ニキビ跡を隠すのにおすすめのコンシーラー-カラーを徹底検証

管理人ミユキ(左)

こちらでは、ニキビ跡におススメのコンシーラーについて紹介しています。
コンシーラーは、部分用のファンデーションとも呼ばれてるとおり、ファンデーションでカバーすることができなかったニキビ跡を部分的に塗って隠すことができるベースメイク化粧品です。

オススメのコンシーラーをランキング形式でまとめているので参考にしてくださいね。

ニキビ跡におすすめのコンシーラー

おすすめのコンシーラーの価格、成分、メーカーなどの商品スペックと特徴について紹介していきますね。

順番は、私がおすすめる順に並べています。

おすすめのコンシーラーランキング

  1. リプロスキンコンシーラー

    商品情報

    種類:
    クリーム
    価格/単品:
    7,500円(税抜)
    価格/定期:
    5,500円(税抜)
    容量:
    10g
    カラー:
    ナチュラルベージュ

    リプロスキンコンシーラーの特徴

    リプロスキンコンシーラーは、ニキビ跡専用化粧水で有名なピカイチが製造販売しているニキビ、ニキビ跡専用の薬用コンシーラー。
    油分が使われていないことはもちろんですが、アクネ菌の増殖を抑える成分「サリチル酸」が含有されているので、ニキビやニキビ跡に直接塗っても悪化することがありません。
    また、べたべたせず乾燥もしないので、つけ心地もよく、夜のメイク落としも簡単に落とせます。

    98%美容成分で作られているためか、ちょっと他のコンシーラーと比較して料金が高めに設定されています。

  2. DHC薬用アクネケア コンシーラー

    商品情報

    種類:
    クリーム
    価格/単品:
    1,429円(税抜)
    容量:
    20g
    カラー:
    ナチュラルベージュ、ライトベージュ

    DHC薬用アクネケア コンシーラーの特徴

    DHC薬用アクネケア コンシーラーは、化粧品メーカーであるDHCが製造販売している薬用のコンシーラー。
    薬用コンシーラーなので、化粧品をつけながらニキビ予防ができてしまう優れものです。

    また、テカリ防止パウダーが配合されているので、肌のテカリやベタつきが気になるオイリー肌の方にはおすすめです。

  3. オルビス アクネスポッツコンシーラー

    商品情報

    種類:
    クリーム
    価格/単品:
    1,200円(税抜)
    容量:
    12g
    カラー:
    ナチュラルベージュ

    オルビス アクネスポッツコンシーラーの特徴

    アクネスポッツコンシーラーは、オルビスが製造販売している薬用のコンシーラー。
    特徴は、色はベージュ1色しかりませんが、光を乱反射させるソフトフォーカス効果で凹凸や赤みなどの色むらを補正してくれる点です。

    そして、シミやソバカスなどの色素沈着の原因になる紫外線をガードする効果もおすすめポイント!

  4. ノブ コンシーラー

    商品情報

    種類:
    クリーム
    価格/単品:
    1,500円(税抜)
    容量:
    6g
    カラー:
    ナチュラルベージュ、ライトベージュ

    ノブコンシーラーの特徴

    ノブコンシーラーは、常盤薬品工業が製造販売しているカバー力の高いコンシーラー。
    色のナチュラルベージュとライトベージュの2色から選べるので、自分の肌の色に合わせて選ぶことができますね。

  5. 資生堂 スポッツカバー ファウンデイション

    商品情報

    種類:
    クリーム
    価格/単品:
    1,200円(税抜)
    容量:
    12g
    カラー:
    ナチュラルベージュ、ライトベージュ

    資生堂 スポッツカバー ファウンデイションの特徴

    ノスポッツカバー ファウンデイションは、資生堂が製造販売しているコンシーラー。
    非常にカバー力の高く、色もナチュラルベージュ、ライトベージュの2色から選ぶことができます。

    ただ、落ちにくいため洗浄力の強いクレンジングをメイク落としで使う必要があります。

  6. キャンメイク カバー&ストレッチコンシーラー UV

    商品情報

    種類:
    チップタイプ
    価格/単品:
    780円(税抜)
    容量:
    カラー:
    ナチュラルベージュ、ライトベージュ、オークルベージュ

    キャンメイク カバー&ストレッチコンシーラー UVの特徴

    カバー&ストレッチ コンシーラー UVは、キャンメイクのウォータープールタイプのコンシーラーです。
    最大の特徴はなんといってもコストパフォマンス。
    他のコンシーラーと比較しても、機能性と価格のバランスが一番です。

    ただ、カバー力はそこまで高くないので、パウダーファンデーションを使ってしっかり定着させる必要があります。

リプロスキンコンシーラー以外のコンシーラーは、自然な明るさの肌色とやや暗い肌色の2色以上をそろえています。
とくにキャンメイクのコンシーラーは、料金も安く、色の種類も3種類と豊富なので注目です。

また、リプロスキン、ノブ、オルビス、DHCのコンシーラーには、抗炎症作用のある成分が配合されているので、ニキビを隠すのにも使えます。

まとめ

高めのコンシーラーから安めのコンシーラーまで幅広く紹介してきました。
でも、コンシーラーを選ぶポイントは、自分の肌の色と肌質です。

コンシーラーを試してみたいという方は、手頃な価格のコンシーラーから試してください。

また、コンシーラーは、カバーする範囲が狭いときに使い、ニキビ跡が広範囲の場合は、ファンデーションでカバーしてくださいね。
広い範囲をコンシーラーでカバーしてしまうと化粧の厚塗り感がでてしまいます。

こんな症状で悩んでいませんか?

肌に赤紫、赤みが残る症状 赤みのニキビ跡

ニキビ跡の赤みは、ニキビがなおったあとに肌に赤みが残ってしまう症状です。しっかりケアをすることで簡単に治すことができます。赤みを治すために必要なことを紹介しています。

赤みのニキビ跡を治す方法

肌に黒や茶色のシミのが残る症状 シミ・色素沈着のニキビ跡

色素沈着したニキビ跡は、肌に黒や茶色のシミが残ってしまう症状です。悪化させてしまうと消えにくくなってしまいますが、しっかりケアをすることで消すことができます。

色素沈着・シミのニキビ跡を消す方法

肌が陥没してクレーター状になる症状 凸凹クレーターのニキビ跡

クレーターのニキビ跡は、肌が陥没してクレーターのようにデコボコになってしまう症状です。ニキビ跡の中でも一番ひどい症状ですので、根気強く、長い期間かけてケアしていく必要があります。

凸凹クレーターのニキビ跡を治す方法

肌に膨らんだしこりが残る症状 しこりのニキビ跡

しこりのニキビ跡は、肌が膨らんでしこりになってしまう症状です。スキンケアと皮膚科での治療を併用してニキビの予防ケアとしこりの改善ケアをしていく必要があります。

しこりのニキビ跡を治す方法

ページの先頭へ