管理人ミユキ(左)

ハイドロキノンは、美容皮膚科でシミや色素沈着したニキビ跡の治療に使われている美白成分です。
市販の化粧水やクリームといった美白化粧品にも配合されているので、ご存知の方も多い成分だと思います。

こちらでは、ハイドロキノン外用薬の特徴や効果について紹介します。
刺激の強い成分なので、間違った使い方をすると肌トラブルを引き起こすこともありますので、正しい使い方や塗り方を理解していきましょう。

ハイドロキノンはどういった塗り薬なの?

ハイドロキノンは、アメリカやヨーロッパで40年以上前から美白化粧品に使われている美白成分です。

日本では、2001年に規制緩和されるまで、肌への刺激が強く、かぶれなどの副作用の危険性があることから、美容皮膚科などの医療機関でしか扱われていませんでした。
現在は、安全性のデータが確立しているメーカーでのみ、ハイドロキノンの化粧品への配合が許可されています。

どんな症状に使われるの?

ハイドロキノンには、シミや色素沈着の原因となる「メラニン色素が作られるのをおさえる効果」、「肌に残った黒や茶色といったシミやそばかすに直接作用して薄くする効果」の2つの働きをする美白成分です。
そのため、シミやそばかす、黒や茶色の色素沈着したニキビ跡の症状の改善に使われます。

注意する点として、紫、赤みや凸凹クレーターといったニキビ跡や炎症しているニキビの症状には効果がありません。
ハイドロキノンは、赤みや凸凹クレーター、色素沈着といったニキビ跡の症状や赤みなどの炎症ニキビに効果があると勘違いされている人もいますが、ハイドロキノンはあくまでも美白成分ですので注意してください。

ハイドロキノンの使用方法

こちらでは、ハイドロキノンの基本的な使用方法について紹介します。
ハイドロキノンを使用する場合は、肌への刺激が強いため、腕などでパッチテストをして、問題がなかったら使用を開始してください。

使い方・塗り方は?

基本的な使い方、塗り方は、1日2回の洗顔後に化粧水や乳液、クリームでしっかりと保湿ケアをしたあとにシミや色素沈着している部分に薄く(マッチ棒の先ぐらい)塗ってください。

シミができていない部分にハイドロキノンを塗ってしまうと、白班ができるなどの肌トラブルがおきる可能性もあります。
そのため、シミ、色素沈着している部分のみにピンポイントで塗れるよう綿棒などを使って塗るのがおすすめです。

使用中は、SPF20以上の日焼け止めを使用する

ハイドロキノンを使用中は、肌が敏感になるため、紫外線を浴びると肌に赤みがでたり、シミが濃くなったりする場合があります。
短時間でも日中に外出のさいは、SPF20以上の日焼け止めを使用する、日傘や防止をかぶるなど、紫外線紫外線を必ずしてください。

使用期間は?

ハイドロキノンは、肌への刺激が強いため、3ヶ月までを目安として一度休止します。
効果が出るまでの期間は、早くて2、3週間~2ヶ月と言われ、長期間、同じ部位に使用し続けると、肌が弱くなってしまうなどの副作用がでる危険性もあるため、シミが薄くなったら使用を中止してください。

また、ハイドロキノンは酸化しやすく安定性が悪いため、長期間放置しておくと、茶色く変色したり、効果が落ちたりする可能性がありますので、使用期限は必ず守りましょう。
しっかりと蓋をして冷暗所で保管するなど、保管方法にも気をつけることがポイントです。

美容皮膚科で処方される濃度は?

ハイドロキノンを使う場合は、配合濃度にも注意する必要があります。

医師の指導の下でしか使えませんでしたが、現在は化粧品規制緩和によって化粧品にも低濃度の配合が可能になりました。
濃度が4%以下のハイドロキノンコスメであれば、一般的な使用状況下で白斑の副作用はおきにくいとされています。

4%以上の高濃度の場合には、刺激が強く副作用のリスクも高くなるため、医薬機関での処方が必要になります。
日本の美容皮膚科では、1~5%までの濃度のハイドロキノンが処方されています。

ハイドロキノン1%~3%

刺激や副作用が少なく、一般的に安全性の高い配合濃度で初心者におすすめ。
そのぶん効果や即効性が低くなると言われています。

肌が弱い人は、濃度が低くても肌に刺激を感じる場合があります。

ハイドロキノン4%~5%

美容皮膚科などでもよく処方される濃度で、即効性も期待できます。
市販品でもOKの濃度ですが、1%~3%に比べ、ピリピリとした刺激を感じる場合があります。

肌への刺激も強いので、効果を感じられた時点で使用を中止します。
肌に合うか、必ずパッチテストを行なってから使用しましょう。

ハイドロキノンの副作用は?

ハイドロキノンは、医師の指導のもと、使い方、塗り方、使用期限を守っていれば、副作用がでることが少ないといわれています。
しかし、強い成分のため、肌に刺激が強く、副作用が生じる場合もあります。

以下にハイドロキノンの使用が原因でおこる副作用をまとめておきますね。

  • かぶれ
  • かゆみ
  • 赤み
  • ヒリヒリする
  • 皮膚炎(炎症)
  • アレルギー症状
  • 白斑
  • 色素沈着

もし、上記のような副作用の症状がみられる場合は、すぐに使用をやめて医師に相談してください。

ハイドロキノンでよくあるQ&A

ニキビにハイドロキノンは効果があるの?
ハイドロキノンを使用することで、ニキビが悪化して増えることがあります。
これは、ハイドロキノンがニキビの炎症を悪化させてしまうことがあるためです。
ニキビの炎症がひどくなると色素沈着して肌に残ってしまうことがありますので、注意してください。

ハイドロキノンは、ニキビ跡の色素沈着には有効ですが、炎症を起こしているニキビ肌には向いていません。
炎症したニキビがある場合は、まずニキビを治療してから使用しましょう。

ハイドロキノン-トレチノイン療法は効果があるのですか?
ハイドロキノンは、トレチノインを併用して使うことで、肌への浸透力が高くなるといわれています。
そのため、美容皮膚科などでは、ピーリング効果があり、肌の新陳代謝を促す効果のあるトレチノインと併用して処方されることがあります。

トレチノインについては、トレチノインの効果と使い方の記事で詳しく紹介しています。

まとめ

ハイドロキノンは、肌に残ってしまったシミやニキビの色素沈着を薄くする効果のある優れた美白成分です。
しかし、肌への刺激が強く副作用のリスクもあるため、濃度や使用期間、使い方を守って使用しなければいけません。

最近では、amazonや楽天、個人輸入の通販サイトで、ハイドロキノンクリームを購入することができますが、ハイドロキノンを使用する場合は、美容皮膚科などで、医師の指導のもと使うことがオススメです。