ニキビ跡のスキンケア化粧品・薬を徹底検証

管理人ミユキ(左)

ニキビ跡を改善していきたい時、どんなスキンケア化粧品や薬を使えばよいのか迷ってしまいますよね。
薬を使って改善していきたい場合は、病院で受診して処方薬をもらったほうがいいのか、それとも市販薬でも改善できるのか、悩みどころ・・・。

また、今使っているスキンケア化粧品や薬より効果を感じられる製品を使ってみたいと思っていませんか?

そこで、こちらではスキンケア化粧品と医療薬、市販薬の選び方と効果について紹介していきます。

ニキビ跡におすすめのスキンケア化粧品・薬

ニキビ跡を改善していくためのケア方法は、スキンケア化粧品と薬があります。
それぞれについて詳しくお話していきますね。

スキンケア化粧品の特徴-ニキビ跡の改善と予防、美肌維持には欠かせません


ニキビ跡に効果のある成分を配合した化粧品を使うことでニキビ跡を改善していくことができます。

スキンケア化粧品のメリットとして、ニキビ跡が改善したあとも予防目的、美肌維持目的で使い続けていくことができる点です。
逆にデメリットとしては、治療薬ではないため、即効性の効果は期待できません。

また、薬を使うにしても、スキンケア化粧品と併用して使い、肌環境を整えていく必要があります。
そのため、しっかり自分の肌、症状にあった化粧品をみつけていきましょう。

そこで、下記ページで基礎化粧品の種類ごと、成分別にスキンケア化粧品をまとめて紹介しています。
また、おすすめのスキンケア化粧品も紹介していますので、化粧品選びの参考にしてくださいね。

おすすめのスキンケア化粧品

薬の特徴-薬は正しい知識をみにつけてから使いましょう

ニキビ跡に効果のある成分を配合したお薬を使うことでニキビ跡を改善していくことができます。

ただし、ニキビ治療薬のようにニキビ跡専用の薬はありません。

そのため、市販薬を買う場合は、正しい知識をしっかりみにつけて自分のニキビ跡の症状にあった薬を選ばなければいけません。

また、皮膚科で薬を処方してもらう場合も、事前に薬の知識をみにつけておくことが大切です。
そうすることで、「その薬は本当に効果があるの?」といった心配や不安がなく、安心して薬を使うことができます。

そこで、下記ページで薬についての特徴や選び方などについて紹介しています。

ニキビ跡の薬を解説

ニキビ跡のケアは、スキンケア化粧品と薬どちらを選べばよいの?


ニキビ跡の改善をしていくにあたり、スキンケア化粧品のどちらを選べばよいのか迷ってしまいますよね。
そこで、こちらではスキンケア化粧品と薬の違いについて紹介していきます。

基本的な考え方として、ニキビ跡は、スキンケア化粧品を使ってケアしていきます。
そして、症状に改善がみられない場合は、皮膚科などの医療を受診し、医療薬を処方してもらい、使っていきましょう。

というのも、ニキビ跡は肌が炎症している症状ではありません。
そのため、薬を使ったからといってすぐに効果が実感できるわけではないからです。

ニキビ跡のケアで大切なのは、「肌のターンオーバーを促進してあげること」と「症状が悪化するのを予防してあげること」です。
まずは、スキンケア化粧品を使い、肌環境を整えていきましょう。

ニキビ跡におすすめのスキンケア化粧品

おすすめの化粧水

Cマックスローションは、ビタミンC誘導体を6%ト高濃度で配合しています。他にもビタミンAやビタミンBといった成分を配合している美白・美肌効果が期待できる化粧水です。

Cマックスローションのレビュー

おすすめの美容液

ビーグレンのCセラム美容液は、薬学博士が開発したサイエンスコスメ。7.5%と高濃度のピュアビタミンCが配合されている美容液です。他の化粧品を使っても効果がなかったという方におすすめ。

ビーグレンCセラム美容液

おすすめのオールインワン化粧品

メディプラスゲルは、化粧水・美容液・乳液・クリームの機能をもつオールインワン化粧品です。ビタミンC誘導体やプラセンタなど、美容成分も66種類と豊富に配合されています。

メディプラスゲルのレビュー

おすすめのクレンジング剤・洗顔料

マナラホットクレンジングゲルは、クレンジングと洗顔を1度にできるW洗顔不要のクレンジング剤です。W洗顔をしなくて大丈夫なので、肌への負担を減らせて、肌に優しいクレンジング・洗顔料です。

マナラホットクレンジングゲルのレビュー

ページの先頭へ