管理人ミユキ(左)

今回紹介する美GENEは、自分の肌質に合わせて化粧水の成分を配合してくれるオーダーメイド化粧品です。
ちなみに、@コスメの口コミ評価も高く、最近では、2015年の東京ガールズコレクションでも有名女優さんに紹介されています。

美ジーンは、遺伝子検査で自分の肌質に合わせて成分を配合してくれる化粧水

美ジーンのすごいところはなんといっても、遺伝子検査(DNA検査)で肌質を分析し、肌質にあった成分を配合してくれるカスタマイズスキンケア化粧水ということです。

突然ですが、あなたは、自分の使っている化粧水に満足していますか?
顔のテカリ、ベタベタ、脂っぽいを抑えれずに不満を抱えていませんか?
もしくは、自分にあった化粧品をみつけられずにいる!

そういった悩みを抱えているあなたはには、美ジーンがおすすめかもしれません!
なぜなら、遺伝子検査をすることにより、自分の肌質が「うるおい」「敏感肌」「柔軟性」肌なのかを知ることができるからです。

自分の肌質を知ることで、肌にあった化粧水を迷わずに使うことにつながり、ニキビやニキビ跡などの肌のトラブルを未然に防ぐ予防にもつながります。

今回、実際に私が美GENEを購入してDNA検査を受けて化粧水が届いたので、使いはじめた感想と効果についてレビューしていきたいと思います。

遺伝子検査キットの使い方!

美ジーンを申し込むと、遺伝子検査検査キットが郵送されてきます。

開けるとこんな感じです。

DNAを採取する綿棒の袋は簡単に開けられます。

綿棒はこんな感じで長い綿棒って感じです。

遺伝子の採取方法は、検査キットを開けると手順が書いてあるので参考にしてください。
綿棒を口の中にいれて頬の粘膜を採取します。

遺伝子を採取したら、同封されている封筒にいれて郵便ポストにいれて、DNA検査の結果と化粧水が送られてくるまで待ちます。

美ジーンを実際に使った感想!

遺伝子検査の結果と美GENEの化粧水が送らてきました。

遺伝子検査の結果は、柔軟性がなく敏感な肌と判断でき、優しく十分な柔軟性を与えてゆく「MVZタイプ」の美GENEが適しているという結果でした。

これが「MVZタイプ」の化粧水「美GローションS」です。

内容量は200ml。

成分は、水、DPG、グリセリン、海水、ガゴメエキス、加水分解コラーゲン、褐藻エキス、ホルミジウムペルシシヌムエキス、トレハロース (エイコサン二酸/テトラデカンニ酸)ポリグリセル-10、BG、ペンチレングリコール、アルギニン、クエン酸、酸化銀で、パラベンやエタノール、フェノキシエタノール、合成香料、着色料は配合されていません。
いわゆる、オーガニックコスメ!!

美ジーン化粧水の効果的な使い方が絵つきで書いてある紙もセットでついています。

実際に使った感想は、まず、無臭で匂いがなく、無色透明でサラサラしている液。
肌につけた感じは、サラサラしているのですが、若干ベタつきが感じられる感じです。
でも、5分ほどするとベタつきはなくなり、サラサラすべすべになります。

使っていて肌に刺激もなく、つっぱる感じもありません。
肌の中に「スーっと」浸透していく感じです。

まだ、使いはじめて半月ほどですが、肌にモチモチ感がでてきているように感じられます。

私が実践している美ジーンの使い方

実際に私が実践している美GENEの使い方を参考までに載せておきます。

美GENE化粧水を使う場合は、ニキビやニキビ跡などのように肌荒れしていないときです。
肌荒れしている人は、正しいお肌のお手入れ方法の記事を参考にしてくださし。

クレジングと洗顔
基本的にニキビやニキビ跡などの肌荒れがないときは、マナラホットクレンジングゲルでメイク落としと洗顔を済ませています。
マナラについては、マナラホットクレンジングゲルを実際に購入して使ってみた感想の記事をチェックしてください。
ぬるま湯でのすすぎ
基本的にぬるま湯ですすぎをして、洗顔料が残らないようにする。
ぬるま湯を使う理由として、私は毛穴を開かせるイメージです。

ここで注意してほしいのが、タオルで水分を拭き取るときにゴシゴシするのはNG。
ゴシゴシしてしまうと、肌に傷がつく原因になり、肌の新陳代謝の乱れなど、肌トラブルの原因になります。

美ジーンの化粧水をつける
容器を軽く振ってから、500円玉程度の液を手に出してください。
化粧水を顔になじませる

化粧水を出した反対側の手で、おでこ、こめかみ、鼻、ほほ、顎の手順で肌に馴染ませる。
両手でおさえてパック
最後に両手でおさえてパックするイメージで覆うように優しく手で肌をおしあてる
美容液をつける
その後はお使いの美容液をつけてお肌のケアをしてください。

販売を中止しています!