成分別におすすめのスキンケア化粧品を紹介-有効成分に注目

管理人ミユキ(左)

ニキビ跡の種類によっておすすめするスキンケア化粧品が変わってきます。

そこで、こちらでは成分別にニキビ跡におすすめの化粧品を紹介します。
また、有効成分についても解説しているので参考にしてくださいね。

配合成分別のおすすめスキンケア化粧品

有効成分の違いにより、効果のある症状とない症状があります。
自分のニキビ跡の症状に効果のある成分を配合した化粧品を選ぶことがニキビ跡の改善を早めてくれます。

おすすめのビタミンC誘導体配合の化粧品

ビタミンC
ビタミンCは、本来、不安定で壊れやすく、肌への浸透力が低い成分です。
そこで、安定していて壊れにくく、肌に浸透しやすい形に変えた成分がビタミンC誘導体です。

ビタミンCは、厚生労働省が美白効果を認めている美白成分。
正確には、メラニンの生成を抑制、できてしまった色素を還元する効果です。

他にも、「皮脂の過剰分泌の抑制」、「抗酸化作用」、「コラーゲンの生成の促進」などの作用があります。

おすすめのビタミンC誘導体化粧品

おすすめのプラセンタ配合の化粧品


プラセンタは、哺乳類の胎盤から栄抽出した胎盤エキスで、ビタミンC誘導体と同じく、厚生労働省が認めている美白成分です。

他にも、天然保湿成分(NMF)の生成を促すアミン酸、肌の新陳代謝を高める成長因子、ビタミンC、ビタミンEなどが含有している美白・美肌効果が期待できる成分です。

おすすめのプラセンタ化粧品

おすすめのAHA・BHA配合の化粧品


AHA(アルファーヒドロキシ酸)は、フルーツ酸と呼ばれるグリコール酸、リンゴ酸、クエン酸、乳酸などの水溶性の酸のこと。
BHA(ベータハイドロキシ酸)は、油性で、化粧品によく使われているのがサリチル酸です。

主に、角質を柔らかくして、肌の新陳代謝を高めるピーリング作用があり、ニキビなどの毛穴トラブルの治療薬に配合されることもあります。

AHA・BHA配合のおすすめのピーリング化粧品

ハトムギ配合の化粧品

ハトムギはイネ科ジュズダマ属の穀物から抽出したエキスのことです。
ちなみに、ハトムギの主成分はヨクイニンです。

ハトムギには、保湿効果を高める働きをするアミノ酸が多く含まれています。
他にも、皮膚の新陳代謝を高める作用もあります。

ハイドロキノン配合の化粧品

ハイドロキノンは、海外ではメジャーな美白成分です。
シミや色素沈着の原因となるメラニンを生成する酵素チロジナーゼを阻害する作用、既にできているシミや色素沈着を薄くする作用があります。

既にできているシミ・色素沈着に作用する成分は他にもありますが、ハイドロキノンが一番効果的です。
ですが、効果が強いぶん、副作用などもあるので注意が必要な成分です。

レチノール配合の化粧品

レチノールはビタミンAの誘導体で、レチノイン酸などの仲間です。
レチノールには、「肌の新陳代謝を高める」、「皮脂の過剰分泌を抑制」、「コラーゲンの生成の促進」、「抗酸化作用」などの美肌効果があります。

コラーゲン・ヒアルロン酸配合の化粧品

コラーゲンは、真皮層では、肌のハリや弾力を保つ成分ですが、化粧品に配合されている場合は、保湿効果です。
そして、ヒアルロン酸は、保湿効果もありますが、主な効果は、保水作用です。
つまり、肌の水分を保ち、保湿を持続させる作用ですね。

ニキビ跡におすすめのスキンケア化粧品

おすすめの化粧水

Cマックスローションは、ビタミンC誘導体を6%ト高濃度で配合しています。他にもビタミンAやビタミンBといった成分を配合している美白・美肌効果が期待できる化粧水です。

Cマックスローションのレビュー

おすすめの美容液

ビーグレンのCセラム美容液は、薬学博士が開発したサイエンスコスメ。7.5%と高濃度のピュアビタミンCが配合されている美容液です。他の化粧品を使っても効果がなかったという方におすすめ。

ビーグレンCセラム美容液

おすすめのオールインワン化粧品

メディプラスゲルは、化粧水・美容液・乳液・クリームの機能をもつオールインワン化粧品です。ビタミンC誘導体やプラセンタなど、美容成分も66種類と豊富に配合されています。

メディプラスゲルのレビュー

おすすめのクレンジング剤・洗顔料

マナラホットクレンジングゲルは、クレンジングと洗顔を1度にできるW洗顔不要のクレンジング剤です。W洗顔をしなくて大丈夫なので、肌への負担を減らせて、肌に優しいクレンジング・洗顔料です。

マナラホットクレンジングゲルのレビュー

ページの先頭へ