につけることで顔全体が明るくなり、ニキビ跡を目立たなくさせることができます。

ニキビ跡の種類別のメイク方法とポイント

ここでは、ニキビ跡の種類ごとの隠すメイク方法について紹介しています。

赤みのニキビ跡を隠すメイク


赤みのニキビ跡を隠すメイクのポイントは、黄色のコントロールカラーを使うことです。
赤色に対する補色として黄色を加えることで肌色と調和して赤みが目立ちにくくなります。

ポイントで赤みが気になる場合は、コンシーラーを綿棒や平筆でポイント状につけて隠してください。

ファンデーションやコンシーラーを厚く塗ってしまうと厚化粧になってしまいます。
そのため、コントローカラーを使ったメイクで、赤みを隠すことがポイントになります。

また、肌の色を白くみせたいからといって、白色のファンデーションを使ってしまうと、かえって赤みが目立ってしまうので注意してくださいね。

シミ・色素沈着のニキビ跡を隠すメイク


シミ・色素沈着のニキビ跡を隠すメイクのポイントは、化粧下地を塗った後に、カバー力の高いリキッドファンデーション選び、顔全体に塗っていくことです。

ファンデーションを塗っても気になる範囲が広範囲の場合は、再度ファンデーションを薄く塗り、それでも気になる箇所にはコンシーラーを使ってください。

しかし、コンシーラーを塗りすぎてしまうと化粧が厚ぼったく見えてしまいますので、何回かにわけて薄く塗っていくのがポイントです。

クレーターのニキビ跡を隠すメイク


肌が凸凹しているクレーターニキビ跡を隠すメイクのポイントは、化粧下地を使って肌の凸凹を平らにしてからファンデーションやコンシーラーを使うことです。
ファンデーションやコンシーラーで肌の凸凹を埋めてしまうと化粧が厚くなってしまい、厚塗り感がでてしまいます。

ナチュラルメイクで隠したい方は、化粧下地で肌の凸凹を平らにすることがポイントです。

管理人ミユキ(右)

ポイントメイクをを上手に使うことで他人からの視線を眼囲や口唇に集めることができ、ニキビ跡から視線をそらす効果がありますので、ポイントメイクも取り入れることもおすすめですよ。

また、以下のページでコンシーラーの使い方と塗り方について紹介しているので参考にしてくださいね。

コンシーラーでニキビやニキビ跡が悪化!?正しいコンシーラーの使い方と塗り方

ファンデーション・コンシーラーの選び方

ここでは、ニキビ跡を隠すメイクに使うファンデーションやコンシーラーの選び方について紹介していきます。

ファンデーションの選び方


ファンデーションは、赤みやシミ・色素沈着のニキビ跡の場合は、カバー力の高いリキッドファンデーションやクリームファンデーションを選ぶのがおすすめです。
しかし、ニキビの症状が混在している場合は、油分の少ないパウダーファンデーションを選び、隠すことより、ニキビを治すことを優先してください。

ファンデーションの色は自分の肌の色より少し暗い色を選ぶのがポイントです。
肌より明るい色だと赤や黒・茶色といったニキビ跡の色をカバーすることができずに、より目立たせてしまう危険性があるので気をつけてください。

コンシーラーの選び方

コンシーラーには、以下の4つの種類があり、カバー力は右に行くほど高くなります。

リキッドタイプ<クリームタイプ<スティックタイプ=ペンシルタイプ

ニキビ跡の範囲によってクリームタイプとスティックタイプを使い分けるのがおすすめ。


カバー力の高いスティックタイプのコンシーラーで広範囲をカバーしてしまうと厚化粧になってしまう危険性があります。
ニキビ跡が広範囲に及んでいる場合は、クリームタイプ、狭い場合はスティックタイプのように使い分けしてください。

コンシーラーの色は、ファンデーションと同じく肌の色より少し暗い色を選びのがポイントです。

コンシーラーについては以下のページでおすすめの商品を紹介しています。

ニキビ跡を隠すのにおすすめのコンシーラー

まとめ

赤みや色素沈着、クレーターの症状によって化粧のメイクのポイントが違ってくることがおわかりいただけたと思います。
メイクでニキビ跡を上手に隠せるようになると毎日のメイクも楽しくなるはずです。

しかし、メイクでニキビ跡が隠せるようになったから「ニキビ跡を治すのは諦めた」とならずに、継続的にスキンケアをしてニキビ跡の改善していくことが必要です。

メイクでニキビ跡を隠すのは、あくまでも応急処置です。

とくにクレーター肌のニキビ跡は、隠しているだけではいつまでたってもニキビ跡が治らないという方が多数います。
メイクと併用して、しっかり治していく方法を知りたいといった方、ご自分の症状にあったニキビ跡のケア方法もチェックしてくださいね。

ニキビ跡を治すために必要なケア方法

凸凹クレーター肌の治し方 凸凹クレーターのニキビ跡

みかん肌のように肌がボコボコになるニキビ跡は、皮膚の中のコラーゲンを増やしてあげることで、少しずつ改善していくことができます。

凸凹クレーターのニキビ跡を治す方法

肌に赤紫、赤みが残る症状の治し方 赤みのニキビ跡

肌に赤みがでるニキビ跡は、早い段階から化粧品を使ってスキンケアをすることで、症状をひどくさせずに治すことができますので、しっかりケアしていきましょう。

赤みのニキビ跡を治す方法

肌に黒や茶色のシミが残る症状の治し方 シミ・色素沈着のニキビ跡

肌に黒や茶色のシミが残ってしまう色素沈着のニキビ跡は、肌のターンオーバーを促進する効果のある化粧品を使ってケアすることで少しずつ消していくことができます。

ニキビ跡の色素沈着を消す方法

肌に膨らんだしこりが残る症状 しこりのニキビ跡

しこりのニキビ跡の改善には、スキンケアに予防と皮膚科の治療を併用しておこなっていく必要があります。正しいケアを方法を理解して少しずつ対策していきましょう。

しこりのニキビ跡を治す方法

ページの先頭へ