色素沈着したシミのニキビ跡の治し方-黒、茶色のシミは悪化する前に消す

管理人ミユキ(左)

こちらでは、肌が黒ずみをおびたニキビ跡の色素沈着を治す方法について紹介しています。

肌が茶色や黒くなるニキビ跡の色素沈着は、綺麗な肌に戻らないんじゃないかと不安になりますよね。
でも、適切な化粧品を使うことでニキビ跡の色素沈着を消すことができます。

そこで、こちらでは、化粧品を使ったスキンケアで綺麗な肌をとりもどす方法をお伝えします。

茶色や黒みをおびてしまったニキビ跡の色素沈着を治すには、化粧品の選び方が大切

ニキビ跡の色素沈着(シミを含む)は、間違ったケアをしてしまうと、さらに症状が悪化してしまうため、注意が必要です。

対処までの期間が長くなると、色素が皮膚に定着してしまうため、「正しいケア方法で、なるべく早く対処するように」と、美容の専門家も口をそろえて言っているのはこのためです。

色素沈着を消すために大切になるのが、化粧品選びです。

ニキビ跡でよく聞く化粧品の中には、ハイドロキノンが配合されている化粧水があります。これはシミを薄くする効果はあるのですが、黒み(紫、茶色を含む)を帯びた色素沈着には効かないのです。

肌をイキイキと回復させて健やかに保つ成分、紫外線から肌を守る美白成分が配合された化粧品を選ぶようにしましょう。

このページでは、私が実際に使っている化粧水やニキビ跡の色素沈着でみなさんが使ってよかったと報告してくれた化粧品を、その働きと共にわかりやすくお伝えしていきますね。

色素沈着(シミ)のニキビ跡を治すスキンケア化粧品を選ぶときの決めて

スキンケア化粧品の決めては、「ピーリング効果」と「美白効果」のある成分を配合した化粧品を使ってケアしましょう。

ピーリング効果って何?

肌のターンオーバーでシミが排出される過程

ピーリング効果を高めることにより、肌のターンオーバーが促されます。
そうすることで、色素沈着(シミ)が肌の表面に上がっていき、角質となって皮膚の外に排出されます。

ニキビ跡の色素沈着(シミ)を治すためには、肌の新陳代謝を促し、肌のターンオーバーのサイクルを早める必要があります。

この働きを促進する効果のあるのがレチノール(ビタミンA)ビタミンC誘導体グリコール酸といった成分です。
だからこの成分が含まれている化粧品を選ぶようにしましょう。

さらに美白効果があるといい理由

さらに美白効果のある成分を配合した化粧品を使うことで、肌を紫外線から守り、色素沈着(シミ)のニキビ跡がひどくなるのを抑えることができ、消すのを早めることができます。

この図をご覧ください。

紫外線でメラニン色素が定着する過程

ご存知のとおり、シミができやすい状況というのは、太陽の紫外線による刺激により、メラニン色素が皮膚に定着してしまうことです。
色素沈着やシミのニキビ跡は、日焼けで皮膚がダメージを受けてしまうと、黒や茶色、赤黒色が濃くなったり、消えにくくなってしまします。

そのためビタミンC誘導体プラセンタトラネキサム酸といった美白成分を含んだ化粧品を使って、メラニン色素が皮膚に定着するのを防ぐ必要があります。

だから、化粧品は、肌のターンオーバーを促進してくれる成分肌を紫外線から守る効果のある成分を含んでいる化粧品を使う必要があります。

この2つの成分について詳しく知りたい方は、以下のページで詳しく紹介していますので、参考にしてください。

ニキビ跡の色素沈着・シミの化粧品(化粧水・美容液)の選び方

この2つの要素が含まれている化粧水はそれほど多くありません。
ニキビ跡の色素沈着(シミ)にオススメの化粧品が早く知りたい方は、私が実際に使って体験したり、いろんな方の効果があったという声を参考にした、オススメの化粧水を紹介していますので、以下ページをご覧ください。

ニキビ跡の色素沈着におすすめの化粧水

この化粧品を試しても効果がなかった場合

ピーリング効果と美白効果のある成分が配合された化粧品を3ヶ月間使ったけど肌に合わなかった、もしくは改善がみられなかったという方は、美容皮膚科に相談することを検討しましょう。

では、美容皮膚科の治療についてお話していきますね。

病院にいくと、医師があなたの症状をみてくれて、相談にのってくれることが一番大きな特徴です。

皮膚科の主な治療内容や処方される薬や漢方について紹介していきますね。

皮膚科での色素沈着・シミのニキビ跡の治療は、レーザーやフォトフェイシャル(IPL)などの光治療、ビタミンCのイオン導入、ケミカルピーリング、ハイドロキノン外用やトレチノイン外用、トラネキサム酸の内服、そして、保険が適用されるビタミンCの内服があります。

保険が適用される治療は、ビタミンCの内服薬のみです。

それ以外の治療になると、美容皮膚科の領域になり、保険適用外の治療になります。
保険適用外ということは、治療費が実費になり、治療にかかる費用が高額になってしまうこともあるので美容皮膚科を受診するさいには注意する必要があります。

もう少し詳しく色素沈着(シミ)のニキビ跡の皮膚科での治療について知りたいという方は、以下のページをチェックしてください。

まとめ

肌が黒ずんでしまったり、赤紫色、茶色くなってしまっているニキビ跡の色素沈着に関しては、肌のターンオーバーを促進する効果のある化粧品を選ぶ必要があるということが、おわかりいただけたと思います。

肌のターンオーバーのサイクルは、年齢とともに遅くなってしまいます。
しかし、レチノール(ビタミンA)やビタミンC誘導体、グリコール酸といった成分が含まれている化粧品を使うことで、肌のターンオーバーのサイクルを早め、肌の新陳代謝を促すことができます。

さらに美白効果の成分を配合した化粧品を使うことで、紫外線から肌を守り、症状が悪化するのを予防してくれます。

まずは、オススメの化粧水から参考にしてみてください。

ニキビ跡の色素沈着におすすめの化粧水

ニキビ跡におすすめのスキンケア方法

おすすめの化粧水が知りたい

化粧水は、有効成分が複数配合されているため、総合的なスキンケアに優れています。ニキビ跡にケアにおすすめの化粧水を紹介します。

ニキビ跡におすすめの化粧水

おすすめの美容液が知りたい

美容液は、有効成分が濃縮して配合されているため、自分の症状にあった美容液を使うことで集中的なケアができます。おすすめの美容液を紹介します。

ニキビ跡におすすめの美容液

おすすめのオールインワン化粧品が知りたい

オールインワン化粧品は、スキンケアによる肌への摩擦を減らすことができる肌に優しい化粧品です。また、経済的なメリットも魅力的ですね。

ニキビ跡におすすめのオールインワン化粧品

肌に優しいクレンジング剤と洗顔料が知りたい

クレンジングと洗顔は肌の刺激を少なくしてあげることが大切です。おすすめのクレンジング剤と洗顔料を紹介します。

ニキビ跡におすすめのクレンジング・洗顔料

ページの先頭へ