管理人ミユキ(左)

ニキビや毛穴トラブルを改善するためには、正しい洗顔で肌を清潔に保つことが大切です。
とくに男性の肌は、女性の肌と比べて皮脂の分泌量が多いため、毎日の洗顔がニキビ跡を改善するポイントになります。
このページでは、男性(メンズ)のニキビ跡肌の正しい洗顔方法を紹介します。

男性の洗顔方法のポイント

男性の洗顔方法のポイントは2つあります。

それは、

  • 洗顔は、朝晩の1日2回、洗顔料・石鹸を使っておこなう
  • 優しく指の腹で洗う

一つずつ紹介していきますね。

洗顔のポイント1:洗顔は、朝晩の1日2回、洗顔料・石鹸を使っておこなう

洗顔は、朝晩の1日2回、洗顔料・石鹸を使っておこないましょう。

肌のテカリやベタつきが気になるからといって、頻繁に洗顔をしすぎてしまうと、肌のバリア機能が低下する原因になります。
これは、洗顔をしすぎてしまうと、肌のうるおいを保つのに必要な水分や油分も一緒に洗い流してしまうためです。

また、朝も夜も、洗顔するときは、洗顔料・石鹸を使うようにしましょう。
時間の短縮のため、朝は水洗顔ですませてしまっている方もいるかと思います。

しかし、男性の肌は、寝ている間の皮脂の分泌量が多く、朝は、毛穴に皮脂が多くたまっている状態です。
そのため、水洗顔ではなく、洗顔料・石鹸を使って洗顔するようにしましょう。

洗顔のポイント2:優しく指の腹で洗う

洗顔するさいは、指の腹で優しく円を描くようにクルクルと洗いましょう。

「テカリやベタつき」、「毛穴のザラザラ」が気になるからといって、ゴシゴシこすりながら洗顔していませんか?
ゴシゴシと力まかせに洗顔してしまうと、肌を傷つけ、シミやニキビといった肌荒れの原因になります。

男性の正しい洗顔方法-7つのステップ

男性の基本となる洗顔方法をステップ形式で下の表にまとめています。

洗顔方法で、悩んでいる方は、参考にしてください。

ステップ1:ぬるま湯で顔をぬらす
素洗いで、肌表面のほこりなどの汚れをある程度落とすことができます。
ステップ2:洗顔料・石鹸を手で水となじませる
洗顔料・石鹸を手のひらにとり、水を加えながら、なじませていきます。
泡立たせるタイプの洗顔料や石鹸は、泡立てネットを使いながらよく泡立てていきましょう。
ステップ3:皮脂分泌の多いTゾーンから洗う
皮脂分泌の多い、おでこや鼻のTゾーンから洗顔料・石鹸をのせ、汚れとなじませていきます。
ステップ4:頬などのUゾーンを洗う
次に、頬や顎などのUゾーンに洗顔料・石鹸をのせ、汚れとなじませていきます。
ステップ5:目元や口元を洗う
目元や口元など、繊細な部分に洗顔料・石鹸をのせ、汚れとなじませていきます。
ステップ6:顔全体をさっとさするように洗う
顔全体を優しくさっとさするようにします。
ステップ7:ぬるま湯で充分にすすぎ洗いをする
最後に、ぬるま湯でていねいにすすぎ洗いしていきます。
とくにこめかみ、フェイスライン、髪の生え際に洗顔料・石鹸が残らないように注意しましょう。

とくに「おでこ」から鼻、口元、顎にかけての縦のラインは、皮脂分泌が多く、洗い残しも多い部位です。
そのため、とくに丁寧に洗い流していきましょう。

洗顔でニキビ跡が治るわけではありません

皮脂の分泌が多い男性の肌は、洗顔で肌を清潔に保つことがスキンケアの基本です。
しかし、洗顔でニキビ跡が治る・消えるわけではありません。

洗顔はあくまでもニキビやニキビ跡、毛穴のトラブルを改善するための基本的なスキンケアの1つです。

赤みや色素沈着(シミ)、クレーターといったニキビ跡を治す改善するためには、ビタミンC誘導体を配合した化粧水を使ったケアが治すポイントになります。

まずは、おすすめの洗顔料・石鹸からチェックしていきましょう。

メンズにおすすめの洗顔料・石鹸