管理人ミユキ(左)

十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)は、湿疹やじんましん、ニキビの症状に使われる漢方薬です。

このページでは、十味敗毒湯の効果や副作用、飲み方について紹介します。

十味敗毒湯はどんな漢方なの?

十味敗毒湯は、皮膚の赤みをおさえ、かゆみを改善する効果があります。
腫れて痛みのある皮膚疾患、アレルギーなどによる皮膚炎、湿疹、じんましんなどに効果がある漢方薬です。

配合されている生薬

漢方薬は、自然の草や木からとった「生薬」の組み合わせでできています。
十味敗毒湯は名前のとおり10種類の生薬から有効成分を抽出して作られています。

余分な水分を体内から排出する作用がある「桔梗」や「茯苓」、毒素や老廃物を代謝させる「荊芥」や「防風」など、以下の生薬が配合されています。

配合されている生薬
荊芥(ケイガイ)、防風(ボウフウ)、川芎(センキュウ)、独活(ドクカツ)、柴胡(サイコ)、桔梗(キキョウ)、甘草(カンゾウ)、茯苓(ブクリョウ)、生姜(ショウキョウ)、撲樕(ボクソク)、桜皮(オウヒ)
※桜皮配合と撲樕配合のものがあります。

どういった症状に効果があるの?

十味敗毒湯は、炎症して化膿した大きなニキビが、散らばったようにできる方に向いています。

また、顔だけでなく、化膿して痛いニキビが、お尻や背中の真ん中にできる症状にも効果があります。
とくにアレルギー体質の人や、虫さされの跡がなかなか消えない人に合うようです。

十味敗毒湯に含まれる「荊芥」や「防風」には、ニキビの原因となるアクネ菌やブドウ球菌を排出する作用があります。
また、「桔梗」には膿を出す作用があるので、しこりのようなニキビには特に効果があります。

ニキビの原因となる毒素を体外に排出し、症状を軽減し、炎症を抑え、ニキビができにくい体質へと改善してくれます。

また、クラシエの十味敗毒湯に配合されている「桜皮」は、女性ホルモンのエストロゲンの分泌を促進する効果があります。
男性ホルモンが活発になることでおこる、皮膚の分泌や毛穴のつまりを改善してくれます。

ニキビ跡にもおすすめ

十味敗毒湯はニキビ跡にも効果が見込めます。

「柴胡」という生薬には肌の炎症を鎮める働があるため、ニキビやニキビ跡の炎症による赤みに効果的です。
さらに、「川きゅう」などの生薬には新陳代謝を活発化させ、血行を促進する効果があるため、肌の新陳代謝が活発になり、ターンオーバーが促されることで、色素沈着や赤みのニキビ跡の改善をサポートします。

十味敗毒湯は体力の衰えている人、体の弱い人には向きませんので、注意が必要です。
また、便秘の人には十味敗毒湯は効かないことが多く、まず便秘から改善する必要があります。

ドラッグストアや薬局で購入できるの?

十味敗毒湯は、漢方を扱う病院で処方してもらうほか、薬局やドラックストアでも購入可能です。最近はアマゾンや楽天などのネット通販でも買うことができます。

十味敗毒湯はツムラとクラシエで配合されている成分が異なり、ツムラは「撲樕」、クラシエは「桜皮」が配合されています。
(そのほかの生薬成分は同じですが、配合比は異なります。)

また、処方薬でも市販薬でも配合されている成分はほぼ同じです。
市販の漢方薬は、副作用のリスクを軽減するため、成分の含有量を抑えて作られています。

価格は、市販薬の場合12日で2,000~3,000円ほどなのに対し、処方薬は保険適用の場合、1か月で2,000円~4,000円くらいが目安です。
ニキビ治療で漢方薬を処方してもらう場合、ほとんどの場合は保険適用になります。ただし、保険適用外で処方している病院もありますので、事前に確認してみてください。

十味敗毒湯の飲み方は?

市販薬と処方薬で異なる場合があります。

市販薬は1日2~3回、食前、または食間に水またはお湯で服用します。
用量や回数などは、製薬会社によっても少し異なりますので、詳しくは、薬についている説明文書を参照してください。

クラシエからは錠剤タイプも販売されていますので、漢方の独特な風味が苦手な方はそちらを試してみるのもいいかもしれません。

処方薬は、回数や飲み方など市販薬と異なる場合がありますので、お医者さんの指示に従って服用してください。

軽いニキビであれば、服用を始めて3日~1週間で効果があらわれることもあります。
小さなポツポツしたニキビが一週間、赤ニキビなどは数週間から1ヶ月程度かかることもあります。

漢方薬はその人の体質などによっても向き不向きがあります。
十味敗毒湯を1ヶ月服用しても症状が改善しない場合は、一度、皮膚科などで専門医に相談しましょう。

十味敗毒湯に副作用はあるの?

漢方薬は西洋薬に比べると体にやさしく副作用が少ないと言われていますが、まったく副作用がないわけではありません。

十味敗毒湯の副作用としては、胃部不快感、下痢、発疹、眠気、じんましんなどが出ることがあります。
とくに、胃腸が弱い人は注意が必要です。

敏感肌や体質によっては、皮膚のかゆみやブツブツ、赤み、湿疹などが現れることもあります。

十味敗毒湯の生薬成分には甘草が含まれていますので、大量に服用すると、まぶたの重さやむくみ、手のこわばりや血圧上昇などがみられる偽アルドステロン症が生じることがあります。
その他にも、黄疸、倦怠感、脱力感や発熱などの症状がみられる肝機能障害が起こることも報告されています。

副作用の症状がでた場合は、すぐに使用を中止して医師や薬剤師に相談しましょう。

まとめ

十味敗毒湯はとくに女性におすすめの漢方薬です。
何をしても治らなかったニキビが、十味敗毒湯を服用して改善した人もいます。

自分の体質に合うのではと思われた方は、体の中からのケアとして漢方薬を取り入れてみてはいかがでしょうか。