監修者:前田 由加(まえだ ゆか)
食べることや作ることが大好きな管理栄養士です。

前田 由加

今回紹介するのは、「かつおとなすの漬けサラダ」です。

今が旬のかつおには、お肌のターンオーバーを整え、健康でしなやかな肌を作るために必要となるビタミンB群がたっぷり含まれています。

そして、夏野菜の1つ、なすの皮やアクには、ポリフェノールの1種で、強い抗酸化作用があるナスニンが豊富に含まれており、肌のしみやそばかす、シワを予防し、キレイなお肌を保つためには欠かせない食材です。

簡単なレシピなので、ぜひ試してみてください。

かつおとなすの漬けサラダの材料と調味料(2人分)

材料
かつお(刺身用) 150g
なす 1本
ミニトマト 6個
サラダ菜 1/2個
大葉 4枚
しょうが 1/2かけ
合わせ調味料
しょうゆ 大さじ1
味噌 大さじ1/2
砂糖 小さじ1
酢 大さじ1/2
ごま油 大さじ1/2

かつおとなすの漬けサラダの作り方

図のように、なす、ミニトマト、サラダ菜、大葉、しょうがをカットしていきます。

STEP1
なすは5㎜の厚さの半月切りにし、塩少々(分量外)を入れた水につけて5分ほどおきます。
軽く絞り、水気をよく拭き取ります。

STEP2
ミニトマトは縦半分に切ります。
大葉は軸の部分を取り除き、千切りにします。
サラダ菜は食べやすい大きさにちぎります。
しょうがはみじん切りにします。

STEP3
ボウルに合わせ調味料の材料を入れてよく混ぜます。

しょうがとなすを加えて混ぜた後、かつおを加えて軽く混ぜ合わせ10分程冷蔵庫で冷やしておきます。

STEP4
お皿にサラダ菜を敷き、STEP3とミニトマトを盛り付けます。
大葉を散らして完成です。

前田 由加

なすは変色防止のために塩水にさらしますが、せっかくの栄養が抜けてしまうので、さらす時間は最小限にしましょう。

今回紹介させていただいた「かつおとなすの漬けサラダ」は、ビタミンB郡が豊富なカツオを野菜がたっぷりとれるサラダは栄養バランス的にもおすすめですので、ぜひ試してみてください。