管理人ミユキ(左)

当サイトは、ニキビ跡を改善するための方法を紹介しています。

私自身、10代の頃から肌が荒れやすく、常に頬、鼻やあごはニキビやニキビ跡だらけの状態でした。
ニキビやニキビ跡を簡単に消す方法はないの?」と、情報を集めては自分でいろいろ試してみました。

私と同じようにニキビやニキビ跡が治らずに悩んでいる方に、私の経験が少しでもお役に立てればと思い、このサイトを立ち上げました。

この画像は私が実際に試した化粧品の一部です。
化粧品によっては、肌が乾燥したり、ヒリヒリしたりと症状が悪化してしまいそうな化粧品もありました。

そんな経験から、ニキビ跡を治す方法を紹介していきたいと思います。

ニキビ跡をしっかりケアするために

ニキビ跡を治すためには、しっかりとした情報を知識として取り入れることが重要です。
このサイトでは、ニキビ跡の原因や症状、症状別の治し方を紹介しています。

そうすることによって、あなのたの症状や悩みに対して適切な情報が得られると思います。

ご自分のニキビ跡の種類・症状を知ろう

ニキビ跡は種類によって原因や症状、ケア方法が違います。
まずは、あなた症状の状態に応じてチェックしていってください。

赤みのニキビ跡
赤みのニキビ跡

肌が赤や赤紫色に見える赤みの症状は、軽い症状だからといって放置してしまうと悪化して消えにくくなってしまいます。
しっかり、原因と症状を理解して改善していきましょう。

シミ・色素沈着のニキビ跡
色素沈着・シミのニキビ跡

黒や茶色のシミになってしまったニキビ跡は、消すのに時間がかかってしまいます。
しっかり、原因と症状を理解して改善していきましょう。

クレーターのニキビ跡
クレーターのニキビ跡

肌が陥没してデコボコになってしまうクレーターの症状は、ニキビ跡の中でももっともひどい症状です。
しっかり、原因と症状を理解して少しずつ改善していきましょう。

ニキビ跡の黒ずみ
黒ずみのニキビ跡
ニキビ跡の黒ずみの症状は、症状が混在している可能性もありもっとも見分けるのが難しい症状です。
ニキビが治ったあとに肌が黒ずんでみえてしまう原因と症状を正しく理解して、改善につなげていきましょう。

しこりのニキビ跡
しこりのニキビ跡

しこりのニキビ跡の原因と症状について紹介しています。
肌が膨らんでしまうしこりの症状は、ケイロドの症状と見分けるのが難しい症状です。
自力のケアで治すことが難しいため、皮膚科での治療をおすすめします。

ニキビ跡は顔の顎や頬、鼻、おでこといった部位によって原因や症状が異なります。
また、顔だけではなく背中やお尻、胸にもできることがありますので、気になる方はコチラを参考にしてください。

顔にできるニキビ跡

顔のニキビ跡
顔といっても顎や頬、おでこ、鼻によって皮膚の厚さ、皮脂腺の本数などが異なるため、原因が異なってきます。
しっかり部位ごとの原因や症状を理解して改善していきましょう。

体にできるニキビ跡

体のニキビ跡
ニキビは皮脂腺が通っている場所なら体のどこでもニキビができる可能性があり、ニキビ跡もできます。
とくに背中や胸、お尻はニキビがあととして残りやすい環境です。
しっかり原因と症状を理解して改善していきましょう。

スキンケア化粧品と薬を知ろう

私が実際に試した化粧品を紹介しています。
また、医療薬と市販薬についても紹介していますので、薬での治療を検討している方はコチラを参考にしてください。

おすすめのスキンケア化粧品


私が実際に通販やドラッグストアーなどの市販で購入して試したスキンケア化粧品を紹介しています。
クレンジング、洗顔、化粧水、美容液、クリームなど、ご自分の気になる商品をチェックしてくださいね。

薬について解説


ニキビ跡の薬については、専用の薬がないため、ネットで間違った情報が広まってしまっています。
そこで、医療薬、市販薬の正しい知識と選び方について、コチラで紹介していますので、参考にしてください。

ゆっくりニキビ跡を治していくためのステップ

管理人ミユキ(右)

ニキビ跡の改善をしっかりステップを踏んで知識を理解していきたいとう方は、以下のステップごとに進んでください。

  1. ニキビ跡改善へのステップ1:基礎知識編

    ニキビとニキビ跡の種類や症状、原因、改善をサポートする食べ物など、ニキビやニキビ跡に関する「基礎知識編」のカテゴリです。

    ニキビ跡を治すためには、ご自身の症状の種類を理解しなければ治すことができません。

    ニキビ跡の原因を理解するこことで、症状の悪化の防止、ひいてはニキビ跡ができるのを防ぐことができます。
    また、「ニキビ跡を改善したいのになんでニキビ?」と思われるかもしれませんが、ニキビ跡はニキビが原因でおこる症状です。
    そのため、ニキビの知識もしっかり理解することで、症状の悪化、予防につなげることができます。

