ニキビ跡の症状別の治し方-5つのニキビ跡の治し方を徹底検証

管理人ミユキ(左)

こちらでは、ニキビ跡の症状の種類別に治す方法を紹介しています。

ニキビ跡は種類によって、自力でのケア方法や皮膚科での治療方法が異なります。
自分の症状・種類にあった治す方法を見つける参考にしてくださいね。

ニキビ跡の種類別の治し方

ニキビ跡は、赤み、シミ・色素沈着、クレーター、しこり、黒ずみと5種類あり、それぞれ治し方が異なります。
ご自分のニキビ跡の種類にあった治し方で、ニキビ跡を改善していきましょう。

それでは、順番に症状別の治し方を紹介していきますね。

赤みのニキビ跡を治す方法

赤みのニキビ跡
赤みのニキビ跡は、自力のスキンケアで簡単に治すことができる症状です。
しかし、赤みの症状なら「放置していても自然治癒する」と考えていると危険です。

なぜなら、ケアをしないで放置してしまうと悪化してしまい、なかなか治りにくくなってしまうことがあるからです。
そうならいためにも、正しい治し方を理解して改善していきましょう。

また、スキンケア化粧品を使っても何年も治らないような状態の場合は、皮膚科での治療を検討する必要もあります。

詳しくは、以下のページで紹介しています。

ニキビ跡の赤みを治す方法

色素沈着・シミのニキビ跡を治す方法

色素沈着のニキビ跡
黒や茶色の色素沈着・シミのニキビ跡は、自力のケアで治すことができます。
ただ、赤みのニキビ跡と同様に、正しいスキンケアをおこなっていかないと、シミが悪化してしまい、消えにくくなってしまいます。
そのため、正しいスキンケア方法を理解して、継続的におこなっていくことが重要になります。

また、皮膚科での治療でも治すことができます。
皮膚科の治療は、保険適用の治療がビタミンCの内服しかないため、基本、自由診療です。

そのため、美容皮膚科での治療は治療費が全額実費になり、負担する金額が高額になってしまいます。

詳しくは、以下のページで紹介しています。

ニキビ跡の色素沈着・シミを治す方法

クレーターのニキビ跡を治す方法

クレーターのニキビ跡
クレーターのニキビ跡は、正しい方法でケアを継続して続けることで、自力のスキンケアでも肌の陥没を少しずつ改善していくことができます。
しかし、ニキビ跡の中でも一番ひどい症状のため、治すのに長期間かかることもあります。
そのため、根気強く、諦めずにスキンケアを続けることが重要になります。

基本的に、美容皮膚科での治療のほうが早く症状を改善することができます。
しかし、クレーターのニキビ跡の治療は、自由診療のため、治療費が高額になります。

しかも、治療期間も長くなるため、皮膚科での治療は、経済的負担が自力のケアと比べて大きくなってしまいます。

詳しくは、以下のページで紹介しています。

ニキビ跡のクレーターを治す方法

しこりのニキビ跡を治す方法

しこりのニキビ跡
しこりのニキビ跡は、自力のケアで治すことが困難な症状です。
保険が適用する皮膚科治療がありますので、しこりのニキビ跡は、まずは皮膚科などの医療機関に相談してください。

もちろん、しこりのニキビ跡周辺にニキビができてしまうとしこりに悪化しやすいため、自力のケアでニキビを予防することも重要になります。

詳しくは、以下のページで紹介しています。

ニキビ跡のしこりを治す方法

ニキビ跡におすすめのスキンケア方法

ニキビ跡のスキンケアは化粧水を使ったケアがオススメです。
プラスアルファで、化粧水の効果を高めたいと考えている方は美容液を化粧水と併用して使ってください。

その他、スキンケアの時間短縮したい、スキンケアにかける費用を安くしたい方は、オールインワン化粧品がオススメです。

おすすめの化粧水が知りたい

化粧水は、有効成分が複数配合されているため、総合的なスキンケアに優れています。ニキビ跡にケアにおすすめの化粧水を紹介します。

ニキビ跡におすすめの化粧水

おすすめの美容液が知りたい

美容液は、有効成分が濃縮して配合されているため、自分の症状にあった美容液を使うことで集中的なケアができます。おすすめの美容液を紹介します。

ニキビ跡におすすめの美容液

おすすめのオールインワン化粧品が知りたい

オールインワン化粧品は、スキンケアによる肌への摩擦を減らすことができる肌に優しい化粧品です。また、経済的なメリットも魅力的ですね。

ニキビ跡におすすめのオールインワン化粧品

肌に優しいクレンジング剤と洗顔料が知りたい

クレンジングと洗顔は肌の刺激を少なくしてあげることが大切です。おすすめのクレンジング剤と洗顔料を紹介します。

ニキビ跡におすすめのクレンジング・洗顔料

ページの先頭へ