管理人ミユキ(左)

ケシミンクリームは、美白効果のあるビタミンC誘導体を配合している小林製薬のシミ対策薬用クリームです。
ドラッグストアなどで簡単に購入することができることもあり、シミ対策で使用している人も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな小林製薬のケシミンクリームについて紹介していきますね。

ケシミンクリームの特徴について

ケシミンクリームには、メラニン抑制作用のあるビタミンC誘導体、血行促進作用のあるビタミンEが配合され、皮膚の新陳代謝を促し、シミ、そばかすを防ぐ効果があります。

項目
メーカー 小林製薬
製品名 ケシミンクリーム
種類 薬用クリーム(医薬部外品)
効果効能 メラニン生成抑制、シミ・そばかす、肌あれ、あせも、しもやけ、ひび、あかぎれ、にきび予防、肌整、保湿、日やけ・雪やけ後のほてり予防、肌のひきしめ

ケシミンクリームの効果を成分で徹底検証

項目
有効成分 L-アスコルビン酸 2-グルコシド、グリチルレチン酸ステアリル、トコフェロール酢酸エステル
その他成分 サラシミツロウ、ステアリン酸、流動パラフィン、硬化油、自己乳化型モノステアリン酸グリセリル、親油型モノステアリン酸グリセリル、べヘニルアルコール、モノステアリン酸ポリエチレングリコール、吸着精製ラノリン、メチルポリシロキサン、パラオキシ安息香酸プロピル、濃グリセリン、1,3-ブチレングリコール、パラオキシ安息香酸メチル、N-ステアロイル-L-グルタミン酸ナトリウム、キサンタンガム、クエン酸、水酸化カリウム、メマツヨイグサ抽出液、油溶性甘草エキス、海藻エキス、フェノキシエタノール、グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテル、精製水

メラニンの生成を抑制するビタミンC誘導体配合

ビタミンC誘導体が角質の奥まで浸透し、シミの元となるメラニンの生成を抑制し、シミ、そばかすを防ぎます。

皮膚の新陳代謝を高めるビタミンE配合

ビタミンEには、血流の循環を良くし、皮膚の新陳代謝を促進する作用があり、シミ・色素沈着、ニキビ痕の改善を早めてくれます。

抗炎症作用のあるグリチルレチン酸ステアリル配合

グリチルレチン酸ステアリルには、抗炎症作用、抗アレルギー作用、細菌発育阻止作用があるので、皮膚炎症やかぶれの防止、肌荒れ予防、ニキビ予防することができます。

ケシミンクリームの使い方と使用上の注意

化粧水などで肌を整えたあと、適量を気になる部分になじませるように塗ってください。
顔全体にも使用できます。

使用中、直射日光で、赤み・はれ・かゆみ・刺激・色抜け(白斑など)や黒ずみなど、肌の異常があらわれた場合は、使用を中止してください。
ビタミンC誘導体を配合しているため、直射日光で「赤み・はれ・かゆみ・刺激・色抜け(白斑など)や黒ずみ」など、肌に異常がでることがあります。

そのため、ケシミンを顔に使用する場合は、夜の寝る前だけに使ったほうがいいかもしれませんね。
もし、異常がでてしまった場合は、すぐに使用をやめて、医療機関に相談するようにしましょう。

まとめ

ケシミンは、美白効果のあるビタミンC誘導体と、肌の新陳代謝を促すビタミンEが配合されているシミや色素沈着のニキビ跡の改善におすすめできるクリームです。
また、ニキビケアに使用されるグリチルレチン酸ステアリルも配合されているため、ニキビケア対策としても使用できますね。

ケシミンシリーズは、クリームの他にも化粧水、美容液、乳液もあるので、気になる方はチェックしてみてください。

▼この記事を書くにあたり、参考にしたページ
参考サイト:ケシミンクリーム│製品情報│小林製薬株式会社