管理人ミユキ(左)

こちらでは、キャシーズチョイスの薬用アシィドローションEXを実際に私が使ってみた使用感をレビューしています。

実際に1週間使ったあとの個人的な評価も最後に紹介していますので、購入のさいの参考にしてください。

薬用アシィドローションEXは、肌の古い角質を柔らかくして、肌のターンオーバーのサイクルを整える効果のあるグリコール酸とフルーツ酸を含んでいる拭き取り化粧水です。
この2つの成分は、医療機関でもピーリング剤として使われるている成分です。

実際にCマックスローション使ってみた使用感とレビュー

それでは、さっそくレビューしていきますね。

実際に液を手に取ると、「さらさらしっとり」。
無香料なので、気になるニオイはありません。

ちょっと液がわかりずらいので、スプーンに載せた写真を載せておきます。

私はコットンに適量染み込ませて使用しました。

拭きとると少し肌がピリピリとしますが、これはお肌に酸が浸み込んで、毛穴の不要な角質などを取り除いているサインなので、心配はいりませんよ。

ニキビや、肌荒れしている部分には、若干刺激が強く感じますが、ピリピリ自体は1分も続きません。
逆に、使い続けることで慣れてピリピリが気持ちよく感じるようになりました。

初めて使う人は、ピリピリ感や赤みが出るので、皮膚が薄い目の周りは必ず遠ざけ、ほおや鼻、顎や額の角質が厚い場所から拭き取るように使ってくださいね。

使用後は、洗顔だけではとれなかった皮脂のざらつきが、すぐになくなり、肌がツルツルになりました。
角質や、毛穴の皮脂も毛穴からスルッととれやすくなり、硬くなった肌、古い角質、ニキビ跡もすぐに剥けてビックリ。
そして、生まれ変わったような肌の柔らかさが、次の日まで持続して感動でした!

そのあとに使うローションやクリームがきれいになった肌にぐんぐん浸透していく感覚も味わえます。

最後に。薬用アシィドローションEXを1週間使った感想と個人的な評価

私は、朝晩2回、1週間使いました。
使い始めの頃は皮脂がなくなることで、逆に毛穴が目立つようになったかな?と心配でしたが、使用していくうちに毛穴が引き締まり、毛穴が目立たなくなりました。

結果的に常に肌がモチモチ、赤ちゃんの肌のような柔らかさがすぐに実感できます。 化粧ノリもよく、遠目で見ても肌がきれいに!

ただ、保湿力は高くないようで、使用し続けることで乾燥しやすい、鼻などの皮がむけカサカサしはじめました。
次のステップに保湿ローションを使用することをオススメします。

ニキビに関しては、1週間使い続けてもニキビが全くできなくなるわけではないので、内面や日常生活でニキビができないようコントロールしつつ、使用するとさらに効果的かも。
私の場合は、鼻の皮がむけ、カサカサもあったので、毎日使うのではなく、ニキビができやすい時期限定で、周期的に使ってみようかなと思います。

ニキビのできにくさ、ニキビ跡の治りがスピーディーに実感できたので、手元に持っておきたい1本。
体に出来るニキビ予防にも使えます!

個人的にはいざという時の救世主になりそうです。

1週間使ってみた薬用アシィドローションEXの個人的な評価

私が1週間、アシィドローションEX使った効果を個人的に以下の7項目で評価しています。

  • ニキビのできやすさ
  • 毛穴のざらつき
  • 皮脂の分泌
  • 肌のくすみ・透明感
  • 保湿力
  • ファンデーションのノリ・持ち
  • 総合評価

評価は5点満点で、私の使用感で判定させてもらいました。

ニキビのできやすさ
4.5
ニキビのできる数が減りました。
ニキビや荒れた肌には若干ピーリングの刺激が強く感じるかもしれません。
毛穴のざらつき
5.0
使ってすぐに、肌がつるつるになり、毛穴の皮脂がするりと取れやすくなりました。
毛穴のざらつきもなくなり、毛穴が引き締まりました。
皮脂の分泌
4.5
皮脂の分泌が抑えられ、肌がざらつくことがなくなりました。
肌のくすみ・透明感
3.5
使用続けることで、肌が明るく感じられてきました。
保湿力
3.0
使い続けると乾燥しやすくなります。
しかし、次に使う化粧品の浸透力を高めてくれるので、保湿力の高い化粧水を併用するのが効果的です。
ファンデーションのノリ・持ち
4.0
肌がきめ細やかになるので、化粧ノリもよくなりました。
総合評価
4.0
ちょっと、ピリピリ感が強いと感じましたが、ニキビやニキビ跡がひどい時の応急処置として、ニキビや毛穴のケアにキープしておきたい1本です。
使用後すぐに、肌がいきいきとすきとってることが実感できました。

また、次に使う化粧品の肌への浸透力を高めてくれるので、ブースター化粧水としてもオススメです。

薬用アシィドローションEXについてもっと詳しく知りたい方、もしくは購入を検討中の方は、下記ボタンより公式サイトをチェックしてください。