管理人ミユキ(左)

このページでは、男性(メンズ)のニキビ跡のスキンケア化粧品の選び方について紹介しています。
男性のニキビ跡には、洗顔料、化粧水、美容液を使ったスキンケアしていくのがおすすめです。
肌質に合った化粧品を選んでニキビ跡を早く改善していきましょう

男性のニキビ跡のスキンケア方法

皮脂量が多く、肌が乾燥しやすい男性のニキビ跡は、洗顔料・石鹸、化粧水、美容液を使ってスキンケアしていくのがおすすめです。

下の表に簡単に洗顔料・石鹸、化粧水、美容液の役割をまとめています。

洗顔料・石鹸
皮脂を洗い流し、肌を清潔な状態に保つ
化粧水
洗顔で失った水分を補給する
美容液
ニキビ跡の集中ケアと保湿ケア

下で詳しく、化粧品の選び方を紹介していいますね。

洗顔料・石鹸の選び方-スキンケアの基本は洗顔

肌質(普通肌、脂性肌(オイリー肌)、乾燥肌、混合肌)や年齡・年代によって、肌の状態に違いがあります。
しかし、男性の肌は、基本的に皮脂の分泌量が多く、肌が乾燥しやすい状態です。

そのため、メンズの洗顔料・石鹸の選び方のポイントは3つあります。

それは、

  • 毛穴の皮脂・汚れを洗い流せる
  • 保湿成分が配合されている
  • 肌に優しい

洗顔料・石鹸は、上記3つのポイントにプラスして、「しっとり」、「さっぱり」、「さっぱり爽快」といった好みの使用感(洗い上がり)の製品を選ぶようにしましょう。
個人的には、吸着力が強く、肌に優しい「クレイ」を配合している洗顔料・石鹸がおすすめです。

下のページで男性のニキビ跡ケアにおすすめの洗顔料・石鹸を紹介しています。

メンズにおすすめの洗顔料・石鹸

化粧水の選び方-ニキビ跡ケアは化粧水がポイント

男性のニキビ跡は、化粧水でケアするのが基本です。
そのため、赤みや色素沈着(シミ)、クレーターといったニキビ跡の症状に適した成分を配合している化粧水でケアするのが早く治すポイントです。

下に症状別におすすめの成分をまとめていますので、、化粧水を選ぶさいの参考にしてください。

赤み・紫のニキビ跡
ビタミンC誘導体、プラセンタエキス
茶色や黒い色素沈着(シミ)のニキビ跡
ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、アルブチン、グリコール酸
クレーター肌ののニキビ跡
レチノール誘導体(ビタミンA)、ナイアシンアミド、ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、アルブチン、グリコール酸

とくに皮脂の分泌量が多い男性の肌には、皮脂の分泌量をおさえる効果のあるビタミンC誘導体化粧水がおすすめです。

下のページで男性のニキビ跡ケアにおすすめの化粧水を紹介しています。

メンズにおすすめの化粧水

美容液の選び方-美容を使った保湿ケアがポイント

乾燥しやすく、肌のバリア機能が低下しやすい男性の肌は、美容液で保湿ケアをすることがニキビ跡を早く治すポイントになります。
美容液を選ぶポイントは、「保湿成分が配合されている」、「ニキビ跡に効果的な成分が配合されている」ことです。

下に代表的な保湿成分をまとていますので、保湿化粧品を選ぶさいの参考にしてください。

保水力(水分をはさみこむ)
セラミド、レシチン、スフィンゴ脂質
保水力(かかえこむ)
ヒアルロン酸、コラーゲン
吸湿性(吸収する性質)
アミノ酸、NMF(天然保湿因子)、グリセリン

さらに、ビタミンC誘導体やプラセンタといった成分が配合されていると、ニキビ跡を集中的にケアすることができます。

下のページで男性のニキビ跡ケアにおすすめの美容液を紹介しています。

メンズにおすすめの美容液

オールインワン化粧品の選び方-メリットとデメリットを理解して使うことがポイント

オールインワン化粧品を選ぶポイントは、ビタミンC誘導体やプラセンタといった「ニキビ跡に効果的な成分が配合されている」、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸といった「保湿成分が配合されている」ことです。

ただ、オールイン化粧品を使ってニキビ跡をケアする場合は、メリットとデメリットを理解して使うようにしましょう。
メリットとデメリットを下の表にまとめています。

メリット
スキンケアの手間を省ける
ニキビ跡ケアを安くできる
デメリット
成分が高濃度で配合されていない
保湿のバランスを調整できない

とくに、オールインワン化粧品は、夏は、美容液を少なめ、冬は多めといったように、季節によって油分と水分のバランスを調整できないため、注意が必要です。

下のページで男性のニキビ跡ケアにおすすめのオールインワン化粧品を紹介しています。

メンズにおすすめの洗オールインワン化粧品

男性の肌は保湿ケアが大切

男性の肌は、水分が蒸発しやすいため、化粧水をつけたあとは、すぐに美容液を使って保湿ケアをするようにしましょう。
肌が乾燥しやすい冬の時期、乾燥肌や敏感肌の方は、油分の多い乳液やクリームを併用したケアがおすすめです。

まずは、ビタミンC誘導体化粧水、保湿美容液を使ってニキビ跡をケアしていきましょう。