管理人ミユキ(左)

バイオイルは、顔だけではなく、髪の毛など、全身に使用できる人気の美容保湿オイルです。
高い保湿力があることから、乾燥肌や、乾燥による小ジワをで悩んでいる方にオススメです。

こちらでは、バイオイルの成分の効果や使い方について紹介します。

バイオイルは、どういった美容オイルなの?

バイオイルは、肌に浸透しにくいビタミンAやビタミンEとラベンダーオイル、ローズマリーオイル、カモミールオイル、トウキセンカエキスといった4種類の植物由来の成分を、独自の浸透技術で肌に浸透させやすくした美容保湿オイルです。

オイルならではのベタつき感が少なく、サラッとした使いこ心地と高い保湿力が特徴です。
また、乾燥から肌を守るだけでなく、肌の新陳代謝を促すビタミンAとビタミンEが配合されているので、傷跡や赤みや色素沈着(シミ)といったニキビ跡の改善を助けてくれます。

低刺激で肌に優しいオイルなので、産前産後の敏感肌で悩んでいる方、妊娠線の予防をしたい方も使えます。

バイオイルは、ノンコメドジェニック化粧品なので、ニキビができている方、ニキビできやすい方でも使うことができます。

私が気になった成分と効果

下の表に配合成分の効果をのせていますが、私が注目した有効成分について説明していきますね。

とくに注目した成分は、パルミチン酸レチノール(ビタミンA誘導体)、酢酸トコフェロール(ビタミンE誘導体)と4種の植物由来成分であるラベンダーオイル、ローズマリーオイル、カモミールオイル、トウキンセンカ花エキスです。
それぞれの成分について紹介していきますね。

パルミチン酸レチノール(ビタミンA誘導体)
パルミチン酸レチノールは、ビタミンA誘導体の中でも最も刺激が少なく、安定性に優れている成分です。
肌をみずみずしく、いきいきとさせてくれるコラーゲンやエラスチンが肌の中で作られるのを促進してくれる働きがあり、乾燥や加齢による小じわや肌のキメを整えてくれる効果があります。
また、新陳代謝の促進効果やピーリング効果もあるため、シミ、くすみ、ニキビやニキビ跡の改善のために化粧品に配合される成分です。
酢酸トコフェロール(ビタミンE誘導体)
酢酸トコフェロールは、抗酸化作用があり、肌荒れや老化の原因となる過酸化脂質が作られれるのを予防してくれます。
また、 肌への活性作用、血行促進効果があり、肌荒れやニキビ、しみ、そばかすなどの肌トラブルを防止する目的で化粧品に配合されています。
トウキンセンカ花エキス(カレンデュラ)
マリーゴールドから抽出されるエキスで消炎、鎮痛、殺菌作用がある事から外傷や湿疹の治療に使われます。
傷ついた皮膚や粘膜、血管を修復する働きがあるので、傷や火傷の回復を助けたり、日焼けや皮膚の炎症を鎮める効果があります。
ラベンダーオイル
ラベンダーの香りにはリラックス効果があるので有名ですが、抗菌・殺菌作用、防虫効果、消炎作用もあり、皮膚の炎症を鎮めるため、ニキビ肌の改善に良いとされています。
また、皮脂のバランスを正常化にする働きがあるので、乾燥やかゆみを予防してくれます。
ローズマリーオイル
ローズマリーは血行促進、皮膚活性や殺菌効果があります。
また、抗酸化作用や収れん作用があるため毛穴の開きやアンチエイジングの成分として化粧品に配合されるハーブです。
カモミールエキスオイル
消毒剤、抗神経痛剤、解熱剤として活用される薬用植物です。
また、皮膚の新陳代謝促進、抗炎症作用、抗菌作用がある事から、敏感肌、乾燥肌、ニキビ、日焼け、虫刺され等に使用される成分です。
配合成分
ミネラルオイル、トリイソノナノイン、エチルヘキサン酸セテアリル、ミリスチン酸イソプロピル、パルミチン酸レチノール、酢酸トコフェロール、ラベンダー油、ローズマリー葉油、ローマカミツレ花油、ビサボロール、トウキンセンカ花エキス、ダイズ油、ヒマワリ種子油、BHT、香料、赤225

バイオイルの便利な使い方

バイオイルは、洗顔、化粧水後に1~2滴のバイオイルをマッサージしながら顔全体に塗っていくのが基本的な使い方です。
顔全体に塗った場合は、化粧水とバイオイルだけで、保湿ケアは十分です。

基本的にバイオイルは、高い保湿力がありますので、乳液やクリームを使って保湿ケアしなくても問題ありません。
ただ、乾燥などが気になる部分だけに使用した場合や、お手持ちの化粧品も併せて使用したい場合は、バイオイルを顔全体に塗ったあとに使ってください。

また、美容液を使ってシミやそばかす、シワを集中的にケアした場合は、バイオイルを塗る前に使用するのがオススメです。
これは、バイオイルは最後に塗ることで、保湿効果を高めることができるからです。

ボディケアや傷んだ髪の毛のケアにも使えます

顔だけでなくボディケアとして入浴後に使用することもできます。

とくに、傷んだ髪の毛に塗ることで、髪の毛のパサパサ感が改善できて、ツヤのある髪の毛にすることができるので、個人的にはオススメです。
髪の毛に使う場合は、お風呂の後、髪の毛をドライヤーで乾かす前に髪に塗り、少し置いてからドライヤーで乾かしてください。

ニキビ治療薬などを使っている場合は、薬を塗ってからバイオイルを塗るようにしてください。
日焼け止めを塗るときは日焼け止めを塗ってから使いましょう。

バイオイルでよくあるQ&A

こちらでは、バイオイルのことでよくある質問をまとめています。

バイオイルをニキビ肌に使うとニキビが増えますか?悪化しますか?
バイオイルはノンコメドジェニックテスト済みの化粧品ですので、ニキビの原因となる毛穴の詰まりがおきにくい美容オイルです。

ニキビに有効なビタミンEや抗炎症作用のある成分も含まれています。
しかし、バイオイルを使ってでニキビができてしまったり、ニキビが悪化したりした場合は、塗る量が多すぎている、肌に合わっていないどの理由が考えられます。

バイオイルは少量でも十分に肌に馴染み、高い保湿効果がありますので、様子を見ながら使用することがおすすめです。

凸凹クレーター肌のニキビ跡に効果がありますか?
肌の中のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を増やす効果があるといわれているビタミンA誘導体が含まれていますが、ビタミンC誘導体やプラセンタといったニキビ跡に効果的な成分が含まれていませんので、バイオイルでクレーター肌のニキビ跡を改善することは難しいです。

まとめ

いかがでしたか。バイオイルには、ビタミンAやビタミンEと4つの植物由来成分が配合されていて、高い保湿効果があることがおわかりいただけたと思います。
さらに新陳代謝を高めて肌のターンオーバーを促進する作用がありますので、肌の傷跡や赤み色素沈着(シミ)といったニキビ跡の改善を助ける働きもあります。

ニキビやニキビ跡、傷跡が消えたという口コミも多いですので、肌トラブルで悩んでいる方は試してみてもいいかもしれませんね。