ニキビ跡を治す方法〜自力・皮膚科での治し方を徹底検証

管理人ミユキ(左)

こちらでは、ニキビ跡を治す方法について紹介しています。
ニキビ跡を治す方法は、「自力のケア」と「皮膚科の治療」の2つの方法があります。

ニキビ跡の種類によって、自力のケアで治せる症状と、皮膚科を受診しないと治せない症状があります。
しっかりご自分の症状にあった治し方を選択して改善していきましょう。

ニキビ跡を治す方法-自分にあった方法を見つけよう

こちらでは、ニキビ跡を治す方法を「症状別」、「自力のケア」、「皮膚科の治療」の3つにわけて、それぞれの治し方を紹介しています。
まずは、ご自分のニキビ跡の種類の治し方をご理解いただき、自力のケアで治すのか、皮膚科での治療を選択するのかを検討してみてください。

ニキビ跡の症状の種類別の治し方

ニキビ跡には、赤み、シミ・色素沈着、クレーター、しこり、黒ずみと原因が異なる5種類の症状があり、治し方も症状の種類ごとに異なってきます。
そのため、ニキビ跡を悪化させずに早く治すためには、しっかり知識を理解しておく必要があります。

そこで、以下のページでニキビ跡の種類別の治し方をまとめています。

ニキビ跡の種類別の治し方

自力でニキビ跡を治す方法


自力のケアは、化粧品を使ったスキンケア、市販薬を使ったケア、睡眠、食事、運動、生活リズムなど、生活習慣の見直しといった3つの方法があります。

基本的に「化粧品を使ったスキンケア」と「生活習慣の見直し」は、皮膚科で治す方法を選択しても必要になります。
正しい方法でスキンケアをおこない、生活習慣の改善に取り組んでいきましょう。

ニキビ跡を自力のケアで治す

病院・皮膚科でニキビ跡を治療する


こちらでは、美容皮膚科でニキビ跡を治す方法について紹介しています。
何年もニキビ跡が治らずに悩んでいたり、しこりのニキビ跡で悩んでいる方は、皮膚科の医師に相談してください。
しこりのニキビ跡は、保険が適用される薬であったり、治療方法があります。

ただ、ニキビ跡を皮膚科で治療する場合は、基本的に保険が適用されない自由診療になり、料金が高額になってしまいますので、注意する必要があります。

ニキビ跡を病院・美容皮膚科で治療する

ニキビ跡が治るまでの期間について-焦らず継続に続けること

ニキビ跡ができてしまったら早く治す方法が知りたいですよね。

肌にはターンオーバーという肌の生まれ変わるサイクルがあり、このサイクルは若い人であれば通常28日間のサイクルで肌のターンオーバーが繰り返されています。

下記「肌のターンオーバーの仕組み」の図で説明していきますね。

下記図は、シミができてから消えるまでの流れです。
28日ごとにシミが上に上がっていき、最終的に皮膚の角質となって剥がれ落ちるているのがおわかりいただけると思います。

これは、皮膚の新陳代謝により、新しい細胞が作られ、古い細胞が上へ上と押し上げられているからです。
(肌のターンオーバーには個人差があり、加齢とともにサイクルが遅くなります。)

このように、ニキビ跡も同じメカニズムで、肌のターンオーバーがおこなわれることにより、改善されていきます。

そのため、ニキビ跡を治すのには、長い期間かかることもあり、早く治すことが難しい場合もあります。

例えば、スキンケア化粧品を使ったケアを1週間やってるけど、ニキビ跡が治らない・・・なんていう具合に諦めずに、長い期間でニキビ跡の改善を考えてください。
焦らず、継続して、ニキビ跡のケアを続けていくことが治すための近道になります。

ニキビ跡におすすめのスキンケア方法

おすすめの化粧水が知りたい

化粧水は、有効成分が複数配合されているため、総合的なスキンケアに優れています。ニキビ跡にケアにおすすめの化粧水を紹介します。

ニキビ跡におすすめの化粧水

おすすめの美容液が知りたい

美容液は、有効成分が濃縮して配合されているため、自分の症状にあった美容液を使うことで集中的なケアができます。おすすめの美容液を紹介します。

ニキビ跡におすすめの美容液

おすすめのオールインワン化粧品が知りたい

オールインワン化粧品は、スキンケアによる肌への摩擦を減らすことができる肌に優しい化粧品です。また、経済的なメリットも魅力的ですね。

ニキビ跡におすすめのオールインワン化粧品

肌に優しいクレンジング剤と洗顔料が知りたい

クレンジングと洗顔は肌の刺激を少なくしてあげることが大切です。おすすめのクレンジング剤と洗顔料を紹介します。

ニキビ跡におすすめのクレンジング・洗顔料

ページの先頭へ