管理人ミユキ(左)

こちらでは、大塚製薬のアクアチムクリームの効果や特徴、副作用などについて紹介しています。

アクアチムクリームは、使用を間違えるとニキビが治りにくくなることがありますので、正しい使い方や塗り方について理解していきましょう。

アクアチムクリームってはどんな薬なの?

アクアチムクリームは、細菌が増えて炎症をひどくなるのをおさえる殺菌作用の塗り薬で、「ニキビ」、「おでき」や「とびひ」などの皮膚感染症の治療に用いられます。

アクアチムには、ローション、クリーム、軟膏の3つのタイプがあります。

ローションは、サラサラ液体で、化粧水のように広範囲に使用できるので、範囲が広い背中ニキビの症状に処方され、顔のニキビには保湿力のあるアクアチムクリームが処方されます。
軟膏はクリームよりもベタつきが強く粘性が高いため、汗をかいても落ちにくく、体にできるる「とびひ」などの症状に使われることが多いようです。

アクアチムクリームに配合されている成分の効果は?

アクアチムクリームは、「ナジフロキサシン」という新キノロン系の抗菌薬が主成分として配合されています。

「ナジフロキサシン」は、ニキビの原因であるブドウ球菌やアクネ菌を殺菌して増えるのを防ぎ、ニキビの炎症をおさえる効果があります。

ただ、抗菌剤のため、炎症している赤ニキビや黄ニキビの症状は効果が期待できますが、ニキビのできはじめの白ニキビの治療には使われることが少ないようです。

抗菌剤を長い期間、使用すると、耐菌性が生じて薬が効かなくなってしまう場合もありますので、、注意してくださいね。

アクアチムクリームの正しい使い方と塗り方

基本的な使い方を紹介していきますね。

1日2回、「朝の洗顔後」と「夜の風呂上がり後」に適量をキレイな手で患部に塗ってください。

化粧水を使用する場合は、化粧水を使用した後に、ニキビの部分だけに薄くなじませるように塗ります。
塗布後に化粧水をつけると、アクアチムクリームがニキビ以外の場所にも伸びて、関係のない菌まで殺菌されて肌荒れの原因になりますので、注意してくださいね。

また、肌が乾燥している場合は、化粧水の後に美容液や乳液で保湿ケアをしてからアクアチムクリームを塗ってください。

皮膚科でもアクアチムクリームと併せて、ヒルドイドソフト軟膏などの保湿クリームや軟膏を処方してもらえるので、肌の乾燥が気になる場合は先生に相談してみてください。

耐性菌ができてしまうので、使用期間に注意しましょう

抗生物質は、使い続けることによって体の中に抗生物質に対する耐性菌ができてしまい、効果がなくなってしまうこともあります。

アクアチムクリームの使用期間の目安は、2~4週間で、炎症が治り、赤みや腫れが落ち着いてきたら使うのをやめていきます。

炎症がひどいニキビだと1週間~2週間、症状によって医師に指示される使用期間が異なる場合があります。
医師に指示された期間を使っても効果がない場合は、塗るのをひかえて、医師と相談して違う治療薬や治療法に切り替えてもらいましょう。

アクアチムクリームの副作用は?

アクアチムクリームの副作用は、かゆみ、発赤、つっぱり感、刺激感、かぶれなどの症状が報告されています。
もし、アクアチムクリームを塗って「赤み」や「かゆみ」などの肌トラブルが生じた場合は、早めに受診して相談してください。

とくにアレルギーや敏感肌の方は、副作用がでてしまうことがありますので、注意して使用してください。

アクアチムクリームでよくあるQ&A

こちらでは、アクアチムクリームのことでよくある質問をまとめています。

ニキビが悪化(赤み、ブツブツ)したらどうしたらいいの?
アクアチムクリームは炎症をおさえる働きがあるため、炎症を伴う赤ニキビに効果があります。
一方で、皮脂や膿があるニキビに使用すると、炎症は治まっても膿や皮脂が残ってしまい、紫ニキビやしこりになる場合があるようです。

もし、アクアチムクリームを使用して症状がひどくなるようでしたら、自分で判断せずに、医師に相談してください。

ニキビ跡には効果があるの?
主成分のナジフロキサシンは、赤ニキビの腫れやニキビ跡の炎症(赤み)をおさえる作用がありますが、できてしまったシミ、色素沈着、クレーターといったニキビ跡には効果がありません。
ニキビ跡が残る前に、ニキビの炎症(赤み)を治療することで、予防することはできます。
大人ニキビには効かない?
アクアチムクリームは、ニキビの炎症をおさえる効果がありますので、できてしまっている大人ニキビの炎症には効果があります。

しかし、大人ニキビができる原因はホルモンバランスの乱れや肌の乾燥、食事、睡眠と、原因がさまざまですので、繰り返しできるニキビ肌を根本的に治すことはできません。

アクアチムクリームは、使用期間に注意して使いましょう

今回の記事で、アクアチムクリームが、赤ニキビや黄ニキビなどの炎症しているニキビに効果がある抗菌薬ということがおわかりいただけたと思います。

ただ、抗生物質のため個人の判断で長期間使用してしまうと、耐性菌ができて効果がなくなったり、皮膚にいる善玉菌を殺菌したりと、ニキビが治りにくい状態になってしまいます。

ニキビ跡の症状に使われる方がいますが、ニキビ跡に効果のある成分は配合されていません。

赤みや色素沈着、クレーターといったニキビ跡を改善するためには、ビタミンC誘導体を配合している化粧品を使うのがスキンケアのポイントです。