    まずは、ニキビとニキビ跡に関する基礎的な知識を理解して、疑問や心配をなくしていきましょう。

    詳しくは以下の「ニキビの基礎知識」ページで紹介しています。

  2. ニキビ跡改善へのステップ2:治し方編

    ニキビ跡を治すための方法について紹介している「治し方編」のカテゴリです。

    こちらでは、ニキビ跡の「症状別の治し方」と「自力のケアで治す」「皮膚科で治す」の3つにわけて治し方を紹介しています。
    まずは、ご自分の症状の治し方をご理解いただき、自力のケア、皮膚の治療を検討してください。

    ご自分の症状や状況によって治す方法を選択してくださいね。

    ただ、ニキビ跡を治すためには、生活習慣や食事、睡眠を見直し、普段のスキンケアも正しい方法でおこなうことが大切になります。
    自力のケアで治す方法は基本的には理解してくださいね。

    詳しくは以下の「ニキビ跡を治す方法」ページで紹介しています。

  3. ニキビ跡改善へのステップ3:スキンケア化粧品・薬編

    ニキビ跡を改善するためのスキンケア化粧品や薬などの「オススメの化粧品と薬」を紹介しているカテゴリです。

    ニキビ跡を改善、予防するためには、ご自分のニキビ跡の症状、肌質にあったスキンケア化粧品を使って毎日のスキンケアをおこなうことです。

    詳しくは以下の「ニキビ跡のスキンケア化粧品・薬を解説」ページで紹介しています。

  4. ニキビ跡改善へのステップ番外篇:メイクで隠す

    ニキビ跡をメイクで隠すための方法について紹介している「隠した編」のカテゴリです。

    こちらでは、改善するのに長い期間がかかってしまうニキビ跡を目立ちにくくするメイクの方法を赤み、シミ・色素沈着、クレーターのニキビ跡の種類ごとに紹介しています。

    メイクでニキビ跡を上手に隠せるようになると毎日のメイクも楽しくなり、ストレスも軽減される効果があります。
    詳しくは以下の「ニキビ跡をメイクで隠す」ページで紹介しています。

ニキビ跡が治るとこんなに変化がありました

ニキビ跡が治ると、精神的なストレスがなくなり、毎日の生活がよりいっそう楽しくなりました♪

なにより、
自分に自信がもてるようになり、いろいろなことにチャレンジできるようになりました。

ニキビ跡が改善したことで、こんな変化がありました。

  • 外出するときにマスクをしなくなる
  • 好きな髪型にできる
  • メイクにかかる時間が短くなる
  • メイクをするのが楽しくなる
  • 笑顔で写真に写れる

ニキビ跡の改善は美肌作りへのステップ!

ニキビ跡の改善は、つるつる美肌作りへのステップの1つにすぎません。
ニキビ跡が治ったからといって安心せずに、規則正しい生活習慣、睡眠、バランスのよい食事、普段のスキンケアを継続して続けていくことが大切になります。

そうすることにより、ニキビやニキビ跡を予防することができるだけではなく、5年後、10年後の肌の質も変わってきます。

いつまでもハリ、コシ、弾力のあるモチモチしたツル肌を保つために頑張って改善していきましょう。

ニキビ跡をケアするさいによくある疑問や悩み

ニキビ跡を改善するさいに疑問や悩み、わからないことがある・・・
こちらでは、そんな疑問や悩みにお答えしています。

ニキビ跡のせいで顔がかゆいんですけど、どうしたらいいんですか?
顔が「かゆい」原因は、ニキビ跡の症状ではなく、肌の乾燥や菌の増殖、アレルギー反応が主な原因です。
しっかり痒みの原因を理解して、症状にあった対処法をしないと、ニキビ跡が治りにくくなってしまうので注意しましょう。

ニキビ跡がかゆい症状の原因と対処法

ニキビ跡が痛いのは炎症しているからですか?
ニキビによる炎症がまだ残っているためだと考えられます。
市販のニキビ治療薬で様子をみてください。
痛みが改善しないようであれば、皮膚科に相談してください。

ニキビ跡におすすめの市販薬

ニキビを潰したあとにできるかさぶたは剥がさないほうがいいですか?
はい!ニキビを潰してできてしまったかさぶたは、体ができてしまった傷を自然治癒させる創傷反応です。
そのため、かさぶたを剥がしてしまうとニキビ跡として残ってしまう可能性が高くなります。

ニキビ跡のかさぶたの症状と治す方法-痕として残さないための対処